はじめに お知らせ トピックス 学校給食問題 修学旅行問題
瓦礫問題情報 厚木市情報 愛川町情報 清川村情報 神奈川情報
気になる食品情報 市民測定室情報 安心食材 お弁当への道 座談会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学校給食用食材の放射能濃度の測定結果についてon 2012/04/17・19 @厚木市

学校給食用食材の放射能濃度の測定結果について on 2012/04/17・19


埼玉県産きゅうり、香川県産セロリ、千葉県産ダイコン、北海道産たまねぎ、北海道産じゃがいも、高知県産しょうが、秋田県産干ししいたけ、すべて不検出でした。(10bq/kg未満を不検出と呼びますので、9.9bq/kgでも不検出。)

ようやく念願の「秋田県産干ししいたけ」を測定してくださいました、誠にありがとうございます、感謝です。私たちの声が届いた・・・ような気がして、大変嬉しいです。願わくば「一度検査したのでおしまい」ではなくて、キノコ類はジャンジャンバリバリ検査をお願いします。次は岩手県産生しいたけあたりをバッチリ測定してくださいませ。

干ししいたけの使用頻度が高いので大いに心配しておりましたが、10bq/kg未満であることが分かりました。目の前にたくさんの壁が立ちはだかる中、ひとまず一番手前にある壁がクリアできた気分です。

なぜ「一番手前にある壁のみ」なのかと言えば、それはやはり検出限界値が10bq/kgだからであります。国の基準はセシウム134・137だけでなく、ストロンチウムもプルトニウムもすべて含めて100bq/kgでございまして(厚生労働省のサイトに書いてあります)、実際のところ、ストロンチウムもプルトニウムも測定していませんし、先日こちらに書いたように「100bq/kgが安全なのか?」と言われると、まったくもって安全ではなく、ドラム缶に入れて厳重管理するほどの放射線量なのです。もしかすると、放射性廃棄物を子どもに食べさせてしまうかもしれないのです。

そろそろ保護者と自治体が手を取り合って、子どもを守る体制を本気で整えませんか?私たちはいつでも両手を広げて、教育関係者の皆さまが「一緒に子どもを守ろう!」と声をかけてくださるのを待っています。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
menu
メール
厚木市民測定室
日光関連記事
日光関連資料
日光の子どもを守る会PDF
早川マップ関連
給食課




お問合せ
メール
最新記事
カテゴリ
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。