はじめに お知らせ トピックス 学校給食問題 修学旅行問題
瓦礫問題情報 厚木市情報 愛川町情報 清川村情報 神奈川情報
気になる食品情報 市民測定室情報 安心食材 お弁当への道 座談会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

震災後・・・・

http://yamakifarm.blogspot.jp/2012/08/blog-post.html

座間ヤマキファームさんのブログより

チップを堆肥にすると とても良い堆肥が出来る
私も以前 4tトラックのロング・高あおりで 6~7台分のチップで堆肥を作った

とても良い物が出来た・・・


測定依頼があり 神奈川・県央地区の剪定チップ堆肥を測ってみた
200~300ベクレル

国の基準値(400ベクレル)以下ではあるが まだまだ 高い数値が出る
依頼者は 3t位 使おうと思っていたが この数値を見て諦めました

もし この 300ベクレルの剪定チップを 3t 畑に撒いたら・・・
900000ベクレル 90万ベクレルの汚染を畑に入れる事になる・・・
これを もし 私の畑に入れたら・・・  計算してみた(1反・300坪あたり)・・・

畑の土壌 1kgあたり       8.6ベクレル 汚染が増える・・・

私の畑 現在 平均で 約45ベクレル/kg程 それが 1度 堆肥を入れただけで約53.6ベクレル/kgに なってしまう

これを 何度も繰り返したら・・・


何も考えないで 堆肥や肥料を 使うと 後で 取り返しがつかなくなる・・・
今は 作物に移行していない畑でも 今後・・・

ちゃんと考えて これ以上 畑の汚染を増やさない 努力をしようよ!


ブログでは測定結果や写真も乗せて下さっています。
厚木市・愛川町・清川村で農業をされている方、こちらのヤマキファームの大木さんの
最後の

ちゃんと考えて これ以上 畑の汚染を増やさない 努力をしようよ!

この言葉、重く受け止めていただけませんでしょうか?

これは、学校でも同じことです。
小学校で腐葉土をつくりませんか?
幼稚園で焼き芋をやりませんか?

目には見えない汚染・・・目には見えない放射能。

本当に大丈夫ですか? 本当に本当に 貴方の子ども、孫、貴方自身 大丈夫ですか?

そして、このお話しの流れは、行政もご存じのはずです。
野焼き・・・厚木市でもふつーに行われてますね。もくもく・・・煙が出ています。
その煙大丈夫ですか?ってことで・・・

このようなサイトを見つけました。
http://hope-japan.tv/archives/523



【放射性物質で汚染された植物の野焼き行為による灰について】

・除染ひまわりなどを野焼きすることでの煙による汚染の拡大はほとんどありません。
これは、野焼きの燃焼温度が低温であること(セシウムの沸点より低い)ので、セシウムは燃焼残渣(灰など)にほぼすべて残るというデータから導き出しました。(※データ参照)

・野焼き後の灰は減容化による単純な濃縮の原理でBq/kgが上がります。しかし、この灰を埋設するなどして適切に処理すれば、セシウムの汚染拡大という二次被害は抑えられます。
灰の再飛散はCs移動マスとしては小規模(県外などには飛ばない)なので、緊急性があるとはいえませんが、新たな風評被害を招く恐れがあります。
よって、野焼き後の灰は早急に処理した方が賢明です。

・改正廃棄物処理法(廃棄物の処理及び清掃に関する法律施行令)を見る限り、農家の小規模な野焼き行為は、同法の例外にあたり、罰則対象ではありません。

以上を考慮すると、HOPE-Japanの見解としては

「野焼き行為による灰については、燃焼中および燃焼後の灰についての試験をおこなった結果、灰の飛散を抑える事(土に埋めたり回収すること)で飛散による二次被曝などの危険性は軽減されることがわかりました。
また、灰の飛散距離はせいぜい数百メートルで大規模なものではありませんし、仮に飛散したとしても、福島県から南の三県まで拡散すると希釈され、ほぼ検知できない濃度となります。
しかし、誤解による風評被害の恐れがあるため、野焼き行為はお控えください。」

となります。

【データ】
枯れたひまわり4本(根を除く) 243Bq/kg (総重量681g) 含まれる総Bq=165.5
燃やした灰 4411Bq/kg (総重量45g) 含まれるBq=198.5
枯れたひまわりを燃やすと元の 7%の重量になります。
燃やす前と燃やした後のBq数は微増しましたが、誤差の範囲です。
よって、燃やしても放射性物質は灰にほとんど残ります。


このような事を書いて 次のQ&Aには

Q.じゃあその灰は実際危険なの?燃やした後に掃いたりする時に吸い込んでも大丈夫なの?(というか何ベクレルぐらいだったら大丈夫で何ベクレルくらいだったら良くないって基準みたいなものはあるの?)

