はじめに お知らせ トピックス 学校給食問題 修学旅行問題
瓦礫問題情報 厚木市情報 愛川町情報 清川村情報 神奈川情報
気になる食品情報 市民測定室情報 安心食材 お弁当への道 座談会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生涯100ミリシーベルト

食品中の放射性物質が健康に与える影響を評価していた内閣府の食品安全委員会は27日、「生涯の累積線量100ミリシーベルト以上で健康影響が見いだされる」とする評価書をまとめた。
 生涯累積100ミリシーベルトの数値について「食品摂取による内部被ばくの影響だけを評価した」としている。食安委ワーキングループは7月、「外部被ばくと内部被ばくを合わせ生涯100ミリシーベルト」としていたが、説明不足として事実上、修正した。
 食安委答申を受け、厚労省は31日、薬事・食品衛生審議会を開き、食品の暫定基準値の見直し作業を開始。現行基準値を引き下げ、より厳しくするとみられる。


元ソース(東京新聞)
朝日新聞記事

生涯100ミリシーベルトって凄くアバウトではないですか?
男性と女性での平均寿命も違いますし、自分が、いや自分の子どもがどれだけ被害を受けたかって 今現在知ってる人ってどんだけいるんですか?

現在、どれだけ被曝しているかもわからない状態で、そんなアバウトな事を言われても困ります。
それならば、逆に、
関東圏とそれ以外の地域で 基準値をさらに厳しく設定する必要があります。

福島の方と 沖縄の方では 素人でも現在の被曝量は違うと解ります。
現在、東電原発事故現場からは、まだ恐ろしい程の放射能が排出されています。
その福島の方にも その基準を当てはめて考えていただきたい。

そうすると、かなり・・・かなーり厳しい基準になって出てきますよね。

それなら 話は分かります。
一番被害を受けている方を救うべく 基準を設ける・・・なら 私たちも納得ですし、安心です。

今後の続報を 首を長ーくして待っています。

menu
メール
厚木市民測定室
日光関連記事
日光関連資料
日光の子どもを守る会PDF
早川マップ関連
給食課




お問合せ
メール
最新記事
カテゴリ
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。