はじめに お知らせ トピックス 学校給食問題 修学旅行問題
瓦礫問題情報 厚木市情報 愛川町情報 清川村情報 神奈川情報
気になる食品情報 市民測定室情報 安心食材 お弁当への道 座談会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海老名市で給食の放射線検査が始まりました。

タウンニュース神奈川より

神奈川県でも、真剣に子どもたちの為の取り組みが拡がっています。

給食の放射線検査始まる 

 

海老名市は学校や保育園で提供されている給食に関し、放射性物質(放射性ヨウ素131・放射性セシウム134・放射性セシウム137)の検査を先月31日から開始した。

 これまで同市では、市場から購入する食材は「国の基準をクリアした安全なもの」という認識で給食を提供してきたという。

しかし食材の汚染を懸念する保護者などからの声を受け、安全性に関する検証が必要だと判断した。

 検査は(財)日本冷凍食品検査協会に委託。

来年3月まで実際に提供した1食分を冷凍保存し1週間分をまとめて検査する。

結果は市ホームページ上で公表する。

 

 

厚木市の保護者も声をあげています!

学校給食課に電話したり、要望書を市長に送ったりとした活動は個人レベルで行っております。

 

海老名では、提供後の検査になっています。

海老名市の取り組みも、給食の放射能汚染が目で見えるという意味で素晴らしいと思います。

 

まずは、取り組んでいただけるのが有りがたい。

 

厚木市では、是非、子どもたちが食べる前の食材で検査をお願いします。

可能なはずです。放射能は煮ても焼いても減りません。

調理前の食材、一つ一つが本来は望ましいのですが、それでは、大変だから実施できないと、私が給食課に問い合わせをした時に言われました。

 

それならば、一食分の食材をまるごとでかまわないので、検査していただき、

数値を出してもらいたいと強く願います。

 

厚木市長 ご検討宜しくお願いします。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

menu
メール
厚木市民測定室
日光関連記事
日光関連資料
日光の子どもを守る会PDF
早川マップ関連
給食課




お問合せ
メール
最新記事
カテゴリ
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。