はじめに お知らせ トピックス 学校給食問題 修学旅行問題
瓦礫問題情報 厚木市情報 愛川町情報 清川村情報 神奈川情報
気になる食品情報 市民測定室情報 安心食材 お弁当への道 座談会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日から、厚木市が市民向けに食品測定の受付を開始します。

詳細はこちらより


今日から、厚木市が食材の測定受付を開始します。
厚木市の使用している測定器は AT1320-Aというものです。

内容抜粋


市民の安心・安全に向けた取組をさらに進めていくため、厚木市放射性物質対策方針を策定しました。
また、その取組の一環として、市民の皆さんが持ち込む食品についても、11月2日から毎週金曜日に南部学校給食センターにおいて放射性物質濃度測定を実施します。
測定を希望される方は、食品を持ち込む日の前日までに、厚木市消費生活センター(電話225-2155)へ予約ください。なお、予約受付は10月15日から開始します。


◆予約受付 10/15日(電話046-225-2155)
◆測定開始 11/02日(毎週金曜日に南部学校給食センターにて測定)


二度目のご案内です。
無料ってところが 嬉しいですよね。
よかったねー厚木市民♪♪♪

さてさて、今日は測定について少し書いてみようと思います。

みなさんも、規制値越えで出荷停止ってニュースは耳にしたことがあると思います。
規制値ってなんぞや・・・って思われている方もいらっしゃいますよね。
規制値とはその食品に含まれるセシウムの含有量を国が ここまでだったら出荷してもいいですよーーーってものです。


出荷してもいいですよーーーーーですが
食べても安全ですよーーーーーーではないのが ひとつのポイントです。

皆さんはまだ忘れてないですよね?
国の基準値が 暫定と呼ばれていた頃 500Bq/Kgであったことを
これは・・・・私たちにとってはトンデモナイ数値でした。

今の100Bq/Kgだってとんでもない数値だと私はおもっているのですが・・・
500って!!!!2000って数字もありましたね・・・

100Bq/Kgって、原発事故前はドラム缶に入れて放射性物質って事で厳重に管理されていた数値なんですけど・・・・ぉ

放射線量及び放射性物質濃度の国の基準値

これを見て頂けると、暫定基準値の値ってものがどうだったのかが表になっています。

さてどうでしょうね・・・・こんなものを 食べて応援!してたわけですね。
しかも
当時、国側が、全てを測定してるわけではない・・・・スルーしているものもある。との報道もありましたね。

全てを測るってことは 実質的には無理・・・・それは そうだと思います。

その時に私が思ったのは
一つ一つの野菜を測る事は無理でも
その農家の畑を測って欲しい・・・・移行係数(土の汚染がどれくらい食品に反映されるのか?)がわかってるなら
その土壌で取れた〇〇〇に関しては、必ず検査をする・・・・ってやってほしいと思いました。

また この表を見てると え!!!と驚愕するのが
ウランにも基準値があったんですね・・・・

ウランって測ったのでしょうか? 測っているのでしょうか?
そして多くの病気を引き起こすと言われている ストロンチウムに関してはどうなのでしょうか?

去年の事ながら 気になりますし、これが 原発事故の初期被曝をした私たち、私たちの子どもに与えられた「暫定基準」という政策でした。

それでも、やっぱり気になる人たちは、事故現場近くの食品は買いませんでした。食べませんでした。
そこで 国が行ったのが

食べて応援 絆・・・・・って政策ですね。食べよう!風評被害に負けるな・・・・

その年の福島県の米の安全宣言は何度なされた事でしょう なんという事でしょう?ってくらいに
知事が安全宣言を行う⇒基準値越えの米が見つかる(しかも スポット検査で)の繰り返しでした。

すなわち、安全宣言なるものは 本当に安全だとの根拠もないままになされていた・・・見なし安全宣言だったわけですね・・・・

そんな中で 積極的に食べて応援をしていたのが「学校給食」でした。
私が、学校給食を辞めた理由はそこにありました。

息子が貰ってくる お給食の産地表・・・私的にそこの食べ物は今は無理って所をマーキングしていくと
うぉ!ってくらいに 黄色のペンなら 黄色にそまった産地表が出来上がりました。

また産地だけではなく、きのこや、れんこん等・・・多くの市民測定所が 出てるよーって言ってる物
また、チェルノブイリでも きのこは汚染が酷かった・・・と言ってる物
ばんばん出てました。

今でもキノコは出ています。乾燥シイタケからも出ています。蓮根も出ました・・・
それでも
その食材を出す・・・国の基準値100Bq/Kgなので大丈夫・・・と出すのは 変わらない厚木市の姿勢です。


少量だから大丈夫・・・・って言われても困るんです。
少量でも、測ったものから セシウムがでてるなら 少量だからこそ 使わないでいいじゃないですか
栄養価がどうとかって言われるかもしれませんが


少量なんでしょ?


セシウムが出たものは使わない・・・・で 何も問題がないと思います。シンプルでいいじゃないですか
厚木市独自の基準を決めてもいいんです。現実、松本市や札幌市のように、給食によって子どもたちを内部被曝させないってやってくれている行政もありますし。良い所は見習いましょう!!!

