はじめに お知らせ トピックス 学校給食問題 修学旅行問題
瓦礫問題情報 厚木市情報 愛川町情報 清川村情報 神奈川情報
気になる食品情報 市民測定室情報 安心食材 お弁当への道 座談会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NHK取材で代弁したかったこと。


本日、ぴーちは、
NHK「あさイチ」に出演させていただきました。
ああ…緊​張していてやはり怪しかった。
かなり汚い家で申し訳なかったですが、(いつぞや転勤族なので、古​い賃貸に住んでますっ)

NHK特集


「あなたはどう考える? 被災地のがれき処理」


瓦礫の会の、 かぼちゃんと違って全然勉強にいたらないけども、
そもそものこの​問題は
原子力災害が起こったから、問題が生まれているということ。

そこが根底ですよね。。。

もし原子力災害さえ起こらなかったら、瓦礫問題もなく、復興まっ​しぐらで
子どもを守る会が各地で起こらなかった。

みんなが、市政と、教育者と戦わずして良かった。。。

命の署名で泣いて、傷ついて

無関心なお母さん(だって自然放射線量とかわんないんでしょうっていうお母さんたち)
に傷つくこともなかった。。。

内部被ばく研究が医師や医療者の間で立ち上がらなかったというこ​と。

もう過去のことのようになっているけど原子力災害は現在進行中で​。。。

報道ステーションも、四号機の問題を取り上げてきたので
やはり私はNHKさんにも国に逆らって頑張ってほしいってとこか​な。。。

私たち、子どもを守る会にとって、敵は国でもなく、東電でもなく
原子力災害に、無関心な、人々・・・・

お金を落とすことは、この国を復興させるとは思うんだけど。。。

「おかしいよね。。。事故も終わってないのに、再稼働いってるし
過去のことのように毎日スカイツリーで大騒ぎじゃん!」

九州の母たちから見ても。。。この国は異常だという。

福島にいる人々はお母さんは、妊婦さんは
「逃げようと思えば逃げられるのよ。。だけど、逃げられない状況​があるのよ。。と
涙ながしながら、いつか健康被害が子どもにふりかかるかもしれな​い」とおびえて暮らしている。
そして福島のお母さんたちは、九州​や北海道の食材に頼って生きていることを
忘れてはいけないんだと思う。。。。

食べて応援しようのCM、行って応援しようのCM。。。。

史上最悪の原子力災害が起きたのに、お気楽な日本。

福島お母さんたちは、福島のものは食べれないという。。。せめて
内部被ばくを避けてあげたいから。。。

かたほうでは、自分の子どもさえ守ればそれでいいのか!!!
という同じ主婦目線の私への抗議。。。。
九州の方でしたが。。。

私はあのFAXを送ってきた九州のかたへ。。。直接言いたい。

同じ九州の人として情けないと思う。

あなたたちができることは汚染を広げる恐れのある瓦礫を受け入れ​るのではなく
農協が必死になって汚染地の子どもたちのために
お米を作ってあげてほしい。
そしてたくさんの野菜や牛乳を安い値段で提供してほしい。。。

それが本当の絆・・・・

今、瓦礫処理問題で、海外がどんな風に見てるのか
日本人は知らない。。。

やはり根底に原子力災害が、人の絆をさき、恐ろしいことになると​いうことをまだまだ
知らないんだと思う。。。

私たち、子どもを守る会がなぜ、たちあがったか。。。

それは、その九州のお母さんが「自分の子どもを守ればそれでいいの​か・・・」

という言葉とは真っ向に、たくさんの子どもたちを救いたいから

たちあがっているのではないでしょうか。

本当に子どもだけでよいのであれば悪いけど

そっと過ごします。誰にも種まきせずにね。。。

私たちはそれができないんです。たくさんの子どもたちを見て
罪のない子どもたちを見て涙が出るんです。

大人の責任ってなんだろう。。。そう思うのです。

病気になったらすべて終わるのです。
病気の末期を病床から動けずに

母の手紙だけが頼りで、

そっと夜に泣いている

あの子たちを看てきたから。。。

絶対に私たちは負けたくないんです。

NHKさん。。。今度は子どもを守る会の特集組んでくださいね★
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

