はじめに お知らせ トピックス 学校給食問題 修学旅行問題
瓦礫問題情報 厚木市情報 愛川町情報 清川村情報 神奈川情報
気になる食品情報 市民測定室情報 安心食材 お弁当への道 座談会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日光修学旅行問題 2013 タウンニュース1

NAKIRI_1.jpg

名切議員が、タウンニュースに掲載してくださった記事です。
名切議員に了解を得て掲載させていただきます。

皆さんのお子様は 日光市への修学旅行にもうすでに行かれましたか?
これから行かれますか?

学校側からの説明はどのような説明でしたでしょうか?

厚木市の校長会が調べて 厚木市の基準値0.19μSv/h を上回った所は江戸村でした。江戸村には行きませんので安心してください・・・・って感じでしょうか?

さて、まずは厚木市の基準値というものについて考えてみます。
実はこれは 除染基準値です

厚木市では0.19μSv/h を超えたところは除染を行いますという数値です。

うーーーー

少し考えてみましょうね。なぜ除染をするのでしょうか?

それは放射能が体によくないから・・・・ですね。
京都大学の小出先生は、子どもは大人の4倍放射能の影響を受ける。とおっしゃってます。
そう考えると・・・・
大人基準での 0.19μSv/h でも子どもの体にとっては相当な影響を受けているって事になりますね
この子どもの体への影響については3倍とも 10倍とも言われています・・・・
まだ 本当の数値というものは ないみたいです。
でも・・・どんなに 安全側の学者であっても、子どもは大人よりも影響を受けやすいと言っています。


さて・・・・それを 基準値と呼び その基準ぎりぎりまでは攻める姿勢の 修学旅行ですが

そのような子どもへの影響などの説明は・・・・学校でなされましたか?って気になりますね。
ここポイントなのです・・・・

正しい情報が与えられない状態・行くことが前提のような状態(学校側も教育委員会もそうではありませんよーーーとおっしゃいますが、選択肢として別の場所は提示されないかと思います)
そのような状態で

日光は校長先生が測って 厚木市の基準値よりも高いところも すこしだけあったが そこにはいかないし、おおむね放射線量は問題がなさそうなので これまでどおりに・・・・って空気の中で

どれだけの保護者が 実は日光にはいかせなくてもいいのではないかと考える・・・・って言えるか?って話ですよね
誰だって 変に目立ちたくない・・・自分は良くてもそれが子どもの学校生活に影響がでるかもしれない・・・ってのは 一度は考える事ですよね・・・・

実は、昨年度からAAKでは 厚木市に 日光への修学旅行は考え直していただけないか?と陳情や請願を行いました。
その時に 教育委員会さんがおっしゃるのは 「大多数の保護者は日光の修学旅行に対して問題としてない」みたいなニュアンスのお話を 議員さんたちになされ

それを聞いた議員さんは そうか・・・・って感じで納得されます。

ちょっと待ってくださいよ・・・ くどいようですし 話を蒸し返しますが

日光の修学旅行について問題としている保護者もいますし、本当のことを伝えれば、日光じゃなくていいじゃんって声はあがってくると思いますよ・・・・

議会でもそうですが 学校でも ようするに どのような情報を示しているのか?ってのがポイントなんですよね。

さて・・・日光市でも昨年から厚木市はいかない(いけない)江戸村ですが
2011年の修学旅行は 春からいってますね 厚木市

今でも、原発事故の影響が色濃く残る江戸村に 原発事故が起きた直後に行かせてますね・・・

そして 去年・今年と 日光市は厚木市の基準値よりも放射能の線量が高い場所があるのでいきませんって形になるわけですが

ふむーーーーーーーーーーーー

なんか おかしいと思いませんか?


AAKの山村と名切議員が最初に 日光を測定に音連れたのは 2012年の2月でした
その時は相模原の こどもまもるの能勢さんと一緒にいったのですが
その時に 日光の子どもを守る会の大島さんの情報では 

江戸村は私有地なので測定はできないと 日光市が言ってるというお話を聞きました。
なので
二回目に神奈川新聞さんと一緒に日光に行った時(一週間後くらいでしたね)に
江戸村の外側で放射線量を測定したのを覚えてます。
非常に高い数値を示しました。

もうすでに 原発事故の直後に 子どもたちがいった・・・・江戸村が
震災後11か月たった時に 外側ではありましたが・・・・非常に高い数値でした。

中は測れなくても 測れたはずです・・・・ 放射線量が今でも高い日光江戸村に 何も知らされずに マスクもせずに いった・・・・子どもたちの事を想えば
悲しくなりますね・・・・・・・・・・・。悲しいって言葉では物足りない感情にとらわれます。





関連記事
menu
メール
厚木市民測定室
日光関連記事
日光関連資料
日光の子どもを守る会PDF
早川マップ関連
給食課




お問合せ
メール
最新記事
カテゴリ
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。