はじめに お知らせ トピックス 学校給食問題 修学旅行問題
瓦礫問題情報 厚木市情報 愛川町情報 清川村情報 神奈川情報
気になる食品情報 市民測定室情報 安心食材 お弁当への道 座談会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

修学旅行アクション! 日光からの手紙29

日光のチラシ最新版 29号 5/24日更新




5.17 大島さんからのメール


日光市は、安全なんで、あまり除染をやるとなると、汚染されていることがはっきり しちゃうんで、なるべく目立たないように考えているのでしょう。

日光市は、数日前、環境課に電話をして広報に掲載しないのかたずねると、「検討し ています」と、25日発行なので、間に会うはずが無いのですが…・・・間に合うの か聞くと、結局、間に合わないことになって、誤魔化しの回答がばれちゃいました。

結局、広報では、これまでと同じように「放射能」問題は、タブーで目隠しを進めるようです。

ぜひ、これからは、放射能の危険とともに、内部被ばくについて考えていけたらと思います。

 

昨日は、チラシ配布と署名で回っていて、80過ぎのおばあさん、娘家族と直売所に 買い物に行った際に、おばあさんが「これは検査してありますか安全ですか」と聞い たそうです。

そうしたら、直売所の人がいやな顔をして「安全です」と、そして、店 の2人が何やらヒソヒソ話で、娘さんがおばあさんに、「すごく恥ずかしくて、いた たまれなかった」言われたと。

おばあさんは、みんなの身体のことを心配して聞いた のに、娘からも悪者にされてしまったと、がっかりしていました。

なにも悪いことを言ったわけではないのに・・・。

何か、昔の生活と違ってきていて・・・。

娘に 言っても、孫に言っても、駄目だと・・。

ただ、娘さんの家族が狭い庭の芝生を取っ て、小さな畑にしてくれたので、ちょうどネギを植えていました。ここで小1時間も 話しました。

今の日本、特に日光は、昔の戦中と同じように、本当のことを言う人は 馬鹿扱い、悪者扱いにされるような世の中になっているので、少しずつ話をしていく しかないことなども、いろいろ話しました。

*直売所で聞くと、「検査はしていますから安全です」と、いいます。

しかし、よく聞くと、「栃木県でやっていますから・・・

栃木県は、初出荷の時に、各市町のJAに紹介してもらった農家1カ所から検体の野菜などを持ってきて、検査するだけです。何と、各市町1点です。これで安全ですか。

 

日光-放射能から子どもを守る会//おおしま




かぼ(山村)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日光市は一応安全です。

厚木市の教育委員会での会議で下記のようなやりとりがありました。

必死にメモを取ってくれていた。AAKの鮎くまちゃんと、ピーチ姫に大感謝です!

学校教育課長 


「周知のように、日光エリアは原発事故で、放射性 物質の環境汚染がいまだ心配されている地域であるため、関係の小 学校においては、三月26日、27日の校長会合同の下見を現地で 放射線量の測定を行っています。

修学旅行においては、最終的に、 各学校長が詳細を決めますが、教育委員会も支援をさせていただき ながら様々な情報を集め、各校慎重に計画をしています。結果とし て、空間線量がやや高い日光江戸村については見学コースから外し ています。先週すでに行った学校については事故なく無事に帰って きております。残る春の四校についても、秋の実施。

また情報を収集しながら、例年よりさらに慎重に実施についての取り組みを指導していきたいと思います。



学校総務部長



「今、日光は心配だという発言がありましたけれども、実はこれ、 いろんなところで数値が公表されておりまして一応、安全は確認さ れているというところです。ですが、保護者の心配の声があがりま して、再度計測のため校長会で視察し、線量を計測し、厚木市の基準、0.19μシーベルトを超える江戸村については、各校ともに 見学を除外し基準値を下回る安心したところに行く予定だというこ とをご承知おきください・・・・」

と言い直されたことで、教育課長は謝っていらっしゃいました。

 

ちょっと待ってくださいね。

まずは教育課長さん。

貴方の認識は正しいと思います。謝らないで下さい。

ですが、「すでに日光に行った子どもたちが無事に帰ってきた」との発言が私には理解できません。

無事であるか?

無事でなかったのか?

それは、放射能が目に見えない限り、また、ただちに影響がないと言われている限りは いつかは無事ではなくなる可能性がある事を認識していただきたいと思います。

日光江戸村が「やや高い」とおっしゃいますが、子どもたちにとっては非常に高いですよ。

やや・・・なんて言葉は使わないで頂きたい。

また、校長会や教育委員会が日光の放射線量の視察に行かれた時のデータの開示を心から願います。

そのデータの開示なくして、安全です。安全でした。と言われても困りますし、正直、写真データや映像データも必要だと思います。

そもそも、放射能の心配があり、調査に行かねばならない土地に 何をもって「修学旅行」に行かせたいのかが 私には理解ができません。

安全です。

安全です。

と謳う日光市では、この6月から 除染作業が始まります。

除染作業の本格的な書類を見ますと

なんとも・・・子どもたちが長時間を過ごす学校や園がこのような数値のまま手つかずになっている事を

知ってはいましたが・・・・それでも、大きな失望と怒りと悲しみを覚えずにいられません。

これが、日光へ修学旅行に来てもらう為には、子どもたちが通常通りの生活をしている所を見せなくては・・・の日光市議会発言そのものです。

 

考えられますか?

日光市では学校だけが汚染されてると思われますか?