くるみちゃんへ

いつもありがとうです★
ほんと。。。。原点にもどる。。

原点に戻るとやはりこの国おかしいことだらけって気づくよね・・・

私、原発事故が起こったときすごい世界中が助けてくれて

どうにか大事故を防げるんだと信じてたの。

毎日、毎日不安で仕方なくて。。。消防のヘリがちょろちょろお水かけてて。。。

え???って近所のママ友とどうなっちゃうの。。。この事故。。。

もう終わっちゃうのかな。。。って。。
でも何があっても、みんなで乗り越えるって思ってたの。

一年たち。全然事故検証すらあいまいで。
毎日、毎日当事の責任者が  「言った」、「言わない」。。。。

なんにも終わってないのに、再稼働に命がけだし。。。

事故検証なんていらないんじゃないのって・・・再稼働しても責任誰もとれないよって。。

それよりみんなを助けてあげてよ。それより瓦礫を日本の近未来的技術で埋めてあげてよ、それより、近未来的頭のよい日本人が食品の全検査をしてあげてよ。。。

って思ってしまうよね。
私たちは責任があるんだから、不要な被ばくから子どもたちを守り未来を守ることは当然のことだよね。

勉強せず、口だけの人々に、非難されようが、なんだろうが、これは、原子力災害への防災という視点で考えてるから、この行動は絶対間違ってないんだ。。。

瓦礫拡散について、NHKのFAXとかで個人のお母さんに否定意見があるなら

一度松本市で市長さんという大きな存在の方としっかり話し合ってきて
いただきたいと思うんだよね・・・

市長さんがみんな松本市長だったらこんなに苦しまなくてすむのにな。。。

らるみんへ

いつも支えてくれてありがとう★

原発事故をはっきりさせない限り、風評被害だ!ガレキ処理に賛成、反対!なんて言ってたって、本当の復興はないよね


って意見は、ほんとだよ。。。ね。

再稼働に鬼みたいに必死になってるけど
福島はまだ終わってないよね。。。

外国から、四号機のことも言われてるし。。。どうなんだろうね。

この国。

瓦礫問題で騒いでるのも実はかわいいことなのかもしれないと最近
思うようになってしまう。
末恐ろしい未来も考えられるのにね。。。

収束してない原発の処理過程の安全性なんて、絶対じゃないもんね。。。

みんなが一つになるときなんて来るのかな。。

でも生きてる限り精一杯頑張ってみようって決めたんだ♪
みんなで支えてくれるから頑張れるんだよ♪

高木さんへ

コメントありがとうございます<m(__)m>

行動することは深く傷つくことでもあります。

でも負けない、根本はみんな、愛だと思っています。

人のことなんて、どうだってよければ・・・ほっておきます。
ひたすらめんどくさいですよね。

でも罪のない子どもや今から妊婦さんになる若い人たちの
ために、責任ある私たち大人が、きつくても動かなければならないとも思っているのです。

自分だけよければいいのではなく種まきという気持ち。

そして、種まきがいつか心を動かし、未来の日本まで守る。
そこまで考えてあげたいのです。生きてる限り。気持ちは、みんなおんなじですよね♪

No title

原点に戻る・・・。
本当にそれにつきますね。
その原点がなんだかうやむやにされている気がします。
今何をしなければいけないのか丁寧に掘り下げて考えてゆけば優先順位はつくはずなのに。

自分も原発事故以降、子供のために食品を選んでいることに後ろめたさを感じ、かといって「食べて応援?なんかそれも違うんじゃないかな・・」と悶々と考え続けて辿っていった結果、原点が間違っているのかも?と気づきました。

本当の意味での「自分を、人を大切にする」ということ。
食品を選別して食べさせていると子供がいじめられる、そのことはもちろん子供にとってかわいそうなことではありますが、汚染された食べ物を食べさせられて健康を、命を奪われるほうがもっとかわいそうです。
子供が喜ぶからとお菓子ばかり与えていたらその子の健康は損なわれます。
なのにお菓子をほしがるだけ食べさせることが子供にとっての幸せと考える安直さと同じですよね・・・。
自分の幼少期を振り返っても親からそのようにされていた記憶が多々あります。
どこかで自分が大切にされている実感がないので、なんだか荒んできます。
自分なんか大切じゃないので、他人のことも大切じゃなくなります。
なのに「思いやりは大切」っていう言葉だけは独り歩きして、形ばっかりになります。
悪気もなく、ただ分からない。

時々その原点を見失いそうになります。
なので座談会に参加させていただいてます。
いつも居るだけで申し訳ないです(汗)

こんな個人的な独白すみません。
でも今のマスコミ、国による「食べて応援」「絆」キャンペーンにどこか似ていると思っちゃいました。
ぴーち様
テレビ出演、本当にお疲れ様でした。

私は、納得いかない番組内容だったので、メールしちゃった!

