はじめに お知らせ トピックス 学校給食問題 修学旅行問題
瓦礫問題情報 厚木市情報 愛川町情報 清川村情報 神奈川情報
気になる食品情報 市民測定室情報 安心食材 お弁当への道 座談会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日光市の汚染マップ(土壌)

日光市の土壌検査をしてください!

日光市は土壌検査してません。のでねぇ~・・・・って感じだったのですが

早川マップの早川先生が 先ほどツイッターでツィートされていたのでご紹介します。
栃木県の土壌セシウムマップ

あれあれ・・・これなら 除染が必要ってのも 頷けますですね・・・
そして、これでも なお「安全!」って言ってくれる・・・事に 私は
たしゅけてーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーと思ってしまいます。


これは農地の土壌汚染ですが、この図を見ると・・・農地以外もやっぱり調べるべきじゃないですか?と思いますね。
これとセシウムの分布図を重ねて
その後に、除染対象地域を重ねて考えると

やっぱり・・・この土地で「水も食べ物も空気も安全」なんて言ってはいけないのだと思いますし
またそれを、うのみにして「自分の生徒を修学旅行に送り出す」という学校長の判断に首を傾げずにいられません。


厚木市に提出した陳情に対する、教育委員会の説明では
データ(教育委員会が計測した空間線量)などを与えただけで、あくまでも、修学旅行先は校長先生が決める。との事でした。

校長先生に選定責任があると言うことになりますね。

伊勢原市では昨年度 10校中、9校の小学校が、修学旅行先を日光市ではない場所へ行ったそうです。
これは、学校長判断で修学旅行の選定が行われたという結果だとAAKは思っています。

厚木市・愛川町・清川村の小学校の校長先生は どうして みんなで手をつないで・・・日光なのか?

校長先生が決めていいはずなのに・・・  どうしてなんだろう? 何故なんだろう?

そして、保護者たちも、学校長の丁寧な説明を受けて誰一人「大丈夫ですか?」と言わなかったとの報告も教育委員会からなされました。(厚木市)

保護者達は知らないのでしょうか? それとも 学校長を信じているのでしょうか?
放射能の害なんて二日間程度ならどうってことないさ・・・・って考えなのでしょうか?

日光市では
修学旅行生が来てくれます。それは日光が安全だからです! と言い

厚木市・愛川町・清川村では
日光の子どもたちはマスクもせずに、生活をしています。なんら震災前とかわりません。だから安全ですよ。と言う。

AAKや、子どもを守る会のママたちは
それって・・・おかしくない?と疑問に感じ、
日光でその真実を知る 大島さんは・・・・「日光が安全というのは風評被害です。」と言います。
また、日光市に暮らす方からも・・・・「修学旅行に来てくれるのは有りがたいが、その為に日光の子どもたちが犠牲になっています」とのお話をいただいております。

でも・・・こんな言葉を 繰り返しても

日光市が安全だというのだから 安全なのだよ! 何を言っているんだ 君たちは しつこいなぁ~
厚木市では、君たち以外の保護者たちは、日光に行く事に懸念を表してないのだよ

煽るなよ! まぜくるな! まったく 困ったもんだ・・・・・って事なのでしょうね(想像力豊かすぎますか?)


日光市には

観光業も大切でしょうが 除染を行いながら、安全なんて・・・言わないで下さい。
甲状腺を調べてくれと国や県に訴えながら、子どもたちは元気に通常通りの生活をしています♪なんて・・・言わないで下さい。
まずは、日光市に暮らす子どもたちの健康を第一に考えて下さい・・・

そうお願いしたいです。

厚木市・愛川町・清川村の学校長さんには

日光市にどうしても行かなければならない理由があるのであれば 教えて下さい。
歴史的な価値があり、自然も豊かで、修学旅行生を受け入れる事に慣れている・・・・以外の理由があれば教えて下さい。
歴史的な価値よりも自然よりも・・・・問題なのは、そこの場所が放射能に汚染されていると言う事実であり
今年は除染中の日光市に・・・どうしても 行かねばならない理由があれば 教えて下さい。
また、教育委員会は学校長権限と言う言葉を使っております。
もし、万が一、私たちの子どもに健康被害が出たり、また 東電原発事故現場が「緊急事態」になった場合に
どのように対応していただけるのか?
安全・安心との丁寧な説明を行った学校長は、万が一の場合にどのように責任をとって頂けるのか?を教えていただきたく思います。

これって・・・・私・・・・間違ったことを言っておりますか?
保護者として当然、気になる事ですし、リスクを承知でいくのですから 想定外と言う言葉は使えない事も
校長先生方は・・・・ご承知の上で 子どもたちを送り出されるのでしょうから・・・答えはありますよ・・・ね?

