はじめに お知らせ トピックス 学校給食問題 修学旅行問題
瓦礫問題情報 厚木市情報 愛川町情報 清川村情報 神奈川情報
気になる食品情報 市民測定室情報 安心食材 お弁当への道 座談会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

350ベクレル/KGじゃなくては ならなかったんですね・・・・

飼料の放射性セシウムの暫定許容値    http://www.maff.go.jp/j/syouan/soumu/saigai/supply.html

肥料・土壌改良資材・培土及び飼料の暫定許容値

  暫定許容値
肥料

400 Bq/kg(製品重量)

土壌改良資材

400 Bq/kg(製品重量)

培土

400 Bq/kg(製品重量)

家畜用敷料

400 Bq/kg(製品重量)

飼料

100 Bq/kg
(粗飼料は水分含量8割ベース、その他飼料は製品重量)

80 Bq/kg
(製品重量、ただし粗飼料は水分含有量8割ベース)
家きん 160 Bq/kg
(製品重量、ただし粗飼料は水分含有量8割ベース)

100 Bq/kg
(粗飼料は水分含量8割ベース、その他飼料は製品重量)
養殖魚

40 Bq/kg (製品重量)

(製品重量※、ただし粗飼料は水分含有量8割ベース)

※ 製品重量とは、配合飼料等家畜に給与される製品段階の重量です。

2.耕種農家、畜産農家等関係者に対する指導 

(1)耕種農家向け指導

1)暫定許容値を超える肥料・土壌改良資材・培土を農地土壌に施用しないこと

2)肥料・土壌改良資材・培土を購入したり譲り受ける場合には、販売業者・譲渡者に暫定許容値を超えていないことを確認すること

3)自ら生産した肥料・土壌改良資材・培土を施用する場合には、暫定許容値を超えていないことを確認するか、都道府県と相談すること

4)自ら生産した肥料・土壌改良資材・培土又はそれらの原料を販売したり譲渡する場合には、相手方の耕種農家・肥料製造業者等に生産状況等に関する情報を適切に提供すること

5)自ら生産した飼料原料又は飼料を販売したり譲渡する場合には、相手方の畜産農家・飼料製造業者等に生産状況等に関する情報を適切に提供すること

農水省 Q&Aから  http://www.maff.go.jp/mobile/kinkyu/tohoku_saigai/07/q_a/hiryo_sizai_baido/huyo_do.html

Q27.腐葉土や剪定枝堆肥も暫定許容値を下回れば出荷できますか。

A27. 腐葉土や剪定枝堆肥についても、暫定許容値は400ベクレル/キログラムですので、適切に検査ができれば出荷することは可能です。

しかしながら、腐葉土や剪定枝堆肥は、原料となる落ち葉、剪定枝を収集した地域・時期、収集した地点や範囲、製品の製造方法が多種多様であり、同一製造業者の同一銘柄であってもバラツキが大きく、ある製造ロットで検査を行い暫定許容値を下回っていても、別の製造ロットでは暫定許容値を超えてしまう可能性があります。

このため、ロット管理が難しく、製法もまちまちである腐葉土や剪定枝堆肥については、ロットごとに、場合によっては製品(袋)ごとに検査をしなければなりません。それは、相当のコストがかかることとなります。

よって、空間放射線量率が平常時の範囲(0.1マイクロシーベルト/時間以下となる範囲を超えた可能性のある17都県(青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、山梨県、長野県及び静岡県)においては、域内で収集した落ち葉や剪定枝を原料とする腐葉土、剪定枝堆肥を新たに生産・出荷又は施用はしないようにして下さい。

また、既に製造した堆肥についても、出荷(販売)・施用をしないようにして下さい。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。ここまで。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

ええっとですね・・・はい。

厚木市にAAKが出した陳情書の中で土壌汚染を計測してくださいってものがありました。

そしてその、前日、厚木市の小学校から800ベクレル/KG超が見つかりました。

これは、前年度の落ち葉を貯めていた場所が、測定器で高い数値を出しているという事をPTAさんたちが見つけて、土壌汚染を測った結果です。

その事は前日に、学校へ連絡がなされ、また、陳情を検討する日にも、内川議員さんが、議題に挙げてくださいました。

教育委員会は なぜか 800ベクレルという言葉は使わずに、350ベクレルという中途半端な数値を用いて、その場にいらした議員さんたちに説明をしました。

その時にとっても違和感を感じ、

調べていくと・・・・謎が解けました。400ベクレルでは駄目なんです。800ベクレルでもダメなんです。

350ベクレルでなくては駄目なんですね・・・・

だって・・・400ベクレル以上ってことになると・・・国が定めた基準値を上回っている事が市議さんたちに バレテしまうから。

また、市議さんたちにとっても・・・これは好都合でした。

何故なら、そんな事を知ってしまっては・・・陳情を通す理由が出来てしまいます。厚木市の小学校に汚染があったことを認める結果となってしまいます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・うわっつらの安全・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

保護者の皆様の中には、もしかしたら、

本当に厚木市は空間線量が低いし、ぜんぜん汚染されてないわよ・・・って思ってらっしゃる方がいて

なにをAAKなるものは、放射能・放射能と騒いでいるのかしら・・・見苦しいわ・・・って感じてらっしゃる方もいるでしょう。

確かに厚木市の公表する空間線量は関東でも低いほうかもしれません。でも・・・汚染がなされてない訳でもありません。

厚木市が公表している除染箇所には 南毛利小学校や、鳶尾小学校って事になってますが

公表されてない・・・・除染もあります。

 

