はじめに お知らせ トピックス 学校給食問題 修学旅行問題
瓦礫問題情報 厚木市情報 愛川町情報 清川村情報 神奈川情報
気になる食品情報 市民測定室情報 安心食材 お弁当への道 座談会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

文科省「放射線量低く見せろ」

やっぱりってこと? これが真実なら 本当に怖いですよ・・・

文科省「放射線量低く見せろ」要求応じず解約になったオンライン線量計
ここで週刊誌の話題から外れることをお許し頂きたい。これを読んでいただいている読者の中には、11月19日(土曜日)の朝刊で以下のような記事を目にした方もいるのではないだろうか。
「文部科学省は18日、福島県内の学校や公園で放射線量を計測する『オンライン線量計』を発注した業者との契約を解除したと発表した。測定精度が低く、結果の送信ができないなどのトラブルで納期が守られなかったためと説明している」(朝日新聞より)
東京新聞などは1面トップだった。この業者というのは東京都中野区にある「アルファ通信」(豊田勝則社長)で、社長は私もよく知っている。
簡単に経緯を書くと、福島の学校などに600台の線量計を設置する工事を「アルファ通信」が落札し、工事を始めたのが9月からだった。線量計を入れるカプセルの仕様が突然変更されたり、台風などもあったことで10月中旬の納期は双方了解して11月に延期した。次の納期は11月14日。600台のうち480台までは設置が完了したが、100台と少しが残ったのは事実である。文科省の契約解除の理由は納期遅れだけである。
しかし、文科省は会見で、記事にもあるように「測定精度が低く」てと計数管にあたかも欠陥があったように話しているが、これは事実とは異なる。いちばん文科省が問題にしたのは、「アルファ通信」の使用している計数管がアメリカ製であることだった。これはアメリで校正(検定のようなもの)をした国際標準の計数管である。
文科省がモニタリングポストなどで使っているのは、国内の日立系の会社の製品である。いまでは知られるようになってきたが、文科省が発表している放射線量は、モニタリングポストを高いところに据えたりして、市町村が発表している数値より低い。
子どもの背丈のところを測らないのでは意味がないという批判が巻き起こり、今回は地上50センチに設置することになった。しかし数値がモニタリングポストより高く出ることに怯えた文科省は、「アルファ通信」の線量計の数値が低く出るよう仕様変更することを強硬に要求してきたのである。
聞くところ、期限ギリギリになっても「アルファ通信」の技術者を丸一日缶詰にして、アメリカ標準ではなくここは日本なのだから日本標準にせよとの一点張りで、聞く耳を持たず。その結果、設置の仕事にも影響が出てしまったというのだ。
このことが指し示している最大の問題点は、文科省が発表している放射能の線量は人為的に操作され、低く出るようにせよとメーカー側に要求し、それを飲まなければ切るという理不尽とも思えるやり方をしていることである。「アルファ通信」側はこうした問題を含めて、記者会見を開く意向である。また、こうした官僚たちのいい分を、少しも検証することなく垂れ流す新聞にも猛省を促すつもりである。



この間、厚木市もメーカーを変えました。
それまで0.15マイクロミリシーベルト/時 だった 息子の学校の校庭が 0.08と数値がかなり低くなり
それで安堵している人もいた・・・・

でも上記の記事が もし 本当であるなら
どうなのだ?
数値を都合に合わせて動かす。国民をだます。安全だと思い込ませる。
これは、食品の暫定基準値でも行われてきたこと。

事故直後、ずるずると 迅速に上がって行った暫定基準値・・・
これに関しては、何の科学的な説明もなく(一応 御用学者さんたちの見解はあったかな?)
あれよあれよという間に
ここまであげたら大丈夫だろ・・・これで 食品業界等 これまで通り流通させることが出来る。 とでもいわんばかりに
世界でも類を見ない 放射能ウェルカム基準ができあがってしまった。


さすがに、これではいけないと・・・思ったのか?
人気取りの為なのか? よくはわからないけど・・・


来年の春には 生涯100ミリシーベルトという基準にあわせて、暫定基準値を調整するという政府


生涯・・・という単位をもって、基準を決める・・・
なんとも愚かしいと思いませんか?

それであるならば、国民全員の現在までの総被曝量を、測る必要があり
また、基準値を施行後には、定期的に年間の被曝を計測していくことが必要になってきませんか?

そして、生涯ということは
人間への被曝量を考える「単位」として 適切でしょうか?

私たち一般の市民よりも、賢く、資料もたくさんあるであろう 国の決める事・・・
正直
どこかの・・・独裁政権の思いつき政策のようで 恐ろしいです。


基準とは都合に合わせて決めるものではない・・・と私たち市民レベルでもわかっている事なのに。

私たち 保護者(大人)がやるべきことは、
国の基準値がどうであろうと、自己防衛の意味で、おおよそではあるだろうが、数値を知りながら
内部被曝、外部被曝も含めて、健康を害さない様に気を付ける事になってきた。


食材に気を使い、場所に気を使い、子どもたちの未来を憂い・・・
大人として親としてできる せいいっぱいの気持ちと愛情

それが、今否定されようとしている。

信じてきた国に、自治体に・・・人間に・・・

本当の情報は、新聞やテレビではなく・・・インターネットの片隅にあるこの事実
そんな私たちの生活

安全ですよの情報だろうが
危険だよの情報だろうが その情報を選択し、生活に取り入れていくのは
私たち個人の問題って世の中になったのだと・・・今 つくづく感じています。


正しい情報も
正しくない情報も

時間がたてば、その本当の真実が 明るみに出てきています。

311以降、
危険な思考だ 心配し過ぎだ 素人が口を出すな・・・・って情報が
時には一か月程度 長い物では 半年を過ぎて
現実となってきている・・・・事実があります。

それならば、心配しすぎくらいが ちょうどいい・・・・のではないでしょうか?(個人見解)

管理人 Kより 
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

menu
メール
厚木市民測定室
日光関連記事
日光関連資料
日光の子どもを守る会PDF
早川マップ関連
給食課




お問合せ
メール
最新記事
カテゴリ
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。