はじめに お知らせ トピックス 学校給食問題 修学旅行問題
瓦礫問題情報 厚木市情報 愛川町情報 清川村情報 神奈川情報
気になる食品情報 市民測定室情報 安心食材 お弁当への道 座談会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7/12日 気になる食材

7/11日 出荷制限

厚生労働省のページで、出荷制限が更新されていたのでご紹介します。
これを見ると・・・うー・・・ですね。

この出荷制限の項目を見ると、ここに分類されている農作物は、国の基準値を超えると確認されていると言うことだと思います。

また出荷制限のかかってる都道府県
福島 茨城 栃木 千葉 神奈川(茶)群馬 宮城 岩手

その制限の内容は異なりますが・・・項目は大体同じになってますね。これから何かが見えてくるような気がします。


//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

7/11日付の厚生労働省の資料から
気になる食材

自治体から入手した放射性物質の検査結果
北海道、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、千葉県、千葉市、東京都、杉並区、横浜市、横須賀市、新潟県、新潟市、金沢市、
山梨県、静岡県、愛知県、京都府、京都市、大阪市、香川県

※基準値超過(1検体) 宮城県産イワナ(Cs:230 Bq/kg)

7/11日 厚生省発表 検査結果をご確認ください(PDF:177KB)


その他のAAKが気になる食材なのですが

日光市【湯ノ湖】
カワマス 17  ニジマス 7.9  ホンマス 14   ヒメマス 18 (単位:Bq/Kg)


また 気になるって言ったら気になるのが 牛肉などの非流通品が 検出限界値25Bq/Kgで数値表示なし・・・・だったり
京都府が調べた鹿児島や北海道の牛肉の検出限界値が50Bq/Kgで数値表示なし など・・・

こちらは非流通品全島検査の結果のようですが・・・各自治体の検査で数値が揃ってない事も含めてその検出限界値の高さも気になる所です。


そして、最後のページにあるのですが
検査しているのは、香川県 産地は宮崎県 出荷は群馬県・・・って表記も消費者には解りずらいなぁ~と思いました。



緊急時モニタリング又は福島県の検査結果

 ※基準値超過(20検体)
 福島県産
アイナメ         (Cs:460、170 Bq/kg)
 エゾイソアイナメ(ドンコ)(Cs:230Bq/kg)
 コモンカスベ       (Cs:510、260 Bq/kg)
 シロメバル        (Cs:320、640 Bq/kg)
 ニベ           (Cs:120Bq/kg)
 ババガレイ(ナメタガレイ)(Cs:640、110、130Bq/kg)
 マアナゴ         (Cs:290Bq/kg)
 マコガレイ        (Cs:250、130 Bq/kg)
 マダラ          (Cs:170Bq/kg)
 マツカワ         (Cs:140Bq/kg)
 ヒラメ          (Cs:200Bq/kg)
 ムシガレイ        (Cs:500Bq/kg)
 アユ           (Cs:170Bq/kg)
 ヤマメ          (Cs:420Bq/kg)


どれも、凄い数値をマークしていますが、赤文字のものは・・・本当に「バカ高い」
これまで、AAKでお知らせしているものを ずっと見ている方はお気づきかもしれませんが
カレイ・ヒラメなど、川底にいるお魚の数値は・・・安定して高い(謎)です。

そんな中で、気になるニュースがありました。
読売オンライン:福島 ヒラメ放流

記事内容転載


◇将来への5万匹

相馬市の松川浦漁港で10日、東日本大震災後、初めてヒラメの稚魚5万匹が放流された。津波で損壊した稚魚育成施設は、原発事故で警戒区域となり、復旧工事もままならないため、新潟県水産振興協会の施設を間借りして稚魚を育てた。

津波被害を受けたのは、県が大熊町に整備した「ヒラメ栽培漁業振興施設」。震災前は、漁業者らが出資する財団法人「県栽培漁業協会」が施設を運営し、毎年、相馬市など県内7か所から計約100万匹の稚魚を放流してきた。

この日は、相馬市の松川浦漁港に新潟県から稚魚5万匹を載せたトラックが到着。漁船2隻に載せ替え、500メートル沖に放流した。稚魚は体長5~6センチで、1年半で約30センチの大きさに成長するという。12日に残りの5万匹を放流する。

県沿岸のヒラメは規制値を超える放射性セシウムが検出されたため、6月22日に政府が出荷停止を指示している。

県水産課の渡辺史夫主幹は、「漁業の将来のために稚魚の放流を続けることにした。放射性物質がヒラメの体にどのように蓄積していくのかを調べるのに、貴重なサンプルにもなる」と話している。

 県によると、2010年、福島県のヒラメの漁獲量は771トンで全国2位だった。

(2012年7月11日 読売新聞)



合計10万匹のヒラメを放流し、放射性物質がヒラメの体にどのように蓄積していくかを見る為の放流だとされています。


サンプルの為に10万匹・・・・その10万匹が どれくらい 大きくなって、収穫できるのかは 解りませんが・・・絶対に、その目的(放射性物質の蓄積サンプル)としてに留めて頂き、
流通経路に乗らぬことを心から願います。 本当に、本当に心から願います。


//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


AAKの食品測定を一緒にやってる方からの情報では、厚木市のあるスーパーでは 放射能測定していますというポスターがあるそうです。
ので電話してみましたが・・・・解る方がいらっしゃらないとの事で、現在調べてもらっています。

販売される方の意識が高いお店だと嬉しいです。・・・もし、良い情報でしたら また 分かった時に記述させていただきます。
それでは・・・・ちょっと・・・安心とは違うわ・・・という形でしたら、お店の方に「頑張ってください」とお伝えしておきます。

でも、こうやって、独自に食品測定をしなくてはいけないという気持ちがある販売店が出てきたことは とても素晴らしい事だし、嬉しい事だと思います。



かぼ

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

menu
メール
厚木市民測定室
日光関連記事
日光関連資料
日光の子どもを守る会PDF
早川マップ関連
給食課




お問合せ
メール
最新記事
カテゴリ
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。