はじめに お知らせ トピックス 学校給食問題 修学旅行問題
瓦礫問題情報 厚木市情報 愛川町情報 清川村情報 神奈川情報
気になる食品情報 市民測定室情報 安心食材 お弁当への道 座談会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食品:海の話題

ズワイガニ水揚げ開始 相馬沖・試験操業


水揚げされたズワイガニ
 福島第1原発事故に伴う相馬市沖の試験操業で16日、ズワイガニの水揚げが始まった。
 相馬双葉漁協(福島県相馬市)の底引き船7隻が出漁して計約450キロを漁獲し、同市の松川浦漁港に水揚げした。ズワイガニ漁は原発事故後初めてで、初回は量が少なく、小型の物が多かった。
 放射性物質検査を行って県漁連の独自基準(1キログラム当たり50ベクレル)を下回れば、主に北陸地方に出荷する。漁獲量が増えれば地元小売店にも卸す
 相馬市沖はズワイガニ漁の拠点で原発事故前は年150~200トンが水揚げされた。


引用:河北新報社 記事より



北陸のカニだから大丈夫♪ なんて呑気な事をいってられなくなりましたーーーーーー(涙)
50Bq/Kgまでなら出荷とは これはゆゆしき事態だと思います。

私たちは、望んでセシウムを食べる人はいないと思いますが、望まなくとも、どこかで、少なからず内部被曝はあると山村は考えています。
カニはとても美味しい食材ですが、ストロンチウムを含みやすいと言われています。
当然のように、漁連が行うとされる 放射性物質検査はセシウムの検査だと思われます。
ストロンチウムの測定はとても時間がかかり、また高額です。
そして、国はストロンチウムの測定には 消極的です。
なぜなら、セシウムよりも 強い毒性があると知られる 核種だからです。
ただちに影響はないと・・・・言った手前(国) 
毒性の強い核種はできるだけ 測りたくない・・・測ってでたら困るからって感じでしょうか?

まったく・・・恐ろしい事ですね。

もちろん、測定の結果、セシウムも低い検出限界値で不検出かもしれません。
測ってみないことには それは誰にも解りません。

わからないから 測るんですよね・・・


そして 測った結果は しっかり消費者に伝えて頂きたいものです。
カニがストロンチウムを含みやすい事は もちろん 国も知っていますので
国がストロンチウムの測定も必要だよーーーーーと 指導していただきたいものです。


そして・・・

測って解ったといえば・・・東電発表です

福島原発港湾の魚、規制値の2540倍セシウム  

東京電力は18日、福島第一原発の港湾内で昨年12月に取った「ムラソイ」から、最大で1キロ・グラムあたり25万4000ベクレルの放射性セシウムを検出したと発表した。

国の規制値(100ベクレル)の2540倍にあたり、原発事故後、最も高い値。

東電は「採取場所付近は原発事故時に高濃度汚染水が流れており、この濃度は不自然ではない」としている。

これまでの魚の最高値は、同原発から北約20キロで取れたアイナメの同2万5800ベクレル。東電は3月から周囲に網を設置するなど、港湾内の魚が外へ逃げないよう対策を取る。

読売新聞 1月18日(金)20時3分配信記事より引用


同じ記事でも地元の記事はちょっと違います。

東京電力は18日、福島第一原発の港湾内で昨年12月20日に採取したムラソイから、同社のこれまでの調査で最大値となる1キロ当たり25万4000ベクレルの放射性セシウムを検出したと発表した。国が定める一般食品の基準値(1キロ当たり100ベクレル)の2540倍に上る。
 東電は太平洋沖や第一原発港湾内で採取した魚の放射性物質検査を行っている。東電によると、これまでの最大値は昨年8月に太田川沖合で採取したアイナメの2万5800ベクレル、第一原発港湾内では昨年10月に捕ったマアナゴの1万5500ベクレルだった。
 昨年12月20日に採取した今回の調査では、別のムラソイで14万ベクレルと4万9000ベクレル、タケノコメバルで10万1000ベクレル、アイナメで4万ベクレルなど高い数値が検出された。
 東電は今後、港湾内の魚が外洋に移動しないよう港湾口に網を設けるほか、かご漁による捕獲を行う。土砂の被覆なども進める。

福島民報社より引用



またこちらの記事では

東京電力は18日、福島第1原発の専用港湾内で昨年12月に捕獲したムラソイから国の基準値(1キログラム当たり100ベクレル)を超す25万4000ベクレルの放射性セシウムを検出したと発表した。検出最高値を更新し、東電は対策を講じる。対策は(1)港湾口に刺し網を設置して魚が外洋へ移動するのを防ぐ(2)港湾内で月3回程度のかご漁を実施して汚染魚を駆除する(3)港湾内の土砂をしゅんせつする-などで今月下旬に始める。
 これまでの最高値は昨年8月に南相馬市沖で捕獲されたアイナメの2万5800ベクレルで、東電は昨年12月から、事故直後に高濃度汚染水が流出した港湾内の魚の駆除を実施している。

河北新聞社記事より引用


さて、この三つの記事 どうでしょう? 少しずつテイストが違います・。
河北新聞の記事は東電が講じる対策をしっかりと書き
福島民報の記事はその他の魚の汚染度をしっかりと書き
読売新聞の記事はさらっと・・・・東電のフザケタコメントを流してます。

東電の担当者は、「魚が事故の初期に放射性物質を取り込んだのであれば、これくらいの値が出るのは不思議ではない」とコメントしている。【産経新聞記事より引用】

東電は事故を引き起こした企業としての自覚があるのでしょうか?
不思議ではない?
不思議ではない?

