はじめに お知らせ トピックス 学校給食問題 修学旅行問題
瓦礫問題情報 厚木市情報 愛川町情報 清川村情報 神奈川情報
気になる食品情報 市民測定室情報 安心食材 お弁当への道 座談会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

公立小学校の修学旅行先についての請願

原子力発電所の事故は現在進行系です。

残念ながら日本人は、専門分野の医療者でさえ、核について
詳しい勉強していません。
病院でも、今回の事故後の話を医療者の間でさえ、話されていないのが
現状です。先日厚木市立病院の友人に聞きましたが
医師の誰ひとりとして、放射線防御に関して、この事故に関しての話をされていないそうです。

ですが、私は医療者としていろんな方にお声をかけましたが、
個人病院の医師、民間の病院医師に
「よく医療者の中で、この問題に立ち上がってくれた」と話してくれます。

放射線を扱い仕事をするメンバーとして、
大きく声を出すことは立場的に無理だということも知りました。

去年、私たちは患者さんに「テレビで見たけど、あんたたちは、レントゲンでかなりの
被ばくを俺たちにさせてるらしいな。今回の事故は、たいしたことないけど
医療被ばくのほうがもっとすごい値らしいな」と何度も言われました。

その報道で、かなりの医療者が傷ついたはずです。事故で出た
放射線はたいしたことないけど、医療被ばくはもっとだという
報道が何度もなされたからです。線種が全く違うものだというのに。。。
原子炉が四つも吹き飛んだのに。対したことないって。絶対安全だって

どの顔で、どの人間が絶対安全だと、言えるのですか。。。。?




そして、教育の場でも人と違うことをすると
目立つしいじめにつながるので、子どものときから、無難に平穏に、生活しようとします。

その過去の日本の教育が、私たち日本人をダメにしました。現在奥ゆかしいのは、子どもの未来

孫の未来を保てません。

これは防災です。そして放射線管理に関しての法律違反への抗議。

そして、予防医学です。

汚染された食品が流通する日本は全国が、残念ながら、全国総被ばく者です。

長い闘いになります!!!遅くないです。声を上げ続けていきましょう!!!!

これは、公害なのです。

一泊だったら宿泊していいと。健康に問題がないと、除染が必要なところに
何も知らない子どもたちを行かせ、応援することは犯罪です。


そして、日本国全体の子どもたちは宝のはずです。

いい顔をして、一泊ぐらいだったら安全だから、行かせましょう。何も問題ないからと
言う言葉自体が、線量の高いとこで生活しなくてはならない子どもたちへの
差別の言葉です。

安全だというのであれば、除染などしなきゃいい。。。。。。。。


ぴーち@真船AAK




AAK請願第一号

【請願第1号】公立小学校の修学旅行先についての請願

明日、9月14日(金曜日)午前9時から、環境教育常任委員会にて。

AAKメンバーが五分ほど、常任委員会で発言されます。

議員さん、委員長さん、の前で市民が発言できるチャンスです。


たくさんの方々の傍聴をお願い申し上げます。

どうぞ、リツィートしてください。


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

menu
メール
厚木市民測定室
日光関連記事
日光関連資料
日光の子どもを守る会PDF
早川マップ関連
給食課




お問合せ
メール
最新記事
カテゴリ
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。