はじめに お知らせ トピックス 学校給食問題 修学旅行問題
瓦礫問題情報 厚木市情報 愛川町情報 清川村情報 神奈川情報
気になる食品情報 市民測定室情報 安心食材 お弁当への道 座談会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

修学旅行。直前でも変更が可能。

毎日新聞より転載

震災がれき:受け入れ北九州市への修学旅行を拒否
毎日新聞 2012年05月24日 20時54分

 松山市の日浦小(小野誠一校長、児童数44人)が、24日から1泊2日で予定していた北九州市などへの修学旅行を延期したことが分かった。北九州市が東日本大震災の被災地のがれきを受け入れたことで、保護者が「子供たちを行かせるのは不安」と反対したため、行き先を変更する方針を決めた。

 同校によると、修学旅行は6年生6人全員が参加。24日に広島市から北九州市の遊園地「スペースワールド」へ向かい、同市内で宿泊。25日に山口県を訪れる日程だった。

 しかし、北九州市が23日、宮城県石巻市のがれきを受け入れ、西日本で初の試験焼却を始めたため、6年生の保護者全員が反対し、学校側が延期を決定。児童には24日朝に説明した。小野校長は「安全を確認して説得したが、保護者の総意なので受け入れた」と説明している。【栗田亨】


全文を転載させていただきました。

修学旅行については、私たちAAKに置いても、何故?日光なのか?と・・・・ずっと訴えております。
先日、北九州で瓦礫の試験焼却が始まりました。
今回の、日浦小学校は、その試験焼却による 放射能の汚染に不安を覚えた保護者の声に
学校長が応えた形になります。


校長先生は安全を確認したと言うが・・・・
放射能による被害において、安全を確認できる状態に現在の日本はない。
保護者全員の総意というのが素晴らしいところ・・・
また、保護者の声があれば、やっぱり、学校長はそれに応えてくれるという希望がここにはある。

声を上げる保護者が増えれば、それはウネリとなる。
間違ったことは言ってない。

子どもたちの健康を害する「恐れ」がある。 それだけで理由は十分。
保護者の多くが声をあげるならば それで十分なのです。

厚木市・清川村の修学旅行に行く 保護者は
日光市が安全だと言ってるという説明を受け、学校側がそう言っているのだから
安全なのだ・・・と 学校長を信じ、教育委員会を信じ、そして・・・日光市を信じています。

私たちAAKも、本当は疑うよりも抗うよりも 信じる方がどんなに幸せかと思います。

悲しい事に
レベル7の原発事故、それはチェルノブイリに学ぶしかありません。
チェルノブイリでは、原発事故では数名の死者しか出さなかったと 国は言いますが
原発事故以前の テレビやマスコミの報道では
それは隠蔽された数値でしかないと・・・・チェルノブイリの真実を伝えてくれていました。

チェルノブイリでも、放射能の被害は・・・じわじわと現れ始めました。
私たちの暮す距離でも、実害はでています。
放射能は、体に害をもたらす物質です。それはどんなに、国が大丈夫と言おうと・・・変える事はできない事実です。

数年後の、我が子の健康と笑顔を思えば・・・保護者が
リスクを避ける事は 間違った事ではないのです。
難しい化学的な話や、放射能のデータはいりません。

不安だ! ただ それだけでいい。

そして、多くの方が声をあげればいいのです。

日浦小学校の保護者の「愛」に 敬意を表します。 

数年後に あれは ちょっと心配過ぎだったね・・・・・って 笑う方がいい。
数年後に あの時に本当は不安だったのにと・・・悔やむよりも ぜったいに そっちがいい。

修学旅行直前でも、学校長責任において、修学旅行って行先変更が出来るんですね・・・
いい事聞いた♪


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

menu
メール
厚木市民測定室
日光関連記事
日光関連資料
日光の子どもを守る会PDF
早川マップ関連
給食課




お問合せ
メール
最新記事
カテゴリ
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。