そして、そのような場所では、土壌汚染も考えなくてはいけません。

空間線量と土壌汚染・・・厚木市教育員会の説明では、地上五センチではかっているのだから

それで大丈夫なのだから 大丈夫なのだよ・・・・

汚染されたものは表面にあるから 大丈夫なんですよ・・・・はい・・・・ってなものでした。

あのですね・・・・土壌を計測してみればわかりますよ・・・

もうすでに、地表だけではなく、土壌は雨により・・・・土中を汚染しておりますよ・・・・

これこそ、測らないからわからない わからないから 都合が良い・・・の典型ですね。

測ると都合が悪い事でもあるんでしょうか?土壌。

測って、もし高い値があったとしても、厚木市の汚染度だったら、まだ隔離だってできますし、処理も出来ます。

大丈夫ですか?厚木市・・・・・本当に本当に大丈夫ですか???

 

測って、安心だったら それは素晴らしい。

でも、福島原発事件現場からは、未だ 凄いセシウムが・・・・・出てますよ

そして、これは、ずーっと出続けます。・・・石棺なりなんなりが出来れば 封じ込めが出来れば・・・出なくなりますが

現在、メルトダウンどころか メルトスルーの可能性(どこに炉心が溶けていったかが解らない状態)だってあります。

どこに蓋をしていいか わからない状態なんですよね・・・・

 

なので、毎日フレッシュさん絶賛製造マシーンとなっております 事件現場・・・・。

そ・こ・い・ら・へ・ん・くらいは厚木市教育委員会様も、議員さんも・・・・ご存じですよね?

ご存じの上で、厚木市に影響なし!って感じなんですよね?

ご存じの上で、事件現場により近い日光・空間線量では全市の7割以上が0.23μSv/h超えの場所に

大丈夫だよ一日くらい・・・・ってノリで送り出してしまうんですよね? 学校長さん そして 教育委員会さん

 

話を戻します。

 

800ベクレル/KG= 0.49μSv/h ですね・・・厚木市さんは わざわざ それを ミリシーベルトで言いましたよ。

いつもはμSv/hで語るのに・・・・いきなり ミリですか・・・・・凄い事です。意図的なのでしょうか?

 

800ベクレル/KG=一年間では4.3ミリシーベルトです・・・あれ??? 年間1ミリシーベルトを軽く越しましたよ。

まぁ そこに一年中過ごすわけではないので・・・・心配し過ぎる必要はありません。

 

800ベクレル/KG=【 土壌上の放射性物質として換算 】376821 Bq/m2(ベクレル/平方メーター)

参照(IAEA)  http://www.nirs.go.jp/hibaku/kenkyu/te_1162_jp.pdf こちらを基に計算を行っているサイトにて調べました。

 

さて・・・・・この 年間4.3ミリシーベルトという数値なのですが・・・チェルノブイリでは、居住権利ゾーンです。

何度も書きますが、ここに暮らしているわけではないので・・・心配し過ぎる必要はありません。


575105_305302069561738_1590880980_n.jpg

FB おりひめまきさんより 画像借用


でも・・・こうやって 調べていくと・・・・決して子どもが学ぶ学校において、空間線量が除染基準値より低いから

安全っちゃ安全ですよ・・・・なんて 軽々しく言っていい数値ではないと 私は思います!!!。

 

そして、このような場所が 他の 保育園や、小学校・中学校にあるかもしれない・・・・これは大変な事になった。

まずは、土壌検査は全部やるには時間がかかあるから 昨年度の落ち葉等を保管しているところがあるなら

すぐに、子どもたちに触れさせないように・・・被曝をさせないように・・・連絡をしなくては!
・・・って 教育委員会さんがならない事がとっても不思議です。

 

月曜日にでも・・・・連絡してあげてくださいよ・・・・ 校長先生方 みなさん・・・・対処されると思いますよ。

日光に行かないって決めるよりも・・・・案外 簡単に対応できます。
そして、対応が速ければ、保護者にも喜ばれます。

AAKとしては、厚木市でこれなら・・・日光ってありえるの?って話になってまいりますが・・・
それは置いといて・・・・も


せっかく、PTAさんたちが、土壌汚染を測ってくれた貴重な情報です。
もし、厚木市が、納得いかない・・・・もっと 汚染してないはずだ!っていうなら
ゲルマニウム測定でもなんでもしてもらっていい 業者さんに測定してもらっていい から
土壌の汚染にも着眼してくださいよ・・・・お願いします。


なんなら、業者さんに プルトニウム・ウラン・ストロンチウム まで 測ってもらえて、数値がゼロだったら 
そこは安心できますよね・・・・
セシウムは・・・・あの東京電力原発事件の後ですから・・・出てくるのは・・・・覚悟した上で。

AAK 山村和美。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

menu
メール
厚木市民測定室
日光関連記事
日光関連資料
日光の子どもを守る会PDF
早川マップ関連
給食課




お問合せ
メール
最新記事
カテゴリ
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。