はじめに お知らせ トピックス 学校給食問題 修学旅行問題
瓦礫問題情報 厚木市情報 愛川町情報 清川村情報 神奈川情報
気になる食品情報 市民測定室情報 安心食材 お弁当への道 座談会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012/05/22 教育委員会定例会の様子@厚木市

教育委員会を傍聴して参りましたので、レポートいたします。いつも通り、必死でメモしてきましたが、間違っているところや勘違いしていることなどあるかと思いますので、後日、市のWebサイトに載る議事録で確認していただくことを前提に、メモを解読いたします。ミスタイプなど、ご容赦くださいませ。なお、本日は新川委員が欠席でございました。

特にAAKで繰り返しお願いをしている部分について書き出します。

報告事項4-5 給食用食材の放射性物質の検査結果について

教育総務次長:
学校給食・保育所給食が安心して食べられるように、また保護者の安心のために、市で測定器を購入し、南部給食センターに設置、検査を開始した。検査品目については、学校給食課長が選定している。ご覧の通り、すべてにおいて不検出。結果については、1ヶ月分をまとめて通知していて、HPにも載せている。
参考資料として、プールの放射性物質についても測定。ともに保護者の不安に答えるため。小学校3箇所、中学校4箇所で実施。清掃前・後、不検出。空間線量については、22箇所の定点観測を行って結果を公表している。

山本委員:
これだけ調べていただけて不検出、ホッとしている。このような形で実施している近隣の自治体・教育委員会はどの程度ある?どこでもこれくらいしている?

給食センター所長:
学校給食用食材の測定は、県下各地で実施、県外の各地も実施している。

学校教育総務部長?課長?:
市独自で計測、または専門業者に委託、色々なケースがある。自慢するわけではないが、今後、保育所用にもう一台測定器を購入して、2台で検査をする。県の状況については、県として2台の測定器を購入、1台は県央地区に配置するが、いつ・どこには不明。近隣は秦野市・相模原市・逗子市・藤沢市なども実施している。

山本委員:
色々な条件整備、大変だったと思う。これからも少しでも保護者が安心できる環境作りに努力して欲しい。

難波委員:
プールに関して測定の報告があったが、保護者にはどのように通知しているのか?

学校施設課長:
プールは清掃前・後、水を採取して実施、そして不検出。保護者には各学校に結果を通知、HPにも載せている。

(どちら様なのか分かりません):
プールの清掃について。汚泥を子供たちに触らせたくない保護者の不安から、いつもなら子供たちが清掃するのだが、今年はやらせないで、教職員だけでなく市の職員も一緒に行っている。人手不足の中、先生たちと一緒に高圧洗浄器で清掃。各学校から要請があれば職員が出向いて学校の支援をする。

(どなたか・・・委員):
ありがとうございます。

山本委員:
各学校から経過を保護者に学校便りなどでもいいので知らせてもらえると安心が伝わる。経過・努力が伝わらないとそれまで、連携をお願いします。

(どちら様でしたっけ?):
保護者に対する周知を徹底する。学校も教育委員会も取り組んでいることを伝えたい。


報告事項4-6 市立小学校における修学旅行の実施状況について

教育課長:
春の実施は玉川小・相川小・森の里小・愛甲小・厚木小、日光エリアは放射線の心配がされているので、3/26-27に校長会主催の下見が行われた。現地において測定、実施について各校が詳細を決定、慎重に計画を立てた。いずれの学校も日光江戸村を見学コースから外して実施。すでに実施した玉川小から、無事に帰校したと報告。春は残り4校が実施予定。必要かつ有益な情報収集をして、例年よりさらに慎重な取り組みを。

(どちら様?):
色んなところが数値を公表し、安全は確認したが、保護者が不安なので、3月に実際に測ってきた。この中で、日光江戸村だけは厚木市の設定している0.19μSv/時を超えたので、こちらはコースから除外、どこの学校も江戸村は外した。0.19μSv/時以下の安心できるところを見学。

山本委員:
修学旅行の実施については、県・市・教育委員会・学校が、様々な角度から検討されていることと思う。この実施について、保護者にはどのように説明を?

学校教育課長:
修学旅行の実施にあたって、例年よりさらに詳しく説明を行ってきた。線量を測定し、保護者に通知、あるいは説明会。通常、学年主任が説明を行うが、今年は校長が説明を行うなどした。保護者が少しでも不安をなくし子供を参加させられるよう頑張っている。実施した学校からは、問い合わせや不安の声は無いと聞いている。

山本委員:
他に教育活動がたくさんある中で、時間をかけてくれていることに感謝。保護者が安心・理解して子供を参加させらるように努力を続けて欲しい。

委員長:
他にないようなので終わります。

*****************

少しだけ書かせていただきます。

給食の検査について、以下の質問が無かったことが残念です。
・市で購入した測定器の価格や特性について
・他の自治体が購入している機器について
・測定する食材を選ぶ際の基準
・検出限界値について

日光については、手元にあった資料を拝見しましたが、厚木市の校長会で実施した下見の際、厚木市の線量計(HORIBAのRadi)を持っていったとのことでしたが、資料に記載されていた数値は、Radiで計測したのは佐野インターと川口インターのみ、他の場所は日光市の所有している日立アロカで測定した結果でした。江戸村以外の場所での測定は、最高値で0.18μSv/時、江戸村の最高値は0.42μSv/時でした。

そして、お読みいただいてお分かりになるかと思いますが、「保護者の安心のため」と言う言葉が耳に残りました。保護者のためでなく、どうか「子供たちの健康・将来のため」と言うことをがっつり・どっかり頭に置いていただいて、全力を注いで下さると嬉しいと心から思いました。

以上、加筆・修正がある場合、一緒に傍聴した方、バシバシやってください。

☆ayukuma☆
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

menu
メール
厚木市民測定室
日光関連記事
日光関連資料
日光の子どもを守る会PDF
早川マップ関連
給食課




お問合せ
メール
最新記事
カテゴリ
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。