ぴーちが、画面に出た時、ウルウルしたよ(;_;)

日本の子どもたちのために、頑張ってるぴーち・!
私の大切なぴーちが、本当に伝えたいことを伝えなかったNHKに、がっかりした。腹が立った。

番組って、こんなふうに編集して、放射能の問題に立ち向かっている人たちを、放射線過敏症の母が、広域ガレキ処理に反対して、復興を遅らせてる…って、視聴者に思わせるんだな…って思った。

『自分の子どもがよければいいのか』って意見。
…署名活動して、みんなへ声掛けしてる人が、なぜ、自分の子どもだけってなるのか…。
私は、この放射能に関しては、母が自分の子どもを一番に考えて、守ろうとすること…安全な食品を与えること…そのことを非難する権利は誰にもないと思う。
私も、内部被爆に関しては、うちの子たちには、させたくないもん。
私は、せいぜい、西日本か北海道、輸入の食材を、スーパーで選ぶくらいしか頑張れない。そして、いつも『子どもたちが10年後、20年後、病気になったら、あの時、もっとしっかり頑張っていれば…』と後悔するんだろうな…と思ってる。

食品の風評被害にしろ、ガレキ処理にしろ、すべては放射能がばらまかれたということ!
…これによって、立ち行かなくなってることが問題なんだよね。
自然界の放射線量と、原発でばらまかれた放射性物質の線量とは、全く話が違うよね?

原発事故をはっきりさせない限り、風評被害だ!ガレキ処理に賛成、反対!なんて言ってたって、本当の復興はないよね
テレ朝の報道ステーションも観たけど、あの状態を見せられて、大丈夫って、正気ですか?って思う。
視聴者も、あれで大丈夫って思うの?
今だって、放射性物質は出てるよね!?
だって、建物壊れてるもん。
報道陣入れたりして、それがまさしく、事実を隠ぺいしてます!って、証だね。まだ、1年ちょっとだよ。
収束なんかできるわけないし。
だって、爆発したし。
爆発して、大丈夫ってことあんのかな?

話それたけど…
ぴーちの福島への思い、他のガレキ処理の提案、ちゃんとあるのに、それは放送なし(怒)
あれでは、反対の人たちが、ただただ不安で信用出来ないから、騒いでるってことにしかなってない!

NHKには、意見を送るね。
原発事故、放射性物質の危険性の解決なくして、ガレキ処理も風評被害もない!
本当の復興はないってね

ばらまかれた放射性物質は、このあと何十年も消えないのにね…。



大人の責任の取り方

原発を容認してきた責任がある。その電気を使ってきた責任もある。
大人には。

しかし、子供や若い人には罪も責任も無い。勿論、その次の世代にも。
その彼らに被ばくと健康リスクを分かち合えというのは、筋も違うし、不条理である。

むしろ、今と未来の子供たちを被ばくから守る責任が大人にある。
従って、放射性物質を拡散してはいけない。
瓦礫処理は、安易な手段にリソースを投入するのをやめ、安全な方法の実現に全力を傾けるべき。

被災地に心痛めながら、子供たちを守るために、拡散に反対している気持ち。
非国民的な批判にさらされることを覚悟しながら、子供たちを守るために、自らの勇気を鼓舞している気持ち。
命を大切にするからこそ、人を大事に思うからこそ...なのだ。

瓦礫の広域処理を推進・支持される方には、深く、深く、考えて欲しい。
子供たちの健全な未来という存在を忘れずに。

No title

ベクレルフリーさん。。。

残念です。伝わらないですね。

私たちは福島を奪われました。

英雄きどりではありません。拒否ってなんですか?

No title

神奈川に住んでいるあなた方の生活に必要な電力をつくるための福島の原子力発電所だということを忘れないでいただきたい。使うときはめいいっぱい使って、放射線が危ないからとあなた方の生活のために作られていた発電所から出た放射線は拒否ですか?自分に都合のいいことだけを考えて英雄きどりはやめて下さい。

きぴちゃ★

いや~ん!でるよんってメールしたじょ~♪

あいあい!あたしは戦うナースだからさっ

安易なおぢさんたちを許すことができないのだ!

自分しか守れないんだよ!今しかできないんだよ。。。

子どもを守ってあたりまえじゃん!

私は九州が大好きな、九州人だけど

九州の人のあまりの無関心ぶりに、もうためいきでちゃうね。。。

きれいごとの「自分の子どもだけ守ればいいのか!」って。。。

おいおい。。自分たちは奇跡的にきれいでいい土地に生活してるのに。。

被災地の子が被ばくするから、一緒に痛み分けをしようっていうの???

一生後悔するんだよね。。。一生だよ・・・

命の現場にいれば、きれいごとで終わらないことがわかる。。痛みを感じてきてから
許されない!

ぴーちは戦うよ!細野大臣に真っ向勝負だ!