まさか、地震は絶対に来ない・・・・原発は絶対に崩壊しない・・・放射能の影響は絶対に出ない。という答えではないですよね

今はやりの 国がー・・・では 納得いきません。 国は福島の方への責任を取ってません。
そんな国の「安心・安全」を鵜呑みにして、大切な命を 差し出すなんてことは 私たちには出来ません。


願っているのは、子どもたちが揃って、修学旅行に行けることです。
修学旅行中に、まったく危険がないなんて事は思っていません。
でも、震災前と同じ程度のリスクにおさめて頂きたいと願うことは 間違ったことなのでしょうか?
低線量放射能被曝の影響については 様様な考え方がある事は理解しています。
ですが・・・・
子どもたちが大人よりも 放射性物質に対しての感受性が高いってことは 多くの科学者や学者・お医者様も認めています。

ならば、現在、私たちが暮す場所よりも 体への負担が高い場所に行かなくてもいいじゃないですか・・・・

厚木市でも一校、日光市への修学旅行へ行かない学校があります。
校長先生や先生方が、子どもたちの楽しい思い出に「安心と安全」をと・・・考えて下さっています。

出来るんですよね・・・・学校長の判断で・・・・日光市以外の場所への修学旅行は「あり」なんですよね・・・。

そして・・・・
保護者の皆さん

もし、AAKは・・・山村は何を言ってるの?って 少しでも思われるなら
どうぞ、調べてみて下さい。
日光市の除染計画・そして日光市の公式発表の空間線量・文部科学省によるモニタリングによるセシウム量
・日光市で子どもたちが食べる食品の検出限界値・栃木県における農作物のベクレル数値

そして、現在の東京電力原発事故現場の現状・今なお、大量の放射能が出ている事実。
崩壊寸前に見える四号機の状態。日本の地震が現在活動期にある事・・・・・
地震が起こった場合に、首都圏(神奈川も含む)の道路封鎖・・・・・ 

そして、4月に、埼玉のママが自分で調べた日光市への修学旅行の日程表に基づく調査結果。
こちらの線量計は、厚木市が貸し出しを行っている 線量計と同等のものですので、数値の信頼度は高いです。

埼玉のママの日光修学旅行の下見
日光の修学旅行生への食事・・・これでいいはずがない!(座間)

どうぞ調べて下さい。

そして、日光市の子どもを守る会の 大島さんからのメッセージと 日光市の現状にも目を通して下さい。
日光の子どもを守る会 PDF

それでも、安全安心として、子どもを送り出すことに 何も 違和感がありませんか?

私たちの子どもを守れるのは 私たちです。 保護者の声が上がれば、学校長も考えて下さると信じています。

どうぞ・・・もう一度、皆々様・・・・・・「子どもを守る」の視点から考えて頂ければと 心から 心から 心から(野田首相の真似) お考えいただければと・・・・お願いいたします。






関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

なんで日光?

清川ブログに転載とリンク貼らせて下さい~。

除染やら補償金が必要なほどの場所に子どもを行かせるのがおかしいというのが基本だよね。
修学旅行安全キャンペーンに日光の子どもたちが使われている形になっているのもひどい。

大人の都合で子どもが犠牲になってしまうことを知って欲しいです…

No title

委員会のときの。。。土壌汚染はどうして調べてないのですか?市長はどういってるのですか?日光はどういってるのですか??すべて曖昧な答えで終わってたよね。
人の命をなんと思っているのか。。

これからうるさいくらい、日光へ連絡を取ろうと思う。

だけどあれが終わんなきゃ~~~あれが終わったら、夏休み命がけで頑張る!!!
menu
メール
厚木市民測定室
日光関連記事
日光関連資料
日光の子どもを守る会PDF
早川マップ関連
給食課




お問合せ
メール
最新記事
カテゴリ
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。