東電の倫理観が不思議すぎます・・・・
でも、裏を返せば、東電は事故の初期の放射性物質を取り込めば、これくらいは妥当と言えるくらいの値ですよーって事を言ってるんでしょうかね?

さて この魚を食べた場合の内部被曝ですが


東京電力は18日、福島第1原発の港で捕獲した魚「ムラソイ」から、1キロ当たり25万4000ベクレルの放射性セシウムを検出したと発表した。魚では過去最大で、国の食品基準値の2540倍。1キロ食べた場合、内部被ばく線量は4ミリシーベルトという。
 東電によると、港は第1原発の東側にあり、海水や海底の土は汚染の度合いが高い。外側の海と仕切られていないため魚が自由に出入りできる状況で、東電は仕切り網の設置や魚の駆除を行う。 

時事通信


えと よくよく 見て下さいね。

4ミリシーベルトです マイクロシーベルトの1000倍です。

良く、行政が 単位をごちゃごちゃにして言ってくれます。
それを聞いた人(議会等で)は あーそんな程度なのか・・・・って思って 流しがちでしょうけど

単位重要ですよ!!! 誤魔化されないで下さいね。


放射線による人体への影響度合いを表す単位を「シーベルト(Sv)」
放射性物質が放射線を出す能力を表す単位を「ベクレル(Bq)」




そして もうひとつ お魚の話題


石巻魚市場にマダラ8ヵ月ぶり水揚げ 政府が出荷制限解除
河北新報 1月19日(土)6時10分配信


 宮城県石巻市の石巻魚市場に18日、重さ1キロ以上のマダラが8カ月ぶりに水揚げされた。放射性セシウムの検出値が国の基準値(1キログラム当たり100ベクレル)を安定的に下回り、政府は17日に出荷制限を解除した。
 沖合底引き網船など25隻が計22トンを水揚げした。10キロを超える大物もあり、最高で10キロ当たり2500円の値が付いた。ピークをやや過ぎているため再開のご祝儀相場とはいかなかったが、まずまずの価格で取引された。
 マダラは石巻魚市場で冬季の水揚げの2割を占める主力魚種の一つだった。宮城県沖で漁獲された検体で国の基準値を上回る放射性セシウムが検出され、政府は昨年5月に出荷制限を指示。地元の水産関係者は早期の解除を求めてきた。
 待望の水揚げに魚市場の須能邦雄社長は「ホッとした」と喜びながらも「昨春に厳格化された100ベクレルの数値に根拠はなく、消費者を不安にしただけ。国は一刻も早く基準値を見直すべきだ」と話した。

河北新聞より引用


えっとですね・・・・ちょっとまってくださいよ。
100Bq/Kgには根拠がなく消費者を不安にしただけ・・・・基準値を見直すとは どういう意味でしょうか?

もっと厳しくなら 私たち大歓迎ですが
ゆるくしろと?

この社長さん、100Bq/Kgに根拠がないって所は正解だと思います。

ですが、緩くした場合、私たちの被曝への不安は更に進みますよ・・・自分勝手な解釈辞めて下さいね。

社長さんがいってるのは、ビジネスの話。
私たちが心配してるのは、命の話。

どんだけ・・・消費者の不安を読み違えているんでしょうか? やばいやばい。

そして、

国の基準値(1キログラム当たり100ベクレル)を安定的に下回り← 安定的に下回りってのはどういう意味でしょうか?

マダラはセシウムが検出しやすいお魚ですよぉぉぉ!!!
これを読んで
国が言うなら安心だって思いたい人は、マダラは基準値を安定的に下回っている=安全って勘違いしちゃいませんか?

マダラ


北海道は12日、室蘭市沖で9日に取れたマダラから1キログラム当たり100ベクレルの放射性セシウムを検出したと発表した。国の基準値(同100ベクレル)を超えた場合に自主回収できるよう、道は漁協に対し出荷先を把握するよう指示した。また、これまで週1回実施していたモニタリングを今後1週間、毎日行う。

 道によると、このマダラを食べても人体への影響はないという。


これは産経新聞社の記事より引用です。2012年10月の記事です。

人体への影響はないという。 100Bq/Kgを食べて人体への影響はないと言う

その人体とは0歳から120歳まで押しなべて全ての世代ってことでしょうか?


タダチニエイキョウハナイ=魔法の言葉になっちゃった気がします。








関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

menu
メール
厚木市民測定室
日光関連記事
日光関連資料
日光の子どもを守る会PDF
早川マップ関連
給食課




お問合せ
メール
最新記事
カテゴリ
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。