私たちは、故郷福島を奪われたんだ!毎年楽しみにしてた土地を汚染されたんだ!

原発問題を絶対許さない!!!一緒にがんばろうね★

あさイチ見たよ

見たよ~~~。
偶然あさイチ見てたら、表札が出て「?あれ?今の苗字???」と思ってたらやっぱりピーちゃんだった。
「もっと本当に伝えたい肝心の部分はカットされているんだろうなあ」と思いながら、見ました。
まだまだNHKは事の重大さを出来るだけ伝えたくないという方針を崩したくないようですね。
が、いままでの日本であるならばこれだけ政府マスコミ各企業が一丸となって原発事故なんてもう終わったことだと事実のもみ消しを図ったならば、1年経てばもうすっかり運動の火も消えて、話題にも上らなくなっているだろう事が、一人一人の地道な訴えのおかげで1年経った今も時々取り上げざるを得なくなっています。
私たちの起こしている行動は決して無駄にはなっていない。
これからも頑張って訴え続けていこうね。
私も細々とではありますが、続けていきます。

姉さん♪

あいあい~いいんだよっ

私は戦うママだからさっ

細野大臣と真っ向勝負したいぐらいよ!

NHKが細野出してきたこからもうそういう番組だと
思ってたからさ。。

ただ見た人が無関心なだけでなく

防潮林とかいい案があるんだって

思うだけでもいい材料になるかなと。

私たちの味方が国民の四分の1でもいいの。

無関心さが敵だよね!

みんなが勇気をもってくれたらと受けた番組だからさ。。。

まぁ。。。あの場はコメンテーターだけが味方だったけどね^^

ベクレルフリーさん★

ね。。。すごい全国からの批判でしたね。私は福島に第二の故郷を持つものとして
いろいろトークしたのですが
四時間かけて語ったことは全部削除されていましたね。

NHKだから仕方ないです<m(__)m>

ただ、私はここで戦うのは九州の人間だからなんです。

ここにゆかりもない人です。

だけど、ここに住む人々が大好きです。

大好きな人たちを救いたい。。。ただそれだけ。

全国に非難されようが何も悪いことはしてないです。

子どもは自分が守らなくちゃ、誰も守れないもんね★



見たよ!

頑張ったね、ぴーちちゃん。
お疲れ様でした。

番組としては結局ボカして終わりたかったのかなんなのか、
スッキリしなかったけど、感情や良心に訴えて瓦礫を受け入れなければという
空気が流れていたように思います。

いつまでそんな事を言ってるんだろう?
呑気すぎる、深く考える事をしない人がなんと
多い事か…愕然とした。
放射性物質で汚染されている瓦礫を広域で燃やすっていう
事の重大さを考えて「復興協力」って言ってるのか疑問。

自分の子どもだけ助かればいいのかっていう人は
よく考えて欲しい。
子どもは親が守らなくてどうするの?
声をあげてテレビにまで出る事が自分の子どもだけ助かればいい人の
やる事なのか…
はじめは自分の子ども、近所の子、地域の子を守りたくて会を立ち上げたけど、
色々知るうちに市内の子、神奈川県の子、被災地の子、全国の子のことを
考えているからテレビに出て訴えてるんだよね。

見たよ!

頑張ったね、ぴーちちゃん。
お疲れ様でした。

番組としては結局ボカして終わりたかったのかなんなのか、
スッキリしなかったけど、感情や良心に訴えて瓦礫を受け入れなければという
空気が流れていたように思います。

いつまでそんな事を言ってるんだろう?
呑気すぎる、深く考える事をしない人がなんと
多い事か…愕然とした。
放射性物質で汚染されている瓦礫を広域で燃やすっていう
事の重大さを考えて「復興協力」って言ってるのか疑問。

自分の子どもだけ助かればいいのかっていう人は
よく考えて欲しい。
子どもは親が守らなくてどうするの?
声をあげてテレビにまで出る事が自分の子どもだけ助かればいい人の
やる事なのか…
はじめは自分の子ども、近所の子、地域の子を守りたくて会を立ち上げたけど、
色々知るうちに市内の子、神奈川県の子、被災地の子、全国の子のことを
考えているからテレビに出て訴えてるんだよー。

熱くなっちゃうよ、私は。

No title

自分の子どもだけじゃなく、知らない子供も守りたいですよね。
いえ、守るなんて大それたことはできないかもしれないけど、なんとかできないかと思います。
menu
メール
厚木市民測定室
日光関連記事
日光関連資料
日光の子どもを守る会PDF
早川マップ関連
給食課




お問合せ
メール
最新記事
カテゴリ
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。