はじめに お知らせ トピックス 学校給食問題 修学旅行問題
瓦礫問題情報 厚木市情報 愛川町情報 清川村情報 神奈川情報
気になる食品情報 市民測定室情報 安心食材 お弁当への道 座談会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学校給食用食材の放射能濃度の測定結果についてon 2012/04/24・26 @厚木市

学校給食用食材の放射能濃度の測定結果について on 2012/04/24・26

神奈川県産の小松菜、熊本県産のニンジン、瀬戸内海のちりめんじゃこ、神奈川県産のオレンジ、静岡県・千葉県産の豚肉、神奈川県産のキャベツ、すべて不検出でした。検出限界が10bq/kgなので、9.9bq/kgでも不検出です。

川崎市でフルーツポンチに使うミカン(神奈川県産)から9.2bq/kg(9.1?)のセシウムが検出され、それが学校によって通知された・されないで大騒ぎになったことは記憶に新しいことと存じます。

厚木市の場合、9.2bq/kgだと「不検出」としか表記されませんので、問題になることはございません。もし、9.2bq/kgの検出があった場合、その被害者は子供たちです。

熊本県産のニンジンを測定する前に、もっと優先して測定していただきたい食材はたくさんございます。また、9.9bq/kgが「不検出」では、保護者の不安はまったく取り除けません。

子供に安全な給食を食べさせたいだけなのです。育ち盛りの子供たち、食べ物が体を作っているのです。大人では考えられないほどの細胞分裂を繰り返し成長しているのです。

どうしたらこの声が届きますか? (∩゚Д゚) アーアー キコエナーイってしていませんか?

一度、担当部署さまとじっくりお話ができるといいなと思っています。

☆ayukuma☆
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

menu
メール
厚木市民測定室
日光関連記事
日光関連資料
日光の子どもを守る会PDF
早川マップ関連
給食課




お問合せ
メール
最新記事
カテゴリ
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。