はじめに お知らせ トピックス 学校給食問題 修学旅行問題
瓦礫問題情報 厚木市情報 愛川町情報 清川村情報 神奈川情報
気になる食品情報 市民測定室情報 安心食材 お弁当への道 座談会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原点に戻る・・・。

昨日は、お忙しい中、若いママさんたちにも来ていただいて
本当にありがとうございました★

もっと心配ごととか共有できたらよかったです。もっと次回は動画を見る会とかにも
つなげていきたいと思います。

またぜひぜひいらしてくださいね★

最近、おちびちゃんたちが走り回るのを見てると
ぷくぷくしたお手手や、まあるいあんよ・・・。

かわいくてかわいくて。。。

見てるだけで泣けてきちゃうのです。年とったかなぁ。。

とある学校で子どもたちの写真集動画を見せていただいたとき

「私。。。。このかわいい子どもたちの笑顔を守りたいだけなんだよなぁ。。。」

たったそれだけなのに・・・ってフィルム見ながら、号泣したことがあります。

「どうしてこんなに辛い思いをしなくてはいけなくなったんだろう。。。

原子力事故がなければ、こんな思いをしなくてすんだのに・・・・・」




NHKより、子どもを守るお母さんとして取材を受けたぴーちです。。。。

テーマは広域瓦礫処理でした。どんな風にとらえてもらえるのかはわかりませんが、

心配するお母さんを代表する声を出せたらいいと思っています。

広域瓦礫処理。。。現地の声が聞こえてきません。

原子力災害がなかったら、きっといろんなことが復興していたと思います。

人と人との絆を奪うのが、原子力災害です。

今は、現地の方と、瓦礫を受け入れないと心配する住民との絆を裂いている気がしています。

「汚染されていないのに、なぜ引き受けられないのか・・・」

「汚染されていないのに、なぜ食べて応援しないのか?。。。。」

「風評被害だ!!」

汚染されました。。。。

東日本は汚染されたのです。輸出規制もかかっています。

農業に携わる方、漁業の携わる方。。。生産者さん。。。。

そして、お母さんのおっぱいを飲む小さな赤ちゃんから、お年寄りまでの消費者さん。。。

誰も悪くありません。

人間の作り出したものが自然の脅威に勝てず、原子力災害を引き起こしたからです。

img_301026_7528480_0.jpg


だけど、作り出したものに脅威を振るわれた今は・・・・

大人の責任だと思います。小さな子どもたちには何の罪もありません。

私たちは本気で、郷土を守る必要があるのです。

日本人の遺伝子を残さなくてはいけない責任があるのです。

なぜならば、原子力事故で放出した核種は、大変危険だからです。




月曜日のNHKの番組では、四月からの食品の新基準値について

消費者が安心なようにちゃんと流通段階で検査してあるのかという内容でした。

一年と二か月たった今でも、生産者さんにまかせっきりで負担の多い検査となっていました。

そして負担が多いあまりにちゃんと検査されず出回っていることを

ハッキリ取材されていました。

本当は安心な食べ物を提供したい生産者さん。。。

疑いが多くやはり手が出せない子育て中の私たち、お母さん。

もちろん、完璧ではありません!0ベクレルに近い値なんてきっと無理な社会になったから。

それでも少しでも、自然放射線以外の事故後の放射線含有しない食材を食べさせたい・・・・。



お母さんが子を守る。。。たったそれだけ・・・。

私の受けた取材は、国民の反感をかい、すごい勢いで叩かれるでしょう・・・



だけどこれだけは言いたい・・・「世界中が敵になっても、私は子どもたちを守る!」




私たちのやっていることは、先生を困らせることでもなく

教育委員会を困らせることでもなく

市政を困らせることでもなく

誰かと戦うことでもなく、現実を理解して、この社会で生きていく術を見つけていくための

無関心な人への種まきです。

そういう意識で生活しています。「自分の子どものことしか考えないくせに

何が防災だ!」だと思いますが、この種まきが、いつか人の心を動かし、

いつか大きな花を咲かせてくれることを

信じて・・・。



熊本の詩人 「葉 祥明」



母親というものは

母親というものは
無欲なものです
我が子がどんなに偉くなるよりも
どんなにお金持ちになるよりも
毎日元気でいてくれることを
心の底から願います
どんな高価な贈り物より
我が子の優しいひと言で
十分すぎるほど幸せになれる
母親というものは
実に本当に無欲なものです
だから
母親を泣かすのは
この世で一番いけないことなのです
詩・葉祥明

熊本小野出来田内科医院 小野先生ブログより


小野先生ブログ
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

残念です。試験焼却もすべて。。。やってしまったら終わりなのです。

絆ではなく、燃してしまうことはすべて環境汚染です。

水俣病などの環境問題で苦しんできた日本なのに、
環境問題を絆ということばで国民をがんじがらめにして

ひどい話です。

北九州も受け入れようとしているみたいです。

この異常さをどう伝えたらいいのでしょう。

わが町の市議会でも瓦礫は痛み分けだ!自分だけ逃げに走るなんてと
言われていて私はショックでした。

何も勉強していないからそういうのです。これは環境汚染なのです。

チェルノブイリを全然学ばない日本。

本当にどうなっていくのでしょうか。

外国の方がこの異常さを。。海外のテレビで報道するのではなく

日本に来て異常さを訴えてほしいです。悲しいです。


http://www.youtube.com/watch?v=bSZzhBXLuLk&feature=relmfu

「試験焼却後に放射能濃度上昇-島田市-」市民団体測定

既にご存知かもしれませんが、5/8の情報です。
-概要-
京都大学大学院原子核工学職員河野益近氏と静岡県市民測定室プラムフィールドとの共同測定で、島田市の焼却施設から半径7km以内の6箇所の松葉の調査を実施。
試験焼却前後で14.1Bq/kgから18.3Bq/kgに上昇するなど4ヵ所の松葉でCs濃度3割~9割増加。
(東京新聞平成24年5月9日)
http://www.facebook.com/photo.php?fbid=306375092776511&set=a.306374952776525.75371.100002120697183&type=1&theater
(TVニュース)
http://www.youtube.com/watch?v=xwdgd4hf_E0&feature=youtu.be
menu
メール
厚木市民測定室
日光関連記事
日光関連資料
日光の子どもを守る会PDF
早川マップ関連
給食課




お問合せ
メール
最新記事
カテゴリ
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。