はじめに お知らせ トピックス 学校給食問題 修学旅行問題
瓦礫問題情報 厚木市情報 愛川町情報 清川村情報 神奈川情報
気になる食品情報 市民測定室情報 安心食材 お弁当への道 座談会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

厚木市の給食からセシウム検出

★れんこん(茨城県産)

セシウム137 4.29Bq/Kg セシウム137 6.27Bq/Kg 合計 10.56Bq/Kg

さてこれをどう考えますか? れんこん1キロも食べないから大丈夫って思われますか?
この数値は・・・AAKにとっては衝撃の数値です。

今日は厚木市の給食測定について少しだけお話しします。
厚木市の給食測定器は、AAKが利用させてもらってる 座間市民測定室と同じ機種 同じ会社です。

座間の市民測定室に行かれた方は解ると思うのですが
この測定器に関して、室長は繊細な取扱いをされています。

厚木市の給食の測定器は 陽射しがガンガン当たる場所に置かれていて・・・検体を入れるカップをそのままいれます。
座間市民測定室では、検体を入れるカップは必ずサランラップ上にかけて、機械への汚染や、機械の汚れを防ぎます。
私たちが見学に行った時の厚木市のデータはエラー
またAAKの若いママさんが見学に行った時もエラーだったそうです。

感想:そらエラーもでるよ・・・・

追記:サランラップをかけてないから機械が汚染されているとは思っていません。(質問がありました)
もうすこし工夫して使っていただければいいのにな・・・・と思いました。
市民測定室の多くは正しい数値をより早く出すように 最新の注意を測りながら計測をし、遮断をしながら頑張っています。
行政の方も、勉強をして頂きたいと願っています。
給食測定の見学会の席で、そのことを伝え、参考サイトなどあったら教えて下さいと言っていただけたので、その部分についての資料を制作してお伝えしなくてはと思っています。



測定に関しての愛がないと思った。測定のプロがいるわけでもない・・・
機械のバージョンは上がったのに、古いバージョンのまま
もうすこし、よりよい測定をしたいって思って下さったら 防げるエラーもたくさんある。

そんな感じ・・・子どもを守るぞ!って気持ちの私たちと 
お仕事だからねの厚木市の違いの表れだと私は思いました。

さてそんな中で、測定をしているわけですが
検体を測定器にいれる前 カップに入れるところまでは 頑張ってらっしゃいます。
あと少し・・・あと少し・・・だと私たちは思っています。
厚木市は、頑張る気持ちはある自治体だと信じています。(給食)


まずは測定器を使いこなしてほしい。
測定時間がなぜか20分と言うことですが たった3品しか測定されないんであれば 2台あるのですから 測定時間をせめて30分にしてほしい。

そして

不検出ではなく数値で示してほしい。検出限界値が時間の都合でどうしても高いのであれば
せめて数値で示してほしい。


数値で示していただければ、不検出という文字ではなく、セシウムの有無がわかります。
不検出=セシウムがはいってない=安全では決してありません。

一緒に測定見学をした男性が言ってました。100ベクレル以下が出たばあいに
給食に出すのであれば 何の為に検査をしているのか?

全くその通りです。

今日、川崎市の安部市長が セシウムを検出しても給食で使うとの発言をして
ツィッターで多くの人に叩かれています。

厚木市も この数値が ツィッター等で出回り始めました。・・・・


胸を張って、私の住む厚木市は子どもにセシウム入りの給食は出さない!と言いたいものです。
残念です。

みなさん、沈黙は暗黙の了解となります。セシウムが検出された食材は使わないでと思っている方は
是非・・・厚木市にお伝え下さい。

厚木市はきっと聞いて下さると信じて!!!! 厚木市以外でも 横浜や鎌倉など、セシウム検出した食材は使わないという行政はあります。
良い所は見習うべきじゃないでしょうか???

http://www.city.atsugi.kanagawa.jp/shiminbenri/kosodatekyoiku/education/anzen/d018240.html
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

menu
メール
厚木市民測定室
日光関連記事
日光関連資料
日光の子どもを守る会PDF
早川マップ関連
給食課




お問合せ
メール
最新記事
カテゴリ
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。