はじめに お知らせ トピックス 学校給食問題 修学旅行問題
瓦礫問題情報 厚木市情報 愛川町情報 清川村情報 神奈川情報
気になる食品情報 市民測定室情報 安心食材 お弁当への道 座談会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日光修学旅行アクション! 日光市除染計画とは?

厚木市の修学旅行は 1校のみを除いて、現在のところ日光市だそうです。

やっぱり行きますか・・・・
修学旅行生が日光へ・・・朝日新聞の記事

修学旅行:風評被害続く中「ようこそ日光へ」 神奈川の5校の児童600人

記事より転載 これは知っていたけど こんなことで安全とされても・・・だし
風評被害って言葉を辞書で引けとも思う。
実害だからね・・・実際 放射線量は高い。それにより、東電からも・国からも日光はお金をもらってる土地です!

風評被害で日光への修学旅行の減少が危ぶまれたが、昨年12月から市教委や観光関係者らが、神奈川、千葉県の学校関係者らに約30回、現状や安全対策を説明、安全安心をPR。宿泊するホテル・旅館の空間放射線量や食材の放射性物質を測定、公表している。



ということで 日光についての記事を書かせて頂きたいと思います。


日光市の除染実施計画

◆小中学校(全38校実施)
・平成24年7月から実施予定(主に夏休み期間)
・校庭の表土入替(3㎝)
・全施設の線量測定(シンチレーション式)←土壌検査はしなくていいの?

◆保育園、幼稚園、児童館、こども園(公立・私立を含む全施設)
・平成24年6月から
・校庭の表土入替(3㎝)
・全施設の線量測定(シンチレーション式)←土壌検査はしなくていいの?

◆18歳以下の子どもがいる世帯の住宅
・平成24年7月から
・対象世帯(約7,600世帯)の意向を確認の上、希望世帯の住宅を測定、毎時0.23マイクロシーベルト以上の個所について、雨どい、側溝等の清掃、落ち葉の除去などの除染を実施する。

※ 毎時0.23未満でも除染を希望する場合には、個人実施、必要な用具の配布や貸し出しを行う。
※ 当面の間除染等により発生した汚染土壌等は、敷地内に一時保管。


こちらについては、日光市が国へ、費用を負担するようにとのPDFが存在しました。 日光市PDF(1)

この中に・・・何気に凄い事が書いてあるんですよね。
まぁ・・・ご存じの方も多いだろうし、私も知っていましたが・・・・

日光市においては昨年12 月に「汚染状況調査重点地域」に指定され、除染計画策定に取り組んでいる

やっぱり、国の汚染状況調査重点地域なんですよね。
安全宣言したのに?

日光市46校の小中学校を全て除染対象とする程の汚染があると言うのに?

あぁでも、日光市の子どもたちの環境を守るためには、いろいろと対策を講じていただけるのは 嬉しいです。

ですが・・・ある 日光市の市議会議員さんのブログによると

市内小中の校庭表土を3cm除去すると約14,000㎥となり、その全てを敷地内に一時保管します。50mプールは約2000㎥ですので、50mプール約7杯分の土が発生してしまいます。
学校関係だけでも大量な廃棄物が出ますので、今後一般家庭を行った場合早期に国が最終処分場を確保しないと、除染した廃棄物の行き場がなくなり、除染できなくなってしまう恐れがあります。


と書いてあります・・・。

あと、その議員さんのブログで知ったのですが
除染のタイミングなのですが

◆小学校・中学校  2012年7月から(主に、夏休み期間)
◆幼稚園・保育園等 2012年6月から

となっています。 えっとえっと・・・それって、修学旅行生が行ってる間に、除染作業をやってるって事ですよね。

厚木市の場合には、秋にいきますので大丈夫です! 安全です! と また言われちゃいそうですが・・・

ここに一つの資料があります。

小中学校のホットスポットの測定・除染の結果(個表)日光市PDF(2)

syougakou.png
赤文字は4/19日の数値です(4/20日はデータのない学校もありましたので、19日採用)
除染しても・・・って感じですよね(涙)


また、大島さんからの情報によると、

18歳以下の子どものいる家庭7500世帯すべてを除染対象
0.23μシーベルト以上の家庭は7500世帯の内5500世帯、総数の73%が除染対象です!


