はじめに お知らせ トピックス 学校給食問題 修学旅行問題
瓦礫問題情報 厚木市情報 愛川町情報 清川村情報 神奈川情報
気になる食品情報 市民測定室情報 安心食材 お弁当への道 座談会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大津市のいじめ問題・・・・

大津市のいじめで自殺してしまった子の問題が、連日テレビで報道されています。
偉い方たちが・・・テレビで
けしからん!何をやってるんだ学校は!何をやってるんだ教育委員会は!と言ってます。


保護者としていろいろと考える事はあります。
もし自分の子がいじめられたら・・・・
もし自分の子がいじめる側だったら・・・・

私も、息子とその話をしてみました。

息子は、いじめがそこまでになったら、逃げるしかないと言ってました。

でも、逃げる事が出来なかったら?ママにもパパにも言えなかったら?と聞くと

うーん・・・と考えてしまいました。


おさかな博士のギョギョギョの さかな君のコメントで
こんなコメントがあります。

おさかな君のコメント asahi.comさんより


いじめられている君へ


広い海へ出てみよう   東京海洋大客員助教授・さかなクン

 中1のとき、吹奏楽部で一緒だった友人に、だれも口をきかなくなったときがありました。いばっていた先輩(せんぱい)が3年になったとたん、無視されたこともありました。突然のことで、わけはわかりませんでした。
 でも、さかなの世界と似ていました。たとえばメジナは海の中で仲良く群れて泳いでいます。せまい水槽(すいそう)に一緒に入れたら、1匹を仲間はずれにして攻撃(こうげき)し始めたのです。けがしてかわいそうで、そのさかなを別の水槽に入れました。すると残ったメジナは別の1匹をいじめ始めました。助け出しても、また次のいじめられっ子が出てきます。いじめっ子を水槽から出しても新たないじめっ子があらわれます。

 広い海の中ならこんなことはないのに、小さな世界に閉じこめると、なぜかいじめが始まるのです。同じ場所にすみ、同じエサを食べる、同じ種類同士です。

 中学時代のいじめも、小さな部活動でおきました。ぼくは、いじめる子たちに「なんで?」ときけませんでした。でも仲間はずれにされた子と、よくさかなつりに行きました。学校から離れて、海岸で一緒に糸をたれているだけで、その子はほっとした表情になっていました。話をきいてあげたり、励ましたりできなかったけれど、だれかが隣にいるだけで安心できたのかもしれません。

 ぼくは変わりものですが、大自然のなか、さかなに夢中になっていたらいやなことも忘れます。大切な友だちができる時期、小さなカゴの中でだれかをいじめたり、悩んでいたりしても楽しい思い出は残りません。外には楽しいことがたくさんあるのにもったいないですよ。広い空の下、広い海へ出てみましょう。
(朝日新聞2006年12月2日掲載)



この記事は、前にも何度も読んだことがある記事でした。 

AAKのブログを読んでくださってる方の中にも、いろいろなご意見があるかと思います。
放射能のお話しではありませんが・・・・

子どもを守るという視点で・・・この問題も大切な問題だと思い、書かせていただきました。

現在、大津のこどもの虐めの問題は、警察による 学校の調査が行われています。
マスコミが騒ぎ、関心が高くなれば、こうやって、事象が動く・・・・・・・・。
でも、失った命は戻ってきません。
それが一番辛いですね・・・・・・。

いじめの問題は 誰にとっても「他人事」ではありません。
自分の子どもが おもわず どちらか側になってしまう・・・・事もあるかと思います。

そうならないように、保護者として大人として 子どもの変化には敏感でありたいと 個人的に思っています。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨日、横浜市・関内で マザールさん主催の「放射能対策講座 第二段」が行われ、
AAKもそのスタッフとして四名で参加してまいりました。

その後、横浜市で精力的にこの問題に取り組んでらっしゃる 小学校の先生に 日光への修学旅行を変更する事は可能なのか?と質問をしてみました。

その先生がおっしゃるには

何度でも、たくさんの保護者が、不安を訴えれば、可能。とのお返事でした。

基本的には、学校長判断ってことになっているのだから、その学校の保護者が声をあげれば可能です。との事です。


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ぴーちさん。ありがとうございます。
周囲とのギャップに
時々見失いそうになるので
ここにきてまた取り戻す。。。といった感じです。
いつもありがとうございます☆

No title

くるみちゃんへ

私もそう思います。殺伐とした雰囲気。。。
わかります。

でも、こんな世の中に、絶対負けたくないんです。がんばりましょう~

子どもに、自信を持って生きるということを教えていきたいのです。
いい子だけではいられない。そう思ってるの。
憎まれても叩かれても真実を話したい。

他人事じゃない命の問題だもんね★

No title

放射能問題と無関係なようでいて
何故だか妙にリンクしているような気がして
このニュースを見ていました。

そして先ほど知った
「溺れさせられている生徒を見物人達が笑いながら動画撮影」というニュースも。。。

子を持つ親にとったら
人事じゃないですね。本当に!

そして私の親は今、介護現場で働いているのですが
話しを聞くとそこでおきている問題も何故だか放射能、いじめ問題とリンクしていて。。。

根本はどれも一緒で
今日本人が抱えている問題なのかな。。。。

自分の身は自分で守る
やられたら やり返す
逃げなきゃ殺される

そしてなにより無関心。。。

なんだろう この殺伐とした環境。。。

子供を守れるだろうかと本当に不安になります。
menu
メール
厚木市民測定室
日光関連記事
日光関連資料
日光の子どもを守る会PDF
早川マップ関連
給食課




お問合せ
メール
最新記事
カテゴリ
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。