ありえないでしょう。 そんなのありえたら鬼だし。

ありえないと考えれば、日光市は、市全体が除染対象になっているという認識をお持ちいただけるのではないでしょうか?

今後とも、慎重にそして、本当に「子どもたちを守る」という目線をもって、教育委員会には対応をお願いしたいです。

日光市が安全であるならば、除染は必要ありません。

また除染は移染といいます。除染により、もしかしたら、思わぬホットスポットが生まれる可能性もございます。

今後とも、子どもたちの「安全」を見つめて頂ければと心から願います。

私たち、心配している保護者は、教育委員会と戦いたいのではありませんし、また日光市が憎いわけではありません。

日光市の安全宣言には、一抹の不信感はぬぐえませんが・・・・

私たちは、「事実」を受け止めて、子どもたちに、修学旅行を放射能の心配などせずに楽しめる場所でのびのびと楽しんでほしいと願っています。

日本全国、今はどこでも放射能はあるとのお話しをされる方もいらっしゃいますが、

明らかに数値が高い場所。明らかに厚木市よりも危険とされる場所に、今行かせるべきではないと考えております。

 

次に学校総務部長様

わざわざ、日光市は安全であるかのごとく・・・言い直しを求めたんですね。

では総務部長さんにお伺いします。

日光市が「一応」安全とは どのような事でしょうか?

一応、とりあえず、ほぼ・・・だいたい・・・なんて 

子どもたちの「安全」に関わる事に 一応って言葉は・・・NGだと思います。

保護者の心配の声に応えて頂きありがたいとは思いますが、最初に安全ありきの計測では意味がありません。

また、教育委員会は保護者の心的な対応ではなく、子どもの「健康」に配慮をしていただくことを望みます。

応えて頂いた事は嬉しいのですが、何か微妙に・・・残念でなりません。

更に、言いますと、厚木市の基準値ではなく 厚木市の除染基準値です。厚木市の空間線量は現在では0.05-0.08μSv/hくらいです。

また法律的には、年間1mシーベルトとしており、内部被曝を除外して考えた場合には、0.114μSv/hシーベルトに相当します。


一つ、教育委員会に理解していただきたいのは

汚染は空間線量値だけで 安全とは出来ないと言うことです。

日光市の土壌の汚染が心配です。 これも、不安なので、測っていただけますか?

併せて、厚木市内の公共施設の汚染も計測してください。

せっかく 厚木市には測定器があるのですから・・・宜しくお願いします。

言葉だけの安全宣言ではなく、数値を開示した上での本当の安全をいただきたく思います。

AAKで、日光市の除染対象のポイント地図を制作しました。

http://maps.google.co.jp/maps?hl=ja&tab=wl

数値をご覧ください。空間線量でこれだけ出てるんです。

土壌汚染は?って 思ってしまいますよね?

せめて、修学旅行生が立ち寄る場所の土壌汚染は調べて頂きたい。その数値がしっかりと開示されて、そして安心できる値であるなら

日光市が安全だと言われて文句は言えないな・・・と私は思います。

日光市の発表する値は私には信頼できませんので

是非、厚木市で土壌を検査して頂きたく思います。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

私は、もちろん東電が悪いとは思いますし、国のどうしようもない対応もすべてが
ダメだと思っていますが。。

何より、無関心な世の中があの事故を引き起こし、
チェルノブイリ級の事故が起きても、無関心な人々であふれかえっているために
なんにもよい方向に動かないんだと思います。

国にさからい、声を出すことを恐れるくせに、
声を出す人を差別する世の中です。

東電が悪いのは当たり前です。謝るのも当たり前です。

でも立ち上がらない無関心な国民が一番の悪者です。

私たちは負けません。

少しでもよりよい社会になれるよう
何かできることを少しづつ探している最中です。

何も行動せず文句ばかり言うのはおかしいことですから。


大きな悲劇の蔓延する国になりましたね。

誤るべきは、非常用電源で不手際が有った、東京電力だと私は思う。

No title

昨日の北九州瓦礫問題をへて。。もう私も本気でこの国に怒りさえ感じます。

黙ってあの場にいましたが、やはり私たちの前でごちゃごちゃ感を出してしまった

教育委員会さんのあの言い直し・・・保護者としてはもうやりきれない思いです。

じゃあどうして私たちがわざわざ傍聴に行くか。。。

こういうことが行われるからでしょう?

あの場でたぶん他のみなさんも違和感を感じたのではないですか?

ああ・・・しまったなぁ。。結局保護者を不安にさせてしまったと。

日光のホームページをご覧ください。

http://www.city.nikko.lg.jp/

TOPは災害関連による放射線量や除染のことばかりです。

それのあと、厚木市のホームページをご覧ください。

さつき祭りなどイベントのことがメインです。

ここにもうすでに日光の災害の爪痕が残っているではないですか???

おかしいでしょ?おかしいでしょ。。。

無関心は人の命を奪います。

私はそんな汚染されたことを認めない
日光がはっきりいって許せなくなってきました。。。

北九州と一緒です。

もちろん、日光の人々を悪く思いません。だけどこんな代表のいる日光市でかわいそうです。。。

旗をもって、駅前で修学旅行生を迎えるのはやめてください。

全然そんなことをしたこともないのに。事故が起こったことは誰も悪くありません。

あとの処置で、人命が変わってくることだけは忘れないでほしいのです。

menu
メール
厚木市民測定室
日光関連記事
日光関連資料
日光の子どもを守る会PDF
早川マップ関連
給食課




お問合せ
メール
最新記事
カテゴリ
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。