はじめに お知らせ トピックス 学校給食問題 修学旅行問題
瓦礫問題情報 厚木市情報 愛川町情報 清川村情報 神奈川情報
気になる食品情報 市民測定室情報 安心食材 お弁当への道 座談会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日光市の修学旅行問題について 2013-1

今年も、日光への修学旅行に不安を覚える方からのご連絡が続いております。
AAKでは日光の修学旅行問題に関して情報に、今後も取り組んでいくつもりです。

行政交渉を通して見えてきたもの(厚木市)
AAKではこれまで、厚木市議会に対して、数回の陳情・請願を行ってまいりました。
その中で気が付いたことを記します。

行政交渉(AAKの場合)

2012年2月~3回にわたり日光に行き現地の放射線量を測定し、それを資料としました。
様々な視点からの修学旅行先の見直しをお願いしましたが、
教育委員会や、校長会調査では修学旅行に問題はないという事で却下を続けられています。

◆何が問題なのか?

まず昨年度の問題は、修学旅行先としての日光市の放射線量でした。

日光市の公式発表と、数度にわたる私たちの調査(埼玉のアップルさんの調査も含む)では
あまりにも数値が違いすぎました。
その事を指摘すると、教育委員会と校長会がそれぞれ日光市の調査に赴いてくれました。
しかし、その調査は
日光市側の測定器を使い 日光市の支持するポイントにて測定を行うという調査でした。
例えば、ここは子どもたちが触るかもしれない、行動範囲にはいるであろうという事で
そのポイントを測定してほしいと伝えても、測定してもらえなかったというお話もありました。

日光市側の測定ポイントは決められているみたいです。

例えば、日光東照宮を例にすれば、参道は、訪れる度に空間線量は下がってました。
しかし、一歩細い道、少しメインストリートから外れると、空間線量は上がります。
風が吹けば、空間線量はあがります。

これは未だ、日光市に多くの放射能があることを示してるのですが・・・
修学旅行先として日光市に問題がないとする人たちにとっては あまり大きな問題じゃないようです。

基本はここだと思っています。

★修学旅行先を 日光ありきではなく・・・・と願う保護者は

現在居住している地域よりも放射線量の高い地域(空間線量も土壌の汚染も含めて)に
わざわざ行くのは考え直して欲しい。

現在は、日光市の農作物も出荷制限が解除されつつありますが、
その基準値 国の基準100Bq/kgにおいて、解除ということも考えると まだまだ安心はできない。

日光市と原発事故現場との距離が近い
現在、原発事故現場は不安定な状態にあることは、多くの方が知るところだと思います。
もう収束宣言もあったし、大丈夫だよって考える人はそう多くはないでしょう

もし原発事故現場は大丈夫と思っている人がいるのであれば
それは、もう一度、ご自分で原発事故後にどのような事があの現場で起こってきているかを確認していただければと思います。
そして、それは今後も絶対に続く!とは言いたくありませんし、考えたくないのですが
震災後に「絶対に安全」なんてものが存在しないことを私たち保護者は知ったはずです。

あの震災からやっと2年・・・

あの震災が生じた時に、わが子は無事だろうか?学校側はちゃんと対応してくれているだろうか?と
不安になった気持ちは まだ忘れる事のない記憶です。
学校まで迎えに行ったという方もたくさんいるでしょう。
それは、わが子の無事を確認したいという気持ちと共に、我が子を抱きしめたいという気持ちがあっての事

いざ、再度、地震が起こった時(未だ、あの震災のアウターライズ地震は起こってません)私たちは、どんなに心配であろうが、お金持ちの人であろうが、我が子を迎えに行くことは出来ません。
首都圏は大地震などが起こった時には主要道路を封鎖します。

・震度6弱
第一次交通規制 (発生直後)
第二次交通規制 (被害状況を確認した後)
・震度5弱
震度5強の地震が発生した場合の交通規制

神奈川県はこうします

↑そもそも、道路封鎖されちゃったら出れない入れない・・・ですよね。
それはどこで地震が起きても同じだーって人もいるでしょうけど

原発事故現場との距離がキーなんです。そして原発はどこにでもある・・・って言われたら
だって事故をしてない原発は安全だって・・・国がいってますよ・・・・・なのです。
今、まさにいつ崩壊してしまうか解からない 事故を起こした原発と そのリスクを比べる事は出来ないですよ・・・


今まさに・・・地震がまた群発してますし、現在も原発事故現場は何も好転しておりません。

大丈夫だからーーーーって言われても
そもそも その大丈夫の認識が信じられないんですよー・・・・って事ですし
大丈夫って言うなら
何がどう大丈夫なのか教えてくださいよ!って事なんですね。

