はじめに お知らせ トピックス 学校給食問題 修学旅行問題
瓦礫問題情報 厚木市情報 愛川町情報 清川村情報 神奈川情報
気になる食品情報 市民測定室情報 安心食材 お弁当への道 座談会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

厚木市南部学校給食センターでの放射性物質測定見学会に参加してきました。

学校給食の安全性を知ってもらおうと厚木市は22日、市南部学校給食センター(船子602-7)で給食食材の放射性物質測定見学会を開催しました。参加した市民らは、市の職員が実施する測定作業などの様子を真剣な表情で見つめていました。.

 見学会は、昨年の東日本大震災による福島原子力発電所の事故の影響で、放射能汚染などの不安や食に対する安全意識が高まっていることを背景に実施。給食食材の安心と安全について実感してもらうことを目的に、今回初めて市民を前に実際に測定方法などを見てもらいました。.

厚木市ホームページより。。。。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

前半はAAKのminakiちゃんが、見学に行って
取材を受けられたそうです♪

NHKは夜のニュースで流れたとのこと。。。残念ながら見逃してしまいました。

私、ぴーちとかぼちゃんは後半の24日(金)に行ってきました!

kilyuushilyoku+191_convert_20120825153104.jpg


計測機器

ATOMTEX社(ベラルーシ共和国)のAT1320A

1検体あたり、検出限界3.7ベクレル/kgまで検査できます。

設置場所

南部学校給食センター

対象 小学校23校、中学校13校の学校給食と公立保育所6か所の給食で使用する食材および
調理後の給食を対象とする。

検査品目、検査回数及び、検査下限値

検査品目について、学校給食の食材は、保険給食課長が決定し、保育所給食の食材は各所長が
決定する。
検査回数について、週5日の内、学校給食で2日(火、木)
保育所等で、2日(月、水)予備1日とし、1日あたり5品程度を目安に実施する。

検査下限値については、4月から1か月分まとめて文書にて保護者にお知らせするほか
メールマガジン、市ホームページで公表する。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これは群馬産のキャベツだそうです。
細かく切って、最後はフードプロセッサーでもっと細かくして計測時に
隙間ができないようにします。

kilyuushilyoku+192_convert_20120825152100.jpg

このあたりまで市民測定所で見ている風景です。

置き場所が。。。。日が当たる窓際となっていますが。。。

ちょっと精密機械なだけに心配なところです。



kilyuushilyoku+194_convert_20120825153456.jpg



測定時間は20分だそうです。だいたい一日三品目。

主要には多く子どもが口にするものだそうです。

せめて、30分に増加して、三品目をお願いできないか?と

お願いしてきましたが、時間を午前中にして、もし基準値以上だったら
使わないで、食材を交換する方向なので、間に合うよう、午前中に
すませたいからとお話しくださいました。

過去、出やすい食品ではなく、佐賀県産のタマネギは2回、
徳島県産のニンジンは4回も測定されていまるのはどうしてか?と
質問しましたら

子どもが多く口にいれる食材を計測すると、教育委員会と給食課で決定したそうです。

そこには校長会や、直接子どもたちと関係する先生の意見は入ってないようでした。

kilyuushilyoku+198_convert_20120825153650.jpg

最初はエラーなどもあり、エラーで時間のロスがあったそうなので
かぼちゃんより、遮蔽の話や、置き場所、空調の調節などを
話しされると、座間での市民測定室の話などを
興味ふかく聞いていらっしゃりました。

行政の方々へぜひ、お勉強がてら、市民測定所へ行ってくださいっていうと。。。
なかなか行きにくいものなので、ぜひ。。。
一緒にご飯でも食べながらとお誘いいたしました。

すみません。。。私たち最強に話していました。
だけど、大人としての責任を取りたいのです。
一緒に。。。

私たちは、厚木市の大事な職員のみなさんを攻めるわけではないのです。

国と戦わなくてはいけないのです。



9e14ae62-s.gif
「放射能汚染による格付け  NPO法人食品と暮らしの安全基金より・・・」

計測して目でみて、汚染地域のものでも、
安全だと安心できる食材が摂取できるようになりました。
また、計測してやはり汚染地域で土壌より移行しやすい食品から
セシウムが検出されることを
知りました。

