はじめに お知らせ トピックス 学校給食問題 修学旅行問題
瓦礫問題情報 厚木市情報 愛川町情報 清川村情報 神奈川情報
気になる食品情報 市民測定室情報 安心食材 お弁当への道 座談会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛のある給食を。。。

新学期が始まり、子どもたちは少し、新生活に慣れてきたことでしょうか。。。

お弁当生活も再度始まりましたが、少しずつこちらも慣れてきました。

食材選び大変ですが、仕方ないです。

まさか、誰も放射線を調べて、給食や食材を提出する時代になるなんて。。。

去年の3月10日まで、思いもしなかった話です。

0-157や、牛乳毒物事件なんかのときは
大騒ぎした世の中でしたが、

放射線だけは、もう。。。国も人もだんまりです。

「ただちに影響がない」とアナウンスした枝野さんが国会で
ただちに影響がないと言ったのは、
全部で7回でございます。そのうちの5回は食べ物、飲み物の話でございまして、
一般論としてただちに影響がないと申し上げたのではなくて、
放射性物質が検出された牛乳が1年間飲み続ければ
健康に被害を与えると定められた基準値がありまして、
万が一そういったものを一度か二度摂取しても、
ただちに問題ないとくり返し申し上げたものです」

と有名になりました・・・


最近新基準値となり、セシウム検出のニュースが
毎日流れるようになりました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
愛知県岡崎市の幼稚園児ら528人が給食で食べた茨城県出荷の乾燥シイタケから、
改定前の暫定基準値(1キログラム当たり500ベクレル)を超える放射性セシウムが検出された問題で、
愛知県豊橋市は11日、同じ流通ルートから購入した乾燥シイタケを、
市内にある三つの保育園の園児と職員計約400人が食べていたと発表した。

 豊橋市によると、3保育園が計約3・7キロを購入。
2~4月に10~15回、給食でうどんの具やまぜご飯として提供された。
市は「1人当たりの消費量を計算すると最大5・25ベクレルで、人体への影響はほとんどない」としている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


あゆくまちゃんが、毎日毎日あげてくれるニュースの中に

きのこ、きのこ、きのこ。。。。たけのこ、たけのこ、たけのこ。。。


かなり、椎茸と筍の汚染がひどいのがもうわかってきています。

チェルノブイリでも、牛乳や、きのこ、ベリー類が汚染されやすいのは
有名な話です。

人間にとって一番大事な食はとてもデリケートな問題を含みます。

そろそろ給食を扱う栄養士さんや、食材を扱うお仕事につかれた方も

善意を出してきてもいいころではないでしょうか?

汚染されてしまったことを認めてください。

日本は深刻な問題の中、生きていかなければならないことを認めなくてはいけないのです。

誰のせいでもなく。。。とにかく子どもたちのために、未来のために。


最近、レストランがピリピリしています。「◎◎産のお米を扱ってます!

安心してください」

食を扱う店にとって、信用は、大打撃だからです。


hihi.jpg

もう何を食べていいか、わからない時代ですが、

もし少しでも注意できるものであるなら、給食を扱う栄養士の先生たちが
本気になってくれるまでお弁当で頑張ります。

本当は、他の子たちと違うことするなんて心の底から嫌なのです。。。。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

