はじめに お知らせ トピックス 学校給食問題 修学旅行問題
瓦礫問題情報 厚木市情報 愛川町情報 清川村情報 神奈川情報
気になる食品情報 市民測定室情報 安心食材 お弁当への道 座談会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福島のお米から 暫定基準値を超すセシウム(怒)

福島市産コメに基準超えセシウム
11月16日 21時23分
NHKニュース


福島市大波地区の1か所の水田で収穫されたコメから、国の暫定基準値を超える1キログラム当たり630ベクレルの放射性セシウムが検出されたことが分かりました。福島県は、この水田を含む大波地区について、今年度のコメの出荷を見合わせるよう要請しました。

福島県によりますと、福島市大波地区の農家が1か所の水田で収穫したコメについて、今月14日、農協に放射性物質の検査を依頼したところ、簡易検査で国の暫定基準値の1キログラム当たり500ベクレルを超える放射性セシウムの値が検出されました。
このため福島県が改めて検査したところ、玄米から1キログラム当たり630ベクレルの放射性セシウムが検出されたということです。
検出された農家が収穫したコメは、今年度およそ840キログラムあるということですが、市場には流通していないということです。検査結果を受けて福島県は、この農家の水田を含む福島市大波地区の今年度のコメの出荷を見合わせるよう要請しました。

福島県が先月行った放射性物質の量を調べる「本検査」では、大波地区にあたる旧小国村は、2か所で検査が行われましたが、放射性セシウムは、国の暫定基準値を大幅に下回る1キログラム当たり33ベクレルと28ベクレルしか検出されず、県はこの地区のコメの出荷を認めていました。

福島県では、この農家を含めた大波地区の農家154戸について、さらに詳しい調査を行うとともに原因を調べることにしています


管理人Kのコメント

大変言葉は悪いようですが、福島県はどのようにお考えなのでしょうか?
風評被害という言葉で、実害が出ていても これまで片付けていらっしゃいましたが・・・
さすがに、あまりにも・・・スザンな対応じゃないでしょうか?

私たちは 福島のお米だから 食べたくないのではないのです。
しっかりと検査がされ、
暫定基準値ではなく、昔の基準値で尚、放射能の汚染がないお米を食べたいのです。

福島を食べて応援と・・・本当に 食べて応援をしている人の「心」を裏切らないでいただきたい。
子どもたちだって、食べています。

本当に、あまりにも食の安全に対して、ルーズすぎます。

10月12日、新米を対象にした放射性セシウムの本検査が終了したと言って、
県内1174地点すべての検体で国の暫定規制値(1キロ当たり500ベクレル)を下回ったと発表記者会見が行われました。
その時の、佐藤知事の発言を信じた人、胸をなでおろした人は多かったと思います。

でも、こうやって 恐ろしい値のセシウムを含んだお米が出てくる。

いい加減な検査、いい加減な安全宣言はやめてください。
私たちの
子どもたちの
命にかかわる問題です。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

menu
メール
厚木市民測定室
日光関連記事
日光関連資料
日光の子どもを守る会PDF
早川マップ関連
給食課




お問合せ
メール
最新記事
カテゴリ
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。