はじめに お知らせ トピックス 学校給食問題 修学旅行問題
瓦礫問題情報 厚木市情報 愛川町情報 清川村情報 神奈川情報
気になる食品情報 市民測定室情報 安心食材 お弁当への道 座談会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

厚木市の給食からセシウム検出 電話でお願い編

学校給食課にお電話しました。

れんこんからセシウムが出ています。使わないでほしいと伝えました。

職員さんのお返事は
厚木市は現在、国の基準値内であれば、出すと言う方針です。とのこと

国の基準値以内で出されては困る。
子どもたちは初期被曝をしている。厚木市は現在幸いにも 外部被曝に関しては数値が低い状態。
でも初期被曝があるからには
子どもたちの体がどの程度ダメージを受けているかが解らないので
今後、内部被曝によるダメージを与えて欲しくない。

厚木市の測定結果を見ると 9/11長ねぎ(群馬県産)
ヨウ素不検出 <検出限界値 3.42
セシウム134不検出 <検出限界値 5.03
セシウム137不検出 <検出限界値 5.41 と書かれている。

これはこの長ネギが放射能汚染されてないと言うことではなく、
ヨウ素は、今現在で出る可能性は低いので(再臨界してたら出ますが)セシウムだけで考えても

最大で、134→5.02 137→5.40までのセシウム汚染がある可能性はある。 合計で10.52セシウムが入ってる可能性はある。
そのことを伝えた。

給食課の職員さんはそれは そうです。理解しています。と答えてくれた。
少し安堵した
ここも いや 不検出だから入ってませんよ ゼロですよって言われたら 話が長くなる・・・し ややこしい。

れんこんの検出では、数字はしっかり乗せてくれている。
ならば
この不検出という文字に変えて、しっかり数字を出してはもらえないか?とお願いした。
もしかしたら
ゼロかもしれない。 もしかしたら下限値の最大値かもしれない・・・のは不親切だ。

厚木市の使っている機械であるなら それは可能だ。スペクトルまで出してもらえるなら 解る人には解る。←入ってるか入ってないか

スペクトルを出せとは言ってないけど・・・せめて数字は出してもらいたい。

それを見て、給食課の方も考えて貰いたい。と伝えた。
たとえば
群馬の〇〇で 毎回 その数値が出るのであれば産地を変える理由になるだろう。
たとえば
栃木の▲▲で 検出下限値が高く出てしまったけど、実は15Bq/Kgってものもあるだろう。

給食食材の全てを測ってる訳ではない。
もしかしたら 測ってない食材に高濃度のセシウムが入ってるかもしれない。
そう考えたら、測ったものから出たなら・・・使わないという選択肢も見えてくるのではないか?と話をさせてもらった。

職員さんは 使わない選択肢に関しては国の・・・といいながらも、測ってない食材にセシウムが入ってないかどうかは 解りません。可能性としてはあります。と答えてくれた。

だったら だったらですよ・・・・・・
何度も同じ会話が繰り返される。 

横浜や鎌倉では冷凍ミカンにセシウムが入っていたとの事でその食材は使わないという決断をしたじゃないですか
しかもこれは 今回のれんこんよりも数値は低かったですよ。
自治体で食品測定をしているところでは 数は少ないけれども 独自基準を設けているところがある。
他の都市にできて厚木市にできない事ないじゃないですか・・・って伝えた。

100Bq/Kg以下のモノは出しますに関しては これからも 陳情なり 請願なり 要望書なり 上げさせていただく。
そんな危険なものを食べさせていいはずがない・・・・。

毎日毎日お給食は食べる。仮に毎日合計5ベクレルを食べたとして
小学校一年生の体には 園児の体には 影響が出るかもしれないじゃないですか・・・・
だから、
せめて 測って出たものに関しては使わないでいいんじゃないですか? と 伝えた。

職員さんは 出ましたけど、そんなに大量に使うわけじゃないので・・・って言った。

れんこんがどうしても入らなければならない料理なんてない。
代替えとして セシウムが入ってない検査済みの「にんじん」でもいいはず。
代替えがないなら れんこんが入ってなくてもいい。

食べさせなくてはならない毒なんて いらない。

少しだから大丈夫で 子どもにタバコを吸わせるか・・・って話。
少しだから体には悪いけど タバコ一本 吸ってみるか?なんて 許されない話でしょ?

頂いたご意見は、上司に伝えます。との事
上司さんは 解って下さっているのかしら????


宜しくお願いしますよ。本当によろしくお願いします。信じてますから!


