はじめに お知らせ トピックス 学校給食問題 修学旅行問題
瓦礫問題情報 厚木市情報 愛川町情報 清川村情報 神奈川情報
気になる食品情報 市民測定室情報 安心食材 お弁当への道 座談会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

清川村の修学旅行

清川村には小学校が2校あり、
1校は人数が少ないために修学旅行は
アンケートをとり、行き先を決め
2年に1度行くようになっています。

もう1校はいつも日光に行っています。

日光は厚木市、清川村の除染基準
0.19μSv/hを越えている場所が
多く、そのような場所に修学旅行で
行くことについて、笹原議員は村議会で
何度か問いかけて下さっています。

9月1日に清川村の広報誌と共に配布された
「きよかわ議会 第153号」の6月定例会
一般質問から・・

6月一般質問


農産物、給食の検査等に対して「前回の質問から
3ヶ月、機器会社の対応が5月末ということは
、村のその姿勢に緩みがあるのでは」との
笹原議員の質問に対し、村長の「厚木市、
県と協力しながらの対応で苦慮していることを
ご理解願いたい。県下で学校給食の放射性物質の
独自検査を実施しているのは12市3町」の回答。

その後の笹原議員の言葉・・・

「全県中何市何市町という話は我が清川村の場合
には当てはまらないと考えます。なぜなら放射線
値が高いのは、県内でも一部の地域であり、そこに
村は含まれているというのが一般の理解です
。であるなら、そこに住む住民の安心と安全を守り、
住民の不安は取り除くことを第一義に考えて頂きたい。
そしてそれが風評被害を根絶する方法であると考える。」

 住民の不安な気持ちを代弁して下さっています。

その後村長「県も本格的な検査体制を構築しつつあり、
村も新たな検査機器の購入を含め、対応したいと思います。」

 新たな検査機器の購入!!!さすが大矢村長!!
 ありがとうございます!

その後笹原議員「この問題、見えないが故に、その
危機感を十分に認識しない住民も多いと思います。
それでも将来の『住民の暮らしは我々が守るのだ』
という気概を持って行政が取り組むべきと考えます。」
 
 国まかせや県まかせではなく、村は村独自の検査基準を決めて
 やっていただき、ベクレルフリーの農産物、観光地
 を目指していけたら観光客も安心して来てくれること
 でしょう。村が子どもが安心して暮らせる村を目指して
 いることがわかれば移住者も増えるのではないかな、と
 思います。

大矢村長は子どものことを考えてくださる村長です。

「親、大人の安心より 子どもの安全」を考える清川村。
そうなってほしいと思っています。

清川ねぇさん


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

menu
メール
厚木市民測定室
日光関連記事
日光関連資料
日光の子どもを守る会PDF
早川マップ関連
給食課




お問合せ
メール
最新記事
カテゴリ
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。