放射能に対して 高アレルギーを起こしているって視点だけで 考え直して欲しいって言ってる保護者を括っている人たちには
災害に対する感覚が鈍ってませんかーーーーーと言いたいところです。



とはいえ・・・・

保護者の中には 震災直後・昨年 もう二年間も日光に修学旅行に行かせてしまって
日光市も除染をしたし、放射能もセシウム134の半減期が来て、少なくなった。
いまさら、修学旅行先を変える事は不可能でしょう・・・・


って事を言う人も出てきました。 
確かに・・・今までも難しかった いや 難しい事が 今年 いきなり 難しくなくなる
なんて甘いことは考えないほうがいいでしょうね・・・

また、修学旅行には是非日光へ♪♪♪って人たちは
その保護者の考え方に
まってましたーーーとばかりに目を輝かせてガッツポーズ!なのかもしれません。

日光の小学校の除染の結果です。
これを見ると、かなり除染の効果が上がっているようです。
そこで着眼点は、除染してもこの数値なんだなーって事ですね。
学校は日光市全域にあります。
日光市の観光地だけではなく、AAKでは、日光市全体汚染を見る指標にしています。
除染をしてこの数値
その周辺は除染していませんね・・・そうすると、この除染前の数値を日光市の全体の数値だと考えています。
高い数値の場所もありますし、そうじゃない場所もあります・・・でも、どうですか?
私たちの暮らしている場所と比べて どうですか?

先日、日光市の友人と電話をしました。室内は0.08μSv/h になったけど やっぱり外は高いね・・・
散歩もしないほうがいいと言われてるんだよねーーーー。って 言ってました。
日光の事を悪くいってごめんね・・と伝えると
いや、日光が汚染されてるのは本当の事だから・・・大丈夫だよ。とのお返事。

なんだか 切なくなってきますね・・・・・。


その友人も、原発事故現場の事をとても気にしながら生活しています。

本当に、原発事故現場・・・・不安定ですよ。
もう五重の壁はありませんよ
原発事故が起きても、国も東電も、「しっかりその責任をとる」ことなんてない事もこの二年間でわかりましたよ。

それでも、もう仕方ない・・・って 思えますか?ですよ。

そもそも責任をとってもらいたくて声を上げているんじゃないんですよね。
そうならないように、しましょうよ・・・・って言ってるんですよね。

何もないかもしれない。その確率も高いです。
でも同じように
何かがある可能性も・・・・否定できませんよね。

って話なんですよね・・・・・・・・・・・・・・・・・・

↑↑↑ これが 伝わらない ↑↑↑

まさに、みざる いわざる きかざる 状態・・・・・・・・・・・・・!!!

行政の言い分は
日光市は空間線量は、当市よりも高めに推移しているが、基準値以下であり、問題はない。と言います。

基準値とは 除染基準値なんですよね・・・・

いつから除染基準値が 私たちの子どもの修学旅行の基準値になったんだか・・・なのですが
そんな事を言っても、だって、基準値以下でしょ?って答えになっちゃいます。

また 議員の多くの言い分は

たくさんの保護者が心配してるの? そこが ポイントのようです。

心配してる保護者も「数名」いますが、多くの保護者からの要望はございません。と教育委員会は返します。

多くの保護者が声をあげさえすれば、事は変わるかもしれません。
それが難しいのよーーーーーって声が聞こえてきそうですが。
でも それが大切なんです。

だから、学校単位ではなく、教育委員会への直訴をしてるわけですが

修学旅行先を決めるのは学校長ってことになってます。教育委員会さんはそう言います。
そして学校長に直談判にいけば、私も組織の人間ですから・・・・・との言葉が出てきます。

ならば校長会か?教育委員会か?・・・って話になります。

校長先生<校長会<教育委員会 が パワーバランスの中で、どこもが
いやいや うちではなく・・・校長先生が決めるんですよ・・・・・
校長先生に至っては、私も組織の人間ですから・・・・・
校長会さんからの 弁明は聞いたことがないので、想像でしかありませんが
校長先生が決めていい・・・・ってお返事をいただくんでしょうね・・・・

その根底には どうせ、放射能放射能と騒ぐ保護者は 一握り PTAの組織としての話でもないし・・・・って考えもあっての事かもしれません(想像です)

今、私たちにできるのは、一人でも多くの人が、意識をもってくれるように していくことがファーストステップなのではないでしょうか?


うまいループの中に 問題がずっぽり・・・・入れられてるって感じです。


でもやっぱり 諦めたら そこで終わりなんですよね。


今年も頑張ってくださっています。埼玉あっぷるさんのブログ



関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

menu
メール
厚木市民測定室
日光関連記事
日光関連資料
日光の子どもを守る会PDF
早川マップ関連
給食課




お問合せ
メール
最新記事
カテゴリ
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。