はじめに お知らせ トピックス 学校給食問題 修学旅行問題
瓦礫問題情報 厚木市情報 愛川町情報 清川村情報 神奈川情報
気になる食品情報 市民測定室情報 安心食材 お弁当への道 座談会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日の測定結果 12/7 モツ肉・コーンスープ祭の残り・チーム結分

★ぼら(酒匂川)のカラスミ(再測定:測定時間12時間のロング測定でした)

セシウム137 1.32Bq/Kg ±0.58Bq/Kg  検出下限値0.79Bq/Kg
セシウム134 1.95Bq/Kg ±0.61Bq/Kg  検出下限値0.73Bq/Kg 
カリウム 50.4Bq/Kg +-11.8Bq/Kg 検出下限値 8.87Bq/Kg

この測定結果のセシウム134には、同一ピークに複数核種が存在とマークされております。
確かに、セシウム137よりも数値が大きくなっています。

絶対値ではありませんが、大まかなセシウム137とセシウム134の比率で計算をしてみたところ
約、2Bq/Kg前後のセシウムは含まれているのではないかと推察します。
が、この数値については、天然核種がセシウム137に関与してないとした場合の数値であり
あくまでも推察になります。

測定時間は、43200秒 試料重量 1017g 
測定結果 3.27±0.84Bq/Kg 検出 ※ セシウム134に複数核種の存在あり。実値はこの数字よりも減少する。

天然核種 Bi-214が関与

コメント!
卵には凝縮すると思っていましたが、あれ?って結果でした。
放射能の凝縮に関しては、イメージで怖がってるって部分があったなーと 今回の測定を通して考えました。
想像力はこれからの時代には必要不可欠な力だと思っていますが、
放射能汚染に関しては、思い込みやイメージは「いただけない」ですね。
西のものだから大丈夫 とか 国が測ってくれているから大丈夫って 本当に大丈夫なのかな?
たとえば、今回の「厚木産の豚肉から35.5Bq/Kg」だって、測れば本当のことが解った。
測定をするという行為は、決して無駄ではないし、また、いろいろなものを測りながら
何が本当に大丈夫で 何が本当に危険なのか?を知る事ができます。
その知識の積み重ねの中で、自分なりの許容量を決めていく事が大切なのだと思いました。
誰かの基準ではなく、自分の基準
これはとても大切な事だと思います。



★紀文のはんぺん 賞12.12.13/Y2
セシウム137 不検出          検出下限値1.32Bq/Kg 
セシウム134 0.92 ± 0.76Bq/Kg  検出下限値1.22Bq/Kg 
カリウム 22 ± 10.2Bq/Kg 検出下限値 14.9Bq/Kg

スペクトル図にてセシウムのピークを確認しましたが、ピークはありませんでした。
セシウム134に数字が出ておりますが、統計誤差が83.2%と高い事、またセシウム134だけの検出は現在のところ考えられない事から、不検出と判断します。

測定時間は、10800秒 試料重量 1023g 
測定結果 検出下限値2.54Bq/Kg以下 不検出

商品はこれ!
はんぺん

おでんの種として チーム結さんからの検体提供でした!


★マルちゃん正麺 賞13.05.30/E M1
セシウム137 不検出          検出下限値2.18Bq/Kg 
セシウム134 不検出          検出下限値2.01Bq/Kg  
カリウム 109 ± 28Bq/Kg 検出下限値 24.6Bq/Kg

スペクトル図にてセシウムのピークを確認しましたが、ピークはありませんでした。

測定時間は、7200秒 試料重量 757g 
測定結果 検出下限値4.19Bq/Kg以下 不検出

商品はこれ!
らーめん

この日はビスマス鉛の影響を受けた日でした。検出下限値が少し高めです・・・。


★スジャータ コーンクリームポタージュ つぶ入り 賞13.1.7 FH14
セシウム137 1.36±1.28Bq/Kg   検出下限値2.07Bq/Kg 
セシウム134 不検出          検出下限値1.91Bq/Kg  
カリウム 38.2 ± 16.5Bq/Kg 検出下限値 23.3Bq/Kg

スペクトル図にてセシウムのピークを確認しましたが、ピークはありませんでした。
セシウム137の数値についてですが、セシウム137の統計誤差が94.6%。この数値が100に近づく程、
測定値がご検出であることを示しています。

測定時間は、5400秒 試料重量 900g 
測定結果 検出下限値3.98Bq/Kg以下 不検出

商品はこれ!
スープ


★国産牛モツ(青森)厚木ニュークイック店
セシウム137 不検出  検出下限値1.55Bq/Kg 
セシウム134 不検出  検出下限値1.44Bq/Kg  
カリウム 不検出 検出下限値 17.5Bq/Kg

スペクトル図にてセシウムのピークを確認しましたが、ピークはありませんでした。

測定時間は、7200秒 試料重量 1043g 
測定結果 検出下限値2.99Bq/Kg以下 不検出

原発事故後、食べたくても食べる事が出来なかった 牛モツ!
測ってみると、今回の牛モツはピークがありませんでした!
ただし、いつも牛モツがOKってわけではないと考えます。
今回は青森産の牛モツでした。牛肉は産地や畜産条件で個体差があります。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ねーさん コメントありがと
牛モツは美味しかったのだけど 油地獄だったよ もし ご購入の時は 湯通しが必要です。
清川の柚子 測りたかでーす。

お疲れ様です

こうして食べても大丈夫なものがわかるっていいね!
いつもありがとうございます。
menu
メール
厚木市民測定室
日光関連記事
日光関連資料
日光の子どもを守る会PDF
早川マップ関連
給食課




お問合せ
メール
最新記事
カテゴリ
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。