子どもたちの体に 無駄にセシウムを入れない・・・・シンプルにそれでいいと思うのですが・・・・

学校給食課さんのホームページでは 毎日測定したものが乗ってますね。


9/11日 蓮根から出てます。それを専門機関にだして、やっぱり出てます。
9/25日 マッシュルームから出てます。それも専門機関に出してやっぱり出ています。


少量だから 数値も低いから 大丈夫だよ・・・・・と そのまま給食で使われてます。

専門検査機関(ゲルマニウム半導体検出器)による再測定って奴なのですが 検出限界値が3Bq/Kgなんですね。
なので 3以上の数字しか出てこない。2.9Bq/Kgだと なかったことになります・・・って表記です。

これってゲルマニウムで測る理由は何なんでしょうね?・・・・

ゲルマニウムによる検査だったら もっともっと小さい数字まで見る事ができます。

とりあえず、出たからゲルマで確認してますーーーーーーーーぅ!って事でしょうか?
ゲルマで確認したけど 出たけど 食べてしまってましたーーーーーーーって事になってます。


厚木市・・・・本気かそれは?


厚木市の市議会を傍聴に行けばよくわかる事があります。
たとえば

専門家に聞きました。大丈夫だと言ってます。って事が多いのですが
その専門家って 何か保障なり、事実と違った場合には、責任なりを取ってくれるんでしょうか?

タイタニックの事故時

船長は大丈夫ですこの船は沈みませんと何度も何度もアナウンスをした
救命ボートで逃げ出す人もいた
でも多くのお客さんは、その船長の言葉を信じて、ダンスに興じていた
船が大きく傾いて 事実を知って逃げ出そうとしたが・・・・
助からない命が多かった。


チェルノブイリの土地に日本人医師としてメスを握った 松本市の菅谷市長

甲状腺がんの手術を終えた子どもの親の心情をこう語られています。


何度悔やんでも悔やみきれないあの事故当時のことが、今もなお脳裏から消え去らないにちがいない。

あのとき、外に出さなければ。
あのとき、キノコを食べさせなければ。
あのとき、森に連れていかなければ。

とにかく、自分を責めさいなむことばかりではないだろうか。それはいつしか悲しみや悔しさの涙となり、とめどなく彼らの頬を濡らし続けることであろう。いまさらいくら自分を責めたところでどうにもならないと、わかりすぎるぐらいわかっていても、我が子への不憫さはつのるばかりであろう。



厚木市は、そんなに空間線量も高くないし、子どもだって元気じゃない?
なんでそんな事ばかり云うの?
なんで不安にさせるの?わたしたちは楽しく 今まで通りに過ごしていたいのよ・・・・って人がいることは
理解しています。

そして、そんな人たちの気持を厚木市は市民の気持として受け止めているようです。
私たちのように
何かが有ってからでは遅い。
今、ここで、行政も私たちも一緒になって、子どもたちを被曝から守って行きたい・・・って人の声は
一部の保護者です。と何度も議会で語られています。

その一部の保護者が、大丈夫だよって保護者の子どもたちだって、被曝させてはいけない!と声をあげています。
原発事故はまだ収束をしていません。
また、国の基準値100Bq/Kgの食べ物は出荷されています。

何度も言いますが 被曝は累積です。
そして
どの子も同じ容量を超えて、健康を害するのではありません。
その子の限度枠は誰にもわからないのです。それこそ 神のみぞ知る・・・・の世界です。

私の子は大丈夫 私は大丈夫 今日も元気なのだから 明日もきっと元気・・・
それがずっとそうであるなら 本当に幸せな事だと 私は思います。

風邪をひいて寝込む人
明日から、風邪ひくから体調がわるくなるから・・・・なんて事を前の日に知っていましたか?
また
兄弟で同じ食べ物を食べ、同じ環境で生活をしていても
体調を崩す子がいたり 元気な子がいたり・・・です。


セシウムは毒です。ウランも、ストロンチウムも毒です・・・・。

それを微量とはいえ 毎日食べ続ける事を受け入れてしまっては 子どもの健康は守れません。

今もこの子は元気
明日もこの子は元気
将来もこの子は元気

そうするためには・・・・やっぱり 食べ物での内部被曝についてもう少し 考えてみる価値はあるかと思います。
厚木市にも大丈夫だよ・・・・って保護者の方にも もう一度、少し時間を作って
何が問題なのか?を考えていただくことは 出来ませんか?


だって、どれだけ汚染されているかなんてわからないじゃないの!って人もいるでしょうが

ネットの世界にはどんだけでも、その情報はあります。どうぞ・・・・調べてみて下さい。
そして

今回は、厚木市が金曜日測定を開始しました。どうぞ利用してみてください。

ただ
ひとつだけ

セシウム134 不検出 セシウム137不検出 に喜ぶのではなく
その検出下限値を知ってください。

検出下限値が 5Bq/Kgであるならば それは不検出ではなく、それ以下はいってる可能性はある。です。
スペクトル解析という表を読み解き、本当に大丈夫か?ってところまで 説明してもらってください。

騙されないで下さいね ND 不検出・・・の言葉に



関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

menu
メール
厚木市民測定室
日光関連記事
日光関連資料
日光の子どもを守る会PDF
早川マップ関連
給食課




お問合せ
メール
最新記事
カテゴリ
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。