子どもの行く学校で、「給食・牛乳の辞退届け」

のお手紙が全戸配布されました。

厚木市で初めてではないでしょうか・・・

あまりにも感動して、しばらく眺めました。

健康上の理由で、牛乳を飲めない、給食を食べないという保護者からの
申し出がある場合は、手続きができるので、ご提出くださいという内容で、

牛乳を飲まない、給食を食べないに◎をつけるようになっていました。

何?これ?ってびっくりされた保護者もいると思います。

もともと、お弁当にさせていただいて私にとって、

これは最高の種まきだと感じ、理由のところに、内部被ばくの勉強を

していますと書きました。

まだまだ、理解のない県や市の学校では、お弁当は禁止というところも
あると聞きました。ひどい言葉で罵られるということも起きているようです。

それは、

汚染されたことを国民が認めないからです。

汚染された大地で、少しでも長く生きて、そしてかわいい赤ちゃんに会うために。。

できるかぎりのことは、していきたいと思っています。

厚木市にはお弁当は自由だという、雰囲気があり、本当にありがたいです。

先生方へは本当に感謝申し上げます。

そしてかわいい子どもたちが頬張る給食を想像し

生産者様も、給食を作る栄養士さんたちも、事故をなかったことにせず、

汚染された大地で生きる覚悟を

決めていただけたら。。。。と思っています。




そして、
今、私が一番嫌いな言葉・・・・


「正しく怖がる!」

です。


放射線は怖いものです。小さい子どもに気を使い、

妊婦に気を使い、放射線管理区域で仕事してきた私は違和感を感じます。

この曖昧な言葉で

子どもを心配する声を、再稼働のため両手で口を塞ぐ国家が後ろに見えるからです。。。

(すみません、今夜は毒を吐かせてください。命第一   ぴーち命の叫び)









関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

みどりっちさん☆私は同じ地区にお子さんのために未来を考えてくださる方がいてとっても嬉しいです^^
ぜひぜひ、また座談会等でお話しできたらうれしいです^^

いえいえ、たまたま防災に関わって、今度の震災だけは許せなくて
運命のように動いているのです♪

がんばります^^ここを見て支えてくださるのが一番の味方なんですよ~♪

子どもを心配する気持ちは当然だよ^^
ひとりじゃないってことをわかってくれたら本当に嬉しいのです~♪

No title

ぴーち姫さんと同じ学校の可能性ありなんですね!
地区代表さん達の行動は知りませんでした。
どんどん広がっていくといいです。本当に素晴らしい!

ぴーち姫さんはパワフルですね!
私は種まきする勇気もなければ人の心を動かす力もなく、
ひっそりと自分の子供を守るだけです・・・。
だからぴーち姫さんをはじめ情報発信をして下さるAtsugi-Childの皆さんには
感謝しています。いつもありがとうございま~す!

No title

みどりっちさん♪
東京の学校では、お弁当禁止になってるとこもあって、
登校拒否してる傷ついてる子どもたちもいるみたい。。。

どうかしてるね。。。

みどりっちさん。たぶん私たち同じ学校♪うちは、二年生ですが
全員に配布です。
これは、厚木では初だと思います。

素晴らしい取り組みです。私の地区では地区代表さんたちが
子どもたちのために、通学路の線量を計測したり
除染もしたり
修学旅行先も変更しています。

地域での取り組みが一番だと思っています。

地域発信で厚木を変えたいです。小さな力ですが。

防災で講義する時間を毎年もらえますので

私もこれから、種まきを頑張りたいと思います。

姉さん☆

先生の誠意だと私も思ってるの。素晴らしいよね。

東京の学校の弁当廃止を。。。の校長先生は
戦時中の先生か、と思っちゃう。

国のいうことは絶対です!

っていうのなら、東京に家族と住まないで、

福島の避難準備区域に住んで校長先生をしてほしい。
家族と孫も。。。

それもできないくせに。。。。といじわるに思ってしまう。

もうね。理解に苦しむ。

給食に愛を!

本当にそろそろ給食に携わる仕事をされている方々、学校の先生の善意、誠意を見たい!
でも、ちらほらと見えてきたので嬉しいね。

「給食・牛乳辞退届」が配られたなんて素晴らしい。
みどりっちさんの娘さんの中学校も配られているのですね。
給食、牛乳だけに限らず、色々な面で人と違っても自分の
思うことを言えて、周りもそれを押さえつけるのではなく
聞いて考えるような学校になってほしいと願います。

No title

娘が中学校に入学したのですが、同じように「給食・牛乳の辞退届け」が入学式で配られ、私もものすごく感動しました。さすがに中学生でお弁当は子供にとってきついかなーーと思っていたので・・・。この手紙を読んで親子共々安心しました。
小学校でも配られるのかなと期待していましたがもらって来ませんでした。
新入生だけ配られのでしょうかね・・・?それとも学校の判断・・・?
menu
メール
厚木市民測定室
日光関連記事
日光関連資料
日光の子どもを守る会PDF
早川マップ関連
給食課




お問合せ
メール
最新記事
カテゴリ
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。