子どもたちが食べるおやつも安心だと思える本もたくさん出てきました。
外食チェーン店のものを計測してくださる方々も増えました。

そうやって自分で知らべて安心できるようになってきたのです。

厳しい意見もあったかと思います。
日々忙しくて
1ベクレルの意味もわからないのに
いろいろ質問してしまいごめんなさい。

みなさん、いい方ばかりです。厚木の人がいい人ばかりだから
ここに住んでるのです。行政の人がいい方ばかりなのを知ってるから
助けたいのです。わかってください。

「国の基準は、100ベクレルなので、100より少し低い値が出ても食材として
出します」

と、おっしゃったので

「1ベクレル食べさせる。100ベクレルだけど国が決めてるから大丈夫
の意味がわかりますか?
細かく刻むからダイジョウブ。
食材で、出しちゃえって
できますか?
私がレストランのオーナーだったら、数字が見えたものに関しては
子どもに食べさせることなどできません。

よく、たばこの方が害がある。農薬のうほうがもっとだ。。。と
言われる方がいますけど
今回ここにいる人の誰も悪くない。。
爆発によって毒がばらまかれたのです。
だんだん、保障賠償問題になってくるでしょう。これは公害なのです。
このまま、汚染を放置して、
子どもたちがいなくなってしまったら、日本人がいなくなってしまうのです。

その問題を一人一人がどう思っているかが大事です。

そういう思いで食に携わってほしいのです。

もし、業務が大変なら(だって実際いる人がかなりの負担ですよね)
上の方にお願いして、半日、測定員で来てくれる人を募集すればいいのです。
市長さんにお願いしてください」

そうお願いしてきました。

かぼちゃんがお願いしてくれた、主食のお米や牛乳、パンは業者で調べてくれてると
おっしゃったので、より安心できるよう、
ネットや記事で公表してくださいという声もその場では答えることはできないですが
と。。。意見として聞いて下さりました・・・

そしてそこで出会うことができた、保護者の皆様も同じようにいろんな意見を言ってくださいました。

「国の基準100ベクレルの食材を子どもに提供してしまうのならば
なぜ、この機械を購入したのか・・・」

そのご意見は本当にみんなが思っていることです。

松本市は国の基準などあてはめず、市で独自の基準を設けています。





松本市サイト


そして、北海道札幌市の市教委でも4ベクレル/kgの食品が出た場合は
その食品は出していません。

札幌市サイト

厚木市でもやはり基準を設けるべきなのです。

頑張ってほしい。厚木市の行政のみなさん。心がある方たちなんだと会えてよくわかったのですから。。。

また、ぜひ見学の機会を設けてくださいね★心待ちにしています。

そして、保護者の皆様、パプコメや直接メールなので、要望を出してみていただけるそうなので
ぜひぜひ、いろいろご意見を出してくださいね♪

ぴーち@AAK
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

さかさんへ★

こんにちわ★せっかくAT買っていただいたのに、
それでも国の基準の100ベクレルは出しますとおっしゃったとき
shockでした。子どもは選んで食べることはできません。
だんだん、この世の中、汚染されたものばかり出回り、
いつしか、国の事故後まだ一年半しかたってないのに
何でもなくなっていく様子が怖くてしかたないです。
南給食センターでは中学生に福島原乳が出るようになりました。
うちは中学の子はお弁当ですが、牛乳は厚木では計測してくれていません。。
業者任せです。ということは、50ベクレル以下だったら出回るということなんですよね。
しかもストロンチウムが一番恐怖なのに計測していない。さかさん。。。
座談会します~ぜひいらしてね★

No title

座談会からご無沙汰してしまいました。見学行けず残念でしたが、ピーチさん達の報告で内側の事情も読み取ることができました。それでも10ベクレルは高い。。今月は候補に福島産もさらに増え、どれだけ意見しても本当に私達親の心を分かってくれはしないんだと落胆しています(>_<)
menu
メール
厚木市民測定室
日光関連記事
日光関連資料
日光の子どもを守る会PDF
早川マップ関連
給食課




お問合せ
メール
最新記事
カテゴリ
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。