家が73%以上も汚染されてるのに、日光市全体は安全・・・なのでしょうか?
子どもたちの行く観光地日光には住宅は とーぉいところにあり、修学旅行生はその軒下を歩くことはないのでしょうか?

よくわかりません・・・。

除染は移染という言葉があります。除染をしても、東電事故現場からは 今なおフレッシュな放射能が降り注いでいる中での除染作業・・・。
一時的にでも、子どもたちの環境が良くなる事は 喜ばしいのですが
家の除染というと・・・高圧洗浄機でシャーってやるのかな?と考えると、その水は・・・どこへいくのでしょう?

除染について

IPPNW(核戦争防止国際医師会議-1985年ノーベル平和賞受賞)ドイツ支部がまとめたチェルノブイリ原発事故25年の研究調査報告

ロシア当局の調査によると、除染作業労働者のうち90%、すなわち、少なくとも74万人が重い病気にかかっている。彼らは老化が早く、平均より多くの数々のガン、白血病、身体上、そして神経・精神的な病気を患っており多くの人が白内障になった。潜伏期間が長いため、今後、ガンの発生率が高くなると予想され、また独立した研究によると、11万2千人から12万5千人の除染作業労働者が2005年までに死亡している


チェルノブイリ・除染を断念
土壌の除染も「状況はほとんど改善されていない」と判断し、打ち切りを決めた

これが除染・・・なんですよね。

その除染の真っただ中、もしかしたら除染された土がビニールシートでいろいろなところに盛られてる中、子どもたちは修学旅行に行く・・・行かされる?・・・いや 親も何もいわないのなら 行くで正しいのかな?

map.jpg
文部科学省の放射能汚染マップ(Yahoo!JAPAN)


参考:日光市で土壌分析をした結果

日光市の土壌検査データ ブログ

参考:日光市の除染について書かれている市議のブログ

日光市市議会議員 福田えつ子さんのブログ


私はやっぱり 日光市は安全です!は信じられません。
厚木市・愛川町・清川村の各学校長様・・・本気でお考え下さい。

空間線量ではなく、土壌検査が望ましいかと思われます。 様々なポイントで土壌検査をして(出来れば、ウランやプルトニウムも測っていただければ・・・)
その数値が本当に安全だと言える数値かどうか・・・もう一度、考えてはいただけないでしょうか???


厚木市の市長さん・・・どうかどうか 厚木市の子どもたちの事を 守ってください! 
市長の子どもだと思って・・・・。

愛川町の町長さん・・・どうかどうか 愛川町の子どもたちの事を 考えてあげて下さい。

清川村の村長さん・・・どうかどうか 村の子どもたちのことを、貴方のお孫さんだと思って、今一度、お考えください。

学校長さんたちの中には、もしかしたら「今、日光でなくてもいいのではないか?」って方がいてくださるかもしれません。
でも、みんなが日光 日光市は安全だ!って言ってるから 言えないだけかも・・・。

日光市は除染します! 市内全域除染します! それは、 汚染されてるからです!
風評被害でもなんでもありません。実害なのです。

厚木市・愛川町・清川村の 放射能汚染の感覚では 一泊たりとも 安全だとは 言いきれません。

もし、本当に日光市に修学旅行にいかれるなら

マスクの着用 と 食材に山菜を出さないでほしい。かんきつ類もやめてくれ、キノコはダメだ、お米は大丈夫か? お水はどうだ? お布団の汚染はないか?・・・
全ての面で、内部被曝・外部被曝の面で・・・フルアーマーなくらいな勢いでお願いします。

子どもたちの放射能感受性は大人よりも数倍・・・( 子どもによって差があるので 十倍の子もいるかも)高い。

まだまだ 日にちがあります。 宜しくご検討下さい。 頭の片隅ではなく センターポジションでお考え下さい。


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

menu
メール
厚木市民測定室
日光関連記事
日光関連資料
日光の子どもを守る会PDF
早川マップ関連
給食課




お問合せ
メール
最新記事
カテゴリ
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。