はじめに お知らせ トピックス 学校給食問題 修学旅行問題
瓦礫問題情報 厚木市情報 愛川町情報 清川村情報 神奈川情報
気になる食品情報 市民測定室情報 安心食材 お弁当への道 座談会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日の測定結果 11/20 サーモン・ボラ・だし・柿 

和風だし(つゆの素)おかげ横丁

セシウム137  不検出          検出下限値 1.62Bq/Kg
セシウム134  不検出          検出下限値 1.50Bq/Kg
カリウム40   119Bq/Kg +-28Bq/Kg 統計誤差10.7% 検出下限値 18.2Bq/Kg

測定時間 9600秒

これは、とても美味しそうな高給そうな だしの素でした。
おかげ横丁 だしの素 人気ナンバーワンのもの。
ネットショップからも購入できるみたいです。
もうね・・・美味しそうで わしづかみにして食べたい臭いでした!

検出下限値 3.12Bq/Kg 不検出
ピーク確認:済 (セシウム134に微量の鉛ビスマスの影響あり)


アトランティックサーモン コストコ ノルウェー産

セシウム137  不検出          検出下限値 1.65Bq/Kg
セシウム134  不検出          検出下限値 1.53Bq/Kg
カリウム40   119Bq/Kg +-28.8Bq/Kg 統計誤差11.3% 検出下限値 18.6Bq/Kg

測定時間 5400秒



コストコのアトランティックサーモンフィレ(お刺身用)今回はノルウェー産 購入11/19日 座間店
ツィッターの友人から声がかかり「結=測定グループ」にて測定しました。
気になってました!
測定後は、美味しーくサーモン丼にしていただきました。(ごちそう様でしたー)

検出下限値 3.18Bq/Kg 不検出
ピーク確認:済


柿 川崎宮前区野川(一般家庭)
セシウム137  不検出       検出下限値 2.17Bq/Kg
セシウム134  不検出       検出下限値 2.02Bq/Kg
カリウム40   72.7Bq/Kg +-22.0Bq/Kg 統計誤差22.6% 検出下限値 24.6Bq/Kg

測定時間 4200秒

セシウム134の数値には、鉛ビスマスの影響があるようです。
測定依頼者のご実家の柿の木
柿の木の足元には、堆肥があつめられているそうなので、
出るのではないか!と緊張しましたが、下限値は高いのですが不検出とさせていただきます。


検出下限値 4.19Bq/Kg 不検出
ピーク確認:済(鉛ビスマスの影響はあり)


ボラ 小田原酒匂 岸 11月上旬釣上げ分

セシウム137  11.9Bq/Kg +-2.9Bq/Kg          検出下限値 1.64Bq/Kg
セシウム134  8.71Bq/Kg +-2.12Bq/Kg         検出下限値 1.51Bq/Kg
カリウム40   118Bq/Kg +-28Bq/Kg 統計誤差11.6% 検出下限値 18.5Bq/Kg

測定時間 5400秒

測定依頼者により、すり身にされたものを測定。
小田原酒匂では例年10月くらいから ボラが釣れます。
今回は、想わぬ数値が出、測定依頼者も測定者もため息まじりでした。
統計誤差を見ても、数値は信頼ができるものだと思います。
ただ、セシウム134の数値には、鉛ビスマスの影響があり、セシウム134の数値は高くでてます。

検出下限値 3.15Bq/Kg 検出20.6Bq/Kg +- 3.59Bq/Kg
ピーク確認:済(鉛ビスマスの影響あり)

ボラの放射性セシウムの検出結果
ボラは検出されやすい魚なのかもしれません。

ボラの生態

全世界の熱帯・温帯の海に広く分布し、日本では北海道以南で広く見られる。
河口や内湾の汽水域に多く生息する。基本的には海水魚であるが、幼魚のうちはしばしば大群を成して淡水域に遡上する。水の汚染にも強く、都市部の港湾や川にも多く生息する。体長が同じくらいの個体同士で大小の群れを作り、水面近くを泳ぎ回る。釣りの際の撒き餌に群がるなど人間の近くにもやって来るが、泳ぎは敏捷で、手やタモ網で捕えるのは困難である。また、海面上にジャンプし、時に体長の2-3倍ほどの高さまで跳びあがる。跳びあがる理由は周囲の物の動きや音に驚いたり、水中の酸素欠乏やジャンプの衝撃で寄生虫を落とすためなど諸説あるが、まだ解明には至っていない[1]。その際、人に衝突することも見られ、成魚の場合には時に釣り人やサーファーなどを負傷させたり、他にも競艇場でボートを操縦中の競艇選手を直撃し失神させた事例がある[1]。
食性は雑食性で、水底に積もったデトリタスや付着藻類を主な餌とする。水底で摂食する際は細かい歯の生えた上顎を箒のように、平らな下顎をちりとりのように使い、餌を砂泥ごと口の中にかき集める。石や岩の表面で藻類などを削り取って摂食すると、藻類が削られた跡がアユの食み跡のように残る。ただしアユの食み跡は口の左右どちらか片方を使うためヤナギの葉のような形であるが、ボラ類の食み跡は伸ばした上顎全体を使うので、数学記号の∈のような左右対称の形をしている。これは水族館などでも水槽のガラス面掃除の直前などに観察できることがある。餌を砂泥ごと食べる食性に適応して、ボラの胃の幽門部は丈夫な筋肉層が発達し、砂泥まじりの餌をうまく消化する。
 
ウィキペディアより


測定の結果に関しては、測定機器や測定環境等なども放射能測定の結果を左右します
放射能測定は、確率的な測定だとご理解ください。
あくまでも、参考値としてとらえて頂き、その判断は個々で行って下さい。
放射能測定での絶対値はありません。



厚木測定室について
厚木測定室は、これから 私たちのまわりの気になる検体を測定しながら、測定技術を向上させていきたいと思っています。

測定依頼について
 現在のところでは、一般の方からの測定依頼は受け付けておりません。
 今後、測定員が増え、また測定技術が向上して、一般の方からの検体も受付可能になったら、
 またアナウンスをさせていただきます。
 
見学に関して
 見学に関しては、ご連絡を下さい。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

menu
メール
厚木市民測定室
日光関連記事
日光関連資料
日光の子どもを守る会PDF
早川マップ関連
給食課




お問合せ
メール
最新記事
カテゴリ
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。