A.灰を吸ってしまうと内部被曝の原因となる可能性があります。灰を片付ける時に吸い込む可能性はあります。毎年の作業と同様にして大丈夫ですが、マスクなどをつけたほうがいいと思います。(現実的には、灰の処分などをしている人以外、灰を直接吸う環境下にはありません。)
環境省(http://www.env.go.jp/jishin/)から出される指示に従ってください。

Q.回収とか土に埋めたりって書いてるけど、誰に回収してもらったらいいの?土に埋めるのはそのまま埋めちゃっていいの?

A.自分で回収し、そのまま自分の土地に自分で土に埋めてください。
燃えるゴミとして出すことも可能ですが、焼却炉の事を考えるとあまりおすすめできません。
現在、焼却炉の灰の線量が上がってしまっていて、灰の処分地に困っています。どこにも持っていけないとなると、焼却炉事態が使用禁止になる可能性もあります。
http://www.env.go.jp/jishin/attach/osenhaiki-shori20110829.pdf


と書いてあります。

では どんと焼きはどうなのだろう?という疑問が出てきましたね。
チェルノブイリ事故では、燃やさない・移動させない・体内に取り込まないが原則でした。

野焼きをしたあとの畑・・・灰は回収されてますか?
灰が回収されぬままに、また農作物を・・・・・を繰り返されてませんか?


本当に大丈夫なのでしょうか?



『セシウム、作物に滞留 雑草野焼き自粛を 登米農改センター』 【8/8 河北新報】
http://scilex.blogspot.jp/2012/08/88.html より

農地で雑草などを野焼きする行為が農産物の放射性物質濃度を高める恐れがあるとして、宮城県登米農業改良普及センターが登米市内の農家らに自粛を呼び掛けている。市や地元農協の協力を仰ぎ、近く野焼きをしないよう求めるチラシを全戸に配布する。

同センターによると、雑草などに含まれる放射性セシウムは燃やすと化学変化を起こし、水に溶けやすくなるという。焼却灰に浸透した雨水が農地にしみ出ると、濃縮された放射性セシウムが作物に吸収される可能性が高い。

登米市内で生産した大豆から昨年11月、1キログラム当たり240ベクレル(当時の国の暫定基準値以下)の放射性セシウムを検出。センターの調査で大豆が採れた農地で4月上旬に、生産者が稲わらを燃やしたことが分かった。

当時、検査対象の大豆は市内7カ所で収穫され、他の6カ所の大豆から検出された放射性セシウムは全て20ベクレル以下だった。

ことし7月、ブルーベリーから基準値を上回る190ベクレルを検出した栗原市の農家でも、収穫前に周辺で野焼きを行った可能性があったという。

県登米農業改良普及センターの佐藤章所長は「断定はできないが、高濃度の放射性物質が検出された原因として、野焼きが影響している可能性が高い」と話す。

みやぎ登米農協によると、市内では3月下旬から4月上旬にかけ、一部農家らが田畑で枯れ草などの野焼きを行っている。夏場に刈り取った雑草は乾燥させ、たい肥などに使う農家がほとんどで、一部の小規模畑作農家が畑で雑草を燃やすケースがあるという。

同農協は通常、刈り取った雑草を農地の外に持ち出すよう指導している。同農協営農企画課は「出荷量が少なくても、高濃度の放射性物質が検出されれば市の農産物全体がダメージを受けるため、自粛に協力してほしい」としている。


ふむーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

menu
メール
厚木市民測定室
日光関連記事
日光関連資料
日光の子どもを守る会PDF
早川マップ関連
給食課




お問合せ
メール
最新記事
カテゴリ
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。