はじめに お知らせ トピックス 学校給食問題 修学旅行問題
瓦礫問題情報 厚木市情報 愛川町情報 清川村情報 神奈川情報
気になる食品情報 市民測定室情報 安心食材 お弁当への道 座談会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

言葉の意味が解って発言されてますか?細野大臣



宮城県の県議会では、全会一致(すばらしい)で瓦礫の広域処理は必要ないと言っている。

広域処理には根強い反対がある。・・・・・・・・・・というさわりで始まったモーニングバード。

この番組の中で、細野大臣ははっきりと言いました。

木屑など【家屋の倒壊ゴミ等】には六価クロムやヒ素が入ってるから埋め立てられない。
六価クロムやヒ素は猛毒です。・・・・と

これは神奈川を瓦礫から守る会での 何度も、叫ばれていた事です。
それは 様様な場所で指摘されてきた事です。


埋める事もできないほどの 猛毒を含む木屑を
どうして、全国に拡散し、普通の一般の焼却炉で燃やそうとするのか?

細野大臣は、これについての説明はしませんでした。



何度も言います。

埋める事ができない程 汚染されているんですよね?
では
何故それを 燃やすという発想が出来るのですか?


細野大臣は、六価クロムやヒ素という言葉、猛毒という言葉は使いましたが
セシウム・プルトニウム・ストロンチウム・ウラン などの言葉は使いませんでした。
あたかも
その瓦礫には それらの危険な放射性物質は含まれてないかの如くです・・・・

含まれてないのでしょうか???
含まれていますよね・・・・

含まれていても バグフィルターというもので、99.9%除去できるから大丈夫と環境省はいいますが
バグフィルターって

こんなんですよ・・・・

しかも、各メーカー 放射性物質の除去を謳ってるところはありません。
だって・・・・その為に開発された者ではないんですの・・・・


これで 六価クロムやヒ素を・・・捕まえるのか? 放射性物質を捕まえることができるのか?

うーんんんんんんん。

細野大臣 パンドラの箱を公共の電波であけてしまいましたね・・・・・。
やっぱり、広域処理って 本当の目的は別にあるんじゃないですか?

先ほど ツィッターで私に大阪の市議会議員さんが こんなことをおっしゃいました。

細野さんは瓦礫に六価クロムやヒ素が含まれていることを認めました。となると大阪では除去するまで受け入れられません。市長が有毒物は取り除くとしているので・・・

おおぉぉ 大阪の瓦礫処理を細野大臣が止めてくれるのね・・・って感じですね。
北九州も本格的な処理は8月からなので、同じように・・・考えたら 安全な瓦礫ではないと大臣自らいったのですから 燃やしてはなりませんね。埋めてもなりません。

危険なものは、どこであろうが、危険なのですから。

じゃぁ・・・・その 危険なものはどう処理するのか?ですが

津波から「人」を守る 森の防潮堤だそうです。
前にもご紹介しましたが もういちど



関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

menu
メール
厚木市民測定室
日光関連記事
日光関連資料
日光の子どもを守る会PDF
早川マップ関連
給食課




お問合せ
メール
最新記事
カテゴリ
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。