はじめに お知らせ トピックス 学校給食問題 修学旅行問題
瓦礫問題情報 厚木市情報 愛川町情報 清川村情報 神奈川情報
気になる食品情報 市民測定室情報 安心食材 お弁当への道 座談会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

厚木の豚肉から35.5Bq/Kgからの流れ

厚木の豚肉から35.5Bq/Kgが検出されたという情報は
私たちに大きな衝撃を与えました。

厚木市測定所では、厚木の豚肉を畜産している2つの業者さんの豚肉を測定をして
検出下限値それぞれ、2.39Bq/Kg 2.43Bq/Kgにおいて不検出という結果をもって
測定をした、神奈川県食肉衛生検査所さんにその旨連絡をし、
また、この問題は神奈川県の問題ですと言って下さった 座間市の男性と一緒に足を運び
この問題がどうして生じたのか?
この問題をどのようにとらえればよいのか?
この問題による風評被害の流れの説明、そして今後の測定へのお願いをしてまいりました。

その事を、東林間測定室の高岡氏がまとめて下さいましたので どうぞご存じない方はご覧下さい。

厚木市民測定所にて調査した結果を伝える電話内容のまとめ
※訂正 森さんではなく 盛さん
※訂正 その後LB200を実際に操作されている方とお話しをした結果、LB200の数値をそのまま発表したわけではない事が解った。

実際に足を運んだ時の、お話しのまとめ


この「厚木の豚肉から35.5Bq/Kg検出」と言う情報は
その後、厚木市の公式ホームページにも、なんの説明もないままに、掲載されました。
こちらです

↑見て頂くとわかりますが、現在はその記述は削除されています!

kietabuta


これは、私はとても問題だと思います。
何故、このような事が生じていくのか???


厚木市の豚肉から35.5Bq/Kg検出(神奈川県食肉衛生検査所)

県のホームページにて掲載

インターネットで、その情報が衝撃的に伝わる

厚木市民測定所にてAAKメンバーが測定

厚木市の豚肉のセシウム汚染は検出下限値(合算)2.5Bq/Kg以下にて不検出

神奈川県食肉衛生検査所にその事実を連絡

厚木市が「何も考えず」この厚木市の豚肉から35.5Bq/Kgを掲載

名切議員へ、その事実を伝える

名切議員が、その事を議会で、追及

厚木市のホームページからその記述が忽然と説明もなく消える


このような事があっていいのでしょうか?
もし、厚木市がその情報を、精査し、厚木市の検証によって、厚木市の豚肉からは放射能汚染がなかった
そうするのであれば、その旨をしっかりと説明をし、
掲載した経緯とその検証を伝えて、初めてホームページから削除すべきではないのですか?

今回のような、説明もなく掲載をしないと言うのであれば・・・
今後も、都合の悪い情報は掲載しないと言う流れにもつながりますし
また、本来は、厚木市が市民や、農業・畜産業・製造業を守ると言う意思があるのであれば
まずは、県の情報で、厚木市の食材から放射能汚染されたものが見つかった!との情報があれば

厚木市がしっかりと検証を行う!
検証を行った結果を、しっかりとアナウンスを行った上で、報告をする

この二つの観点がなければ、今後も厚木市の出す、放射能汚染の情報について
その数値は本当ですか?本当にそのように不検出なのですか?
その数値は本当ですか?本当に厚木市の食べ物はそんなに汚染されているのですか?
と・・・・

疑いの目をもって見る人が出てきて、厚木市の信頼が失われることに繋がっていきます。
市民は何も知らないから・・・
一部の市民だけがこの事実を知っているだけだから・・・
まだこの情報を知る人は少ないから・・・ 
などと言う安易な考えがあるなら、それは大きな問題であり、市民への裏切りです。

お願いです厚木市さん・・・・お願いです市長・・・・
このような事を繰り返さないで下さい。

これでは、検証もなく、感覚で観光安全宣言を出した、日光市と同じではないですか?

何が安全で その安全のデータはこうだ!としっかり厚木市が検証した上で
本来は、私たち市民の不安を解消していくのが、行政の仕事なのではないですか?

正直あきれてものが言えません・・・・・
放射能への感覚があまりにも、あまりにも・・・緩すぎます!厚木市
市民の生活を守るという感覚があまりにも・・・緩すぎます!厚木市

お願いですから、
もう少し真剣に、考えて頂けませんでしょうか?市民への情報発信の内容とその意味

名切議員が議会でもおっしゃってましたが、この厚木市の豚肉から35.5Bq/Kgの情報後に

綾瀬市
平塚市
逗子葉山町

が市民の不安を受けて、神奈川県産豚肉の測定を速やかに行ってくれています。
綾瀬市には名切議員が確認をしたところ、はっきりと、厚木の情報を受けて子どもたちに汚染された食材を
食べさせてはいけないとの強い意志を持っての測定だったとの事
また、逗子葉山町での測定も、市民からのお願いを受けての測定です。

他市が、厚木市の豚肉から35.5Bq/Kgの情報を受けて検証をしているのに
どうして、厚木市がそれを行わないのか?
本来は、その情報が出たときに、一番に厚木市がその情報の精査を行うべきでした!

100Bq/Kg以下だから、50Bq/Kg以下だから・・・大丈夫とでも思っているのか?
こんなことは、厚木市の豚肉への打撃にはならないと思っているのか? 
邪推はつきませんが・・・・
その、緩い感覚が、私たちの市民を守るという視点から外れている事は自覚して下さい。

放射能の被害を軽視しないでいただきたい。

厚木市であろうと、初期被曝はありました。

キャンプ座間/厚木基地(神奈川県)
計測地:キャンプ座間、厚木海軍飛行場、上瀬谷通信施設、相模総合補給廠、相模原住宅地区

新生児~1歳未満   全身:0.069 rem (0.69 mSv)甲状腺:0.99 rem(9.9 mSv)
1歳以上2歳未満   全身:0.082 rem(0.82 mSv) 甲状腺:1.20 rem(12.0 mSv)
2歳以上7歳未満   全身:0.056 rem(0.56 mSv) 甲状腺:0.77 rem(7.7 mSv)
7歳以上12歳未満  全身:0.041 rem(0.41mSv) 甲状腺:0.40 rem(4.0 mSv)
12歳以上17歳未満 全身:0.039 rem (0.39 mSv)甲状腺:0.41 rem(4.1 mSv)
大人(17歳以上)  全身:0.039 rem(0.39 mSv)甲状腺:0.41 rem(4.1 mSv)

このデータは、米軍が行った被曝検査です。


座間のデータじゃないか?と言う人もいるかもしれませんが、
日本政府が、このような被曝検査を行わない以上は、
此方のデータを基準に私たちは考える必要があります。
法律では年間の国民の被曝量は1mSv以下とされています。
たった、あの数日間で、私たちはすでに、こんなに初期被曝をした可能性があるのです。

加えて、国が原発事故後に食の暫定基準を、大きく引き上げました。
その暫定基準値以下の食品が、流通し、また私たちの体内へ入って来ています。

現在の基準値は100Bq/Kg以下としていますが、
この100Bq/Kgというのは 原発事故前だと、黄色いドラム缶に入れて、管理をする値であることを
私たちは忘れてはいけません。

tanomuyo.png











関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

menu
メール
厚木市民測定室
日光関連記事
日光関連資料
日光の子どもを守る会PDF
早川マップ関連
給食課




お問合せ
メール
最新記事
カテゴリ
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。