はじめに お知らせ トピックス 学校給食問題 修学旅行問題
瓦礫問題情報 厚木市情報 愛川町情報 清川村情報 神奈川情報
気になる食品情報 市民測定室情報 安心食材 お弁当への道 座談会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

下水汚泥焼却灰からヨウ素

神奈川県の発表しているデータを見ると、相模川流域、茅ヶ崎市柳島の左岸処理場から、またヨウ素。

http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f215/p360223.html

なぜヨウ素が出るのか、誰か詳しい方、教えてください。

横須賀氏に森副大臣が訪問

給食の放射性物質検査 文科副大臣「早期実施を」
2011年12月17日

文部科学省の森裕子副大臣が十六日、横須賀市を訪れ、同市が全国に先駆けて始めた調理済みの学校給食の放射性物質濃度検査を視察した。森副大臣は視察後、本紙の取材に「国としてもできるだけ早く学校給食の丸ごと検査を実施したい。三学期スタートを前提に、支援できる部分を詰める。横須賀市の取り組みはスタートに向けて参考になった」と述べた。

 同市は十月から、調理済み給食をミキサーにかけ、放射性物質の濃度を調べる検査を導入。毎日、市立諏訪小学校で出す一食分を冷凍保存し、一週間分をまとめて民間検査機関で調べ、結果を同市のホームページで公表している。

森副大臣は同校や市教委を訪れ、給食を回収して、検査機関に発送する様子を視察。その後、森副大臣と懇談した吉田雄人市長は「市は測定や結果公表をすることで市民に『安心』を届けている。国は『安全』を届ける取り組みの強化を」と求めた。

市教委によると、他の自治体の教育委員会から検査についての問い合わせが数件あるという。
(中沢佳子)

http://www.tokyo-np.co.jp/article/kanagawa/20111217/CK2011121702000043.html

*************

厚木市も、近隣自治体の動きを真似て、月2回の「一週間分まるごと検査」を始めましたが、率先して行った横須賀市は、1校ではあるけれど、全96食を検査するのですね、子どもを大切にする姿勢が伝わり、市民の方々も安心でしょう。

さぁ、厚木市さん、周りと歩調を合わせなくてもまったく構いませんので、率先して、何かかっこいいこと、しませんか?

「日本一の子育て環境を目指す」でしたっけ??? それを掲げるのなら、「さすが!」って言われること、やりましょうよ。我々厚木チャイルドは一丸となって協力させていただきますよ!!!

県への陳情に賛同しました

Twitterでお世話になっている、「放射能からえびなっ子を守る会」さまより連絡をいただき、「横浜の子どもたちを放射能から守る会」さんが、本日、県へ陳情を出すのに、賛同して欲しいとのことでした。

その後、資料をメールでいただいて、拝読いたしました。・・・素晴らしい、こんな立派な文章が書ける人に、ワタシもなりたい・・・と思いながら、賛同させていただきました。従って、陳情書の「賛同団体」と言うところに、当団体の名前を入れていただきましたので、皆さまにお知らせいたします。

その陳情書は、次回、また皆さまとお会いする機会に持参して、読んでいただければと思います。

声をかけてくださった近隣団体の代表者の皆さま、ありがとうございました。
menu
メール
厚木市民測定室
日光関連記事
日光関連資料
日光の子どもを守る会PDF
早川マップ関連
給食課




お問合せ
メール
最新記事
カテゴリ
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。