厚木市の学校給食課の方は こないだ測定見学会での対応を見ていると
かなり、誠意はあると私は思っている。
本当は、きっと・・・出したくないと思う。本当は、きっと子どもたちに安全な給食を届けたいと心から思ってらっしゃると思う。信じたい。

でも、結局は現場で知識を持って頑張ってらっしゃる方ではなく上層部で対策は決まるんだ・・・・
悔しいなーーーーー。
なんか 本当に悔しい。

その他数点

★測定時にマリネリに食品を入れた後に、サランラップで蓋をしたほうが良いのではないでしょうか?って 見学会で伝えていた。

これに関しては、メーカーさんに確認をしたのだが、それは必要ない。との回答だったと。
アドフューテックさんですか?と聞いたら
違うと・・・・違うメーカー どこかは教えてくれなかった。

でしたら、アドさんに聞いてください。同じ機種を取り扱ってらっしゃるのだから
見解が違うかもしれない。
その見解を聞かれた上で、現場判断で サランラップを掛ける事くらいは出来るだろうから・・・
適切と思われる対策をしてください。

職員さんは、解りました 確認をしてみます。とおっしゃった。
また、その返答と対策がどうなったかまでを 連絡してくれると約束してくれた。

★測定器の設定場所について
厚木市の測定器は窓際の陽の良く当たる場所に設置されている。 これはエラーに繋がりませんか?と指摘をしていた。
現実、エラーが多いのが厚木市の測定器。

これは、納入時にメーカーさんが来て、あの場所で問題はないと あの場所が適切だと判断したんですよとの返答。
納入したのは3月の事、3月と、夏では日光の刺し加減は違うでしょ・・・と思う。

放射能測定器は、精密な機械でデリケートな機械。

通常、電子機器 パソコンだって日光がさんさんと当たって温度上昇する場所に置かないでしょ?って話をした。

この事も、メーカーさん アドさんどちらにも
保護者の方で煩い人がいて それを主張しているけど、問題ないよねー?って 聞いてみて下さい。
そして、いやそれは あまりよくありませんよ・・・・って事なら対応してください。とお願いした。

多くの市民測定室は、検出下限値を下げるために、遮蔽をしたり、温度管理をしたりしてますよ。
行政の方が 民間に聞くってのも なんか嫌かもしれませんが
どの市民測定室でも、厚木市と名乗らなくても、日の当たる場所におかないんですか?どうしてサランラップかけるんですか?って聴けば
快く理由を説明して下さいますよ。


本当にお願いします。せっかく、二台も機械があって、エラーばかりじゃもったいないじゃないですか
もうすこし工夫をして、有効に活用しましょうよ・・・・と伝え


名前と電話番号を伝え、これからも電話しますとも伝え(嫌だろうけど・・・)
メーカーさんに聞かれたお話しと 測定現場の方がそれを受けてどのようにされるかを教えて下さいとお願いした。


ここまでで、本当に100Bq/Kg以下は出します以外の話に関しては
とても信頼のおける人物だと思った。
現場で出来る事 出来ない事・・・ワタシにも理解できる。
お勉強もされている。

私も、厚木市が給食測定に関しては頑張ってくれていると思っている。
ただ、もう少し検出限界値を下げ、全ての数値を公表し
さらに
仕入の時に、産地を気にして欲しい・・・どうしても関東・東北・甲信越の食材では気になる数値があるのであれば、
その食材は西の方面から仕入れるという決断もしてほしい。

これからは キノコの時期になります。きのこは優先して測定してください。避けないで欲しい。

厚木市で仕入ができる部分だけでも(牛乳・お米・パン・麦は・・・県が納入業者を決めている)
子どもたちへ汚染されたものが出されないようにして下さい。


以上のような内容で電話をしました。


厚木市には放射能対策を決める人たちがいるそうです。
今回の意見は、その方たちに報告して下さるとの事。


厚木市民の皆さん きっと その他の自治体もそうでしょう。

今日くどく 何度も言うようですが・・・

給食問題も 修学旅行問題も 不安に思っている。 子どもたちを被曝させないでほしい。
このふたつだけでも いいんです。
行政に対して、今のままを 容認し、受入れ、信頼しているのではないですよ・・・不安に思ってますよ。と伝える事が

貴方の子どもを 放射能の被曝から守る・・・一番の近道だと思います



AAKでも陳情をあげはじめ、訴えつづけておりますが(厚木市)

私たちだけが 動いていても 「一部の母親 一部の保護者」として扱われます。
難しい知識はいりません。
いろいろと説明を受けて 理解出来る事もあるでしょう。理解できない事もあるでしょう。

不安なのだ! ただ それだけでいいんです。 

今回、私は自分から連絡が欲しいと 名前と電話番号を伝えましたが
どこのだれそれ なんて事は聞かれません。

どうぞ・・・ちょっとだけ勇気を出して、自分の子どもを守るアクション!始めませんか?

行政はきっと受け止めてくれます。
市民あってこその 行政です。


そして、行政だって、子どもを被曝させたいって思いはないでしょう。

日光市への修学旅行の問題にしても、きっと そんなに被曝しないと思っているから 日光市ありきなんでしょう。
そこはちょっと違うんですけどね・・・。被曝はします。だって私たちの子どもが暮す場所よりも汚染は深刻で
日光市では公共施設の除染を行っています。

除染をしなくてはいけない場所に・・・子どもたちを 今 送り出す必要はありません。






関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

menu
メール
厚木市民測定室
日光関連記事
日光関連資料
日光の子どもを守る会PDF
早川マップ関連
給食課




お問合せ
メール
最新記事
カテゴリ
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。