はじめに お知らせ トピックス 学校給食問題 修学旅行問題
瓦礫問題情報 厚木市情報 愛川町情報 清川村情報 神奈川情報
気になる食品情報 市民測定室情報 安心食材 お弁当への道 座談会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食品のこれから

厚木市民測定所で測定をしていると
案外でないーーー。良かった―ってなる。

きっと、厚木市の給食を測定している人も同じ気持ちなんだと思う。
でも

それだから「食品汚染してないのではない?」なんてことは
私は考えられない。

http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000002oo2l.html

ここに、食品が大丈夫だとは言い切れないデータがある。

2 緊急時モニタリング又は福島県の検査結果
  
  ※ 基準値超過(11検体)
    No.4,5,6:福島県産玄米(Cs: 360,340,360 Bq/kg)
    No.45:福島県産大豆(Cs:520 Bq/kg)
    No.242:福島県産小豆(Cs:110 Bq/kg)
    No.263:福島県産スズキ(Cs:180 Bq/kg)
    No.308:福島県産イシガレイ(Cs:130 Bq/kg)
    No.336,338:福島県産ヒラメ(Cs:210,130 Bq/kg)
    No.413:福島県産ヒメマス(Cs:110 Bq/kg)

    注)大豆については、本年度末まで経過措置期間のため、基準値は500 Bq/kgです。


これは、福島県の結果だから、大丈夫だよなんて思う人がいたら・・・まぁそう思ってもらっていいとして

気になるのは、玄米と大豆の汚染、玄米はこれはどういうことでしょう?って表記なので
追及はしませんが
大豆です問題は大豆です。

注)大豆については、本年度末まで経過措置期間のため、基準値は500Bq/Kgです。
と何気にするーっと謡ってある。

こらこら・・・まじで やばいんですってば!・・・


こんな記事もあります。
福島産の「もち米」から基準値を超える放射性セシウム検出!

この記事の中にある この言葉が 私を憂鬱にさせます。

2012年11月2日、福島県は郡山市大玉村旧玉井村産のもち米「こがねもち」から最大で1キログラム当たり280ベクレルの放射性セシウムを検出したことを発表した。

今回の調査では、農家が自家消費用に生産したもち米6袋全てから基準値を超える放射性セシウムが検出された。
また、基準値以下の米も70ベクレル以上の検体が11出ている。このような米でも普通に流通するようだ。

70Bq/Kg以上・・・ありえない・・・。

お米は測っていると解るのですが、測れば出ないお米はいくらでもあります。
また測れば、でるお米も産地に限らずあります。
混ぜられていたって報道もあります。

お米は日本人の主食です! だからこそ 測って安心が一番・・・安全だと考えます。
もちろん、セシウムしか測ってないので、ストロンチウムもプルトニウムも心配って方は
その検査までご自分でやったほうがいいです。


何が安全かってのは人それぞれだと思います。
厚木市の給食の測定なのですが
ひとつ 気になる事があります。
測定する日は きのことかは はずしているんですか? 使う食材・・・・

きのこ類、明日使う とか 今日、使うではなく、測りましょうよ。
測るのが嫌なら 怖いなら つかわなくていいですよ・・・
きのこ類がなくても 子どもは育ちます。

今日、息子のお弁当を学校に届ける時に 校内放送で
美味しい給食の時間になりました。って言ってました。
とてもいい言葉だなーって思いながら
美味しくて、安全な給食だったら もっといいのに・・・それを求めるのは 間違ったことなのかしら?とも思いました。

厚木市の皆さん・愛川町の皆さん・清川村の皆さん

貴方のお子様の お孫さんの お友達のお子様の食べてるお給食
安心できる食材だけでつくられてると信じていますか?
測定はしても、基準値以下なら大丈夫の信念のもとに、お給食に 普通に 検出された食材使われてますよ。

少量だから大丈夫なんて思いますか?
ならば、ご自宅の食材は全て大丈夫だと思われてますか?

私は自分のつくるお弁当ですら どこかで汚染があるかもしれないと・・・思う日があります。
お米は大丈夫 お味噌も出汁もお肉も測定済みのもの・・・卵も測った。
でも、もしかしたら どこかで 大切な我が子に セシウムを与えてしまっているかもしれない。
そう思っています。
だから、子どもが口にする物はできるだけ、測るようにしていますし、西の食材や、
どこかで測定済みの情報を探して、可能な限り、子どもだけでもセシウム汚染がない食べ物をと考えています。

がちがちにはできません・・・・
ときどき やらかしているんだろうなー・・・・もあります。
でも、できるだけ できるだけの気持で やっています。

皆さんに同じようにしろとは言えませんし、又、言うつもりもありません。
でも

お給食だけは、市民が保護者が声を上げる事で、せめて検出がわかったものは出さない。
給食はゼロベクレルを目指してほしいが実現することが可能なのです。

市民には、希望を伝える事は出来るのですから
また、それは決して 間違った事をしてくれって言ってるのではなく

セシウム=猛毒 なのですから 子どもには毒を与えるな!と願うのは正しい主張です。

みなさんも一緒に声をあげてください。 
どうぞ、せめて 給食だけは わざわざ測ってくれているのですから(行政)
どの子も食べるものなのですから

三食の内の一食なのですから・・・・・胸をはって! セシウムフリーを目指してくれ!と
まわりの人へ
そして、学校へ
そして、行政へ
伝えていただきたいと心から願っていますし、お願いします。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

セシウムという人類が絶対に打ち勝つことのない物質に私たち大人は、今まで無関心でした。でも今の日本は違うはず。だのに。。。

ただちに影響がないから、きっと目をつぶりたいのでしょう。

全国が札幌市、松本市みたいになったら子どもたちが守られるのに。不公平ですよね

(T_T)

史上最強クラスの毒ですね。

「セシウム137入り食品を、子供に食わせている」
なんていうのは、コレラ菌を子供に食わせるのと同じだと思う。
menu
メール
厚木市民測定室
日光関連記事
日光関連資料
日光の子どもを守る会PDF
早川マップ関連
給食課




お問合せ
メール
最新記事
カテゴリ
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。