はじめに お知らせ トピックス 学校給食問題 修学旅行問題
瓦礫問題情報 厚木市情報 愛川町情報 清川村情報 神奈川情報
気になる食品情報 市民測定室情報 安心食材 お弁当への道 座談会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12月議会が始まりました。陳情第25号 給食の安全を。

陳情第25号 厚木市内の公立小中学校及び保育所における給食用食材のより安全な基準を求める陳情

厚木市では皆様のご好意で、給食を計測していただいています。

もし、原発さえ爆発しなければ、この国は今も幸せな時間を育んでいたでしょうね。

tsunamiという言葉が世界共通だというのにあの程度の津波がくるとは誰も思わずに
生活していたからこそ、原発になんの対策もなかった。

以前スマトラの津波を見たとき、空想の中で、いつか来るべきときが来ると
覚悟に決めていたのは、地震の勉強をしてきたからでしょうか。
地震学者なら誰もが、反原発を掲げてもおかしくないぐらい
この日本は活断層で溢れかえっています。

そして農家や、漁業、スーパーや、レストラン、給食に携わる方々も
高価な機械を使用し、ベクレル検査などをすることに
なるだろうとは少しも思わずに人生を全うしたことでしょう。

3.11を境にして、この国は変化を遂げようとしています。

本当の贅沢。本当の幸せ。人間の生きる力。人間の限界。

命あっての電気だということも。

原子力災害は起こってしまったのなら、そのあとの事故処理、対策も今までで平和に
暮らそう。何事もなかったように生きようとするのならば、
それは日本の終わりを示すこととなります。

災害は忘れたころにやってくる。。。。。

から、災害を忘れないで生きるという教育方針に切り替えないと到底、この国は
やっていけません。

今、どんな思い出、家族を置いて事故収束に向かっているのか絶対に忘れてはなりません。

そしてまだまだ到底、高い放射線量を放つ場所で登下校する子どもたちが存在することを。

給食問題は倫理的にも許されないことです。

ある国の議員さんに言われた言葉があります。

「どこのレストランでもセシウム入りのものなんてはいってるんだから、
給食だけ騒いでも仕方ないでしょう?先生がかわいそう。

もう神経質に生きすぎだと。昔は落ちたものも拾って食べたでしょう」と。

ぜひ、お母さんではなく、松本市長の前でも同じことを言ってほしいです。

長野県松本市では子どもが守られて、厚木市では守れない。

北海道札幌市では子どもが守られて 厚木市では守れない。

ではあまりにも不公平です。。

都道府県は足並みを揃えて、いろんな情報を得ながら少しでも用心するような方向へ
向かう対策をしてこそ、それが事故後の対策というものです。


事故後の対策すらろくにできないのに、再稼働の為だけに安全と言い放つのは
あまりにも倫理に反します。

松本市では、40歳以下の市民のヨウ素剤も持ち合わせています。

それは人々を守ることがお仕事だから。

残念ながら、話し合いの場に出したのですが、厚木市ではヨウ素剤すらありません。

声を出さなければ、良しとなるからです。多くの声がでなければ良しとするのであれば

人々の命を救うことはできません。

厚木市の人々は厚木市の行政の人々を信じています。給食は計測機が来る前からちゃんと計測してたんだろうと

思ってた方々のほうが圧倒的に多いのです。

厚木市の行政の方々はいい人が多いです。でも。。。いい人では命が守れるとは思いません。

自分の意見をしっかり持ってほしいのです。言いなりではなく自分で見て調べてほしいのです。

子供に危険な食べ物を食べさせないとする意識を持った市の存在を知ってほしいのです。

何度も何度も陳情、請願が通ることなく、一年が経過していきました。

なるべく多くの方々に知ってほしい。内部被曝は深刻で、遺伝子を傷つけまだこの世に生まれない
未来の子どもたちをも脅かす存在であることを。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
名切議員の子どもたちを被曝から守る一般質問は、

12月7日(金)11時頃からの予定です。

場所は、厚木市役所本庁舎5階です。

申し合わせ事項に、「議長の許可が下りれば子どもの傍聴も可能」とあります。
(途中で声を出すと、いったん退室していただくという条件つきですが)


また、議会ではいろんな議員さんの質問が聞けますのでオススメです。
私たちの命がかかっている大事な会議なのです。

12月13日は、

陳情第25号 厚木市内の公立小中学校及び保育所における給食用食材のより安全な基準を求める陳情


環境教育常任委員会にて審査になります。ぜひたくさんの方々の傍聴をお願い申し上げます。


今日のオススメ本





子どもたちを放射能から守るために
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

menu
メール
厚木市民測定室
日光関連記事
日光関連資料
日光の子どもを守る会PDF
早川マップ関連
給食課




お問合せ
メール
最新記事
カテゴリ
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。