はじめに お知らせ トピックス 学校給食問題 修学旅行問題
瓦礫問題情報 厚木市情報 愛川町情報 清川村情報 神奈川情報
気になる食品情報 市民測定室情報 安心食材 お弁当への道 座談会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

100bq/kg以下は給食に使用しますby厚木市

学校給食用食材の放射能濃度の測定結果について(2012/06/05・07)
http://www.city.atsugi.kanagawa.jp/shiminbenri/kosodatekyoiku/education/anzen/d018240.html

宮崎県産の鶏モモ肉、青森県産のゴボウ、茨城県産の大根、神奈川県産のキャベツ、佐賀県産のタマネギ、長野県産のセロリを測定してくださいまして、結果は不検出でした。検出限界が10bq/kgなので、9.9999bq/kgでも不検出です。

そして、堂々と宣言しております。
(注)食品衛生法上の規制値 : 一般食品の放射性セシウム規制値は、100ベクレル/キログラムとなっております。規制値を上回らない限り、給食食材として使用します。

この一文は、給食の献立表をお便りにして配る際に、大きな文字で必ず書いて保護者に渡してください。
「はい、分かりました♪」「国の基準値以下で安心ね♪」と保護者は言うでしょうか?

そして佐賀県産のタマネギですが、以前、「もう少し時間をかけて、検出限界値を下げてください」とお願いをしたときに、「検査数が限られているので、時間をかけて検出限界値を下げる予定はありません」と学校給食課さまよりお答えいただいたわけですが、検査数が限られている中、佐賀県産のタマネギは、今年の3月から数えて、なんど5度目のエントリーを果たしました。

・・・あのぅ、、、佐賀県産のタマネギを何度も何度も計測しなければならない理由って何ですか?

皆さまはどんな理由だと思いますか?
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

MSさん

厚木市の給食の検査に関しては
意識の問題だと思っています。意識をもって、子どもたちへ安全な食材を届けるぞって気持ちがあれば
民間レベルで、試行錯誤している様々な事(ソフトのバージョンアップや、遮蔽)を 行政こそ、やれるし やるはずなんですよね。
とりあえず、出てないですよぉ~って意味で、厚木市やってるざんしょ 偉いざんしょみたいな気持ちで・・・・やっていたら

数値の公開もしないでしょうし
出た場合にも
国の基準値以下だから 大丈夫って事にされちゃうんだろうなーと思います。

椎茸がんがん出しますからね・・・厚木市・・・・。

ちょっとだけ、心のチャンネルを あわせてくれたら な・・・・と 願っています。

No title

なるほど、既に民間レベルでは努力されているのに行政がチグハグなのですね。厚木市のHPを見ますと、ちょっと前まではごく一部の食材を測っていたようですが、最近は陰膳測定もやっているようですね。これは何か仕掛けがあったのでしょうか?陰膳の賛否は両論ありますが、やるにせよ陰膳ならシンチレータではなく、Geでしょう。陰膳を実行している多くの自治体はGeで検出限界1以下が基本と思います。
先にも似たようなことを書きましたが、検出限界10Bq/kgということは10未満がすべて不検出と言うことではなく、詳しくは測定器の計算を確認する必要もありますが(ATでは2σ設定が過去から続いていましたが、新ソフトでは3σ対応も選べるますので)、20Bq/kgくらいまでは不検出となる可能性がそこそこあるかと思いますね。現在の国の基準である100Bq/kgを達成するために機械に求めている検出限界は25Bq/kgですからね(100が基準だからといって、100が検出限界ではとてもスクリーニングは無理ですね)。
貴会のご努力も大変かと思いますが、頑張って下さい。こちら栃木県北(日光ではありませんが)も事情は深刻です。

MSさんへ

MSさんへ

はい 近隣の市民測所にて、新しいバージョンにて遮断をした上で、私たちAAKは測らせていただいております。
だからこそ、はがゆいんですよ・・・

民間・個人が懸命になって 自費で検査体制・その制度を上げる努力をされている。
そして AAKにも声をかけてくださって 測定に参加させてもらえる。
私も測定員として、セルフ測定が出来るようになりました。

