はじめに お知らせ トピックス 学校給食問題 修学旅行問題
瓦礫問題情報 厚木市情報 愛川町情報 清川村情報 神奈川情報
気になる食品情報 市民測定室情報 安心食材 お弁当への道 座談会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

清川村の給食は測定されていません

昨年10月に住民懇談会において、村長が
給食を測定する機器を購入するという話を
して下さいました。
記事はこちらhttp://ameblo.jp/kodomomamorukiyo/entry-11064528361.html

それから、測定値の発表がないまま今に
至りますが、何人かに測っているはずだという
お話を聞きました。
測っているなら発表してないのはなぜだろう?
そう思い、教育委員会に電話で問い合せました。
以下のようなお答えでした。

清川村で購入した測定器は精度が良くないようだ。
東海大学で測定を頼んでいるが、そこの測定器と