だからこそ、見えてくる 「ゆるさ」「適当さ」に怒りがこみ上げてきます。
形ばかりの「市民がうるさいから測りました」はいりません。
本気で、子どもたちの為に、一ベクレルとも見逃さないという気合で行政にはやっていただきたいんです。

No title

厚木市はATで測定しているのですね。近郊には同機種を使って長時間測定のみならず、遮蔽強化等で検出限界を下げる試みをされている市民測定所や個人の方がいらっしゃいますので、そうした方々の情報を行政も吸い上げて頂きたいこのですね。
ところで、測定には揺らぎがありますので検出限界10Bq/kgの場合、仮に10Bq/kgの汚染品を測定した場合50%は不検出になります。同様に10Bq/kg以下のものでも一定の確率で10以上の数値をはじきますし、10Bq/kg以上のものでもやはり一定の確率で不検出となります。
また、ATの最近バージョンアップしたソフトでは検出限界以下の数値も出せるような設定が出来たかと思うのですが、確認されました?

なぜに。。。意味不明

ぞみちゃん。。。もう脱力だよね。

なんだろう。。。これ。理解不能。
10ベクレルにしたんだよね?
建設的にやっていこうよ!

なんだろう。。。?
国やら県やらマスコミとやらにありがちな、
どこかに批判されることを恐れての自衛の意味とかで?

ちなみに
伊勢原の幼稚園も放射能対策を取り組んでいるところはありませんでした。。。。
教育うんぬんも大事だけど、健康、命あってこそなんじゃないのかなあ(泣)

No title

検出限界10Bq/kgで検査しているのに、100Bq/kg未満なら使うって、もう10Bq/kgで検査している意味がないんでは!?

もうほんとにショックです。

これは給食の検査ではないのだ

これは、一見、「学校給食食材の検査」に見せかけて、実は「流通品の中に基準値を超えるものが無いか確認するための検査」なのです!

そうだ!そうに違いない!

ですよね?厚木市さん?

だとしたら、掲載する場所が間違っています。educationではないはず。

そうだったのか!

みそにさま、コメントありがとうございます。

そうか!佐賀県産のタマネギが爆発的人気だったのか!!!

・・・たくさん買ったのなら、1度計測すれば良いですし、
同じ産地のものを何度も何度も測っている反面、
きっと多くの保護者が計測して欲しいと願っているものは一度も測らず、

何のための検査なのか、もうさっぱり分からなくなってまいりました。

しかし、すごい人気、5度も計測してもらえるなんて、ジェラシー感じます。

こんばんは!
検査してくださっているのに、何でしょうねこのガッカリ感(笑…)

佐賀産のたまねぎが給食課のみなさまから爆発的人気を得ているのは、単に今旬で安いからじゃないかな…。
日持ちするから在庫が大量にある、とか…。
魚は高いから、不人気…
とか。
税金、効果的に使っていただきたいですね。

何をどうしたら

何をどうしたら「子育て環境日本一を目指す」と言えるのか・・・

近頃、何となく給食が変わってきたような気がしています。
「このようにします」と言う言葉はなくても、配慮してくださっているのだなと、
本当に嬉しく思っている最中、この大文字で書いた一文は、今まで無かったような、、、
わざわざ付け加えた???

厚木市がどうしたいのか分かりません。明日、じっくり聞かせていただこうと思います。

No title

うー・・・わざわざ書いた意味がわからない。

意味がわからない・・・

専門職を雇ってくれるわけにはいかないかしら。。。

この世はどうなってるんだろう・・・。

なんじゃそら!

100ベクレルってさ クリアランスレベルでいったら・・・・
ついこないだまでは 原発事故前は・・・厳重に保管されて 隔離されてなんだよ
それを食えってか・・・・

もうこれでは、お弁当から、お給食に戻すことが私には絶対にできない。
たった一人の息子を 給食で死なせるわけにはいかない・・・・。ですね。

厚木市はあれでしょうか? 国が10ベクレルって言えばそう
2000って言えばそう・・・・なのかな?

子どもを守る気持ちはまったくないのかな? そういうことなのかな???
menu
メール
厚木市民測定室
日光関連記事
日光関連資料
日光の子どもを守る会PDF
早川マップ関連
給食課




お問合せ
メール
最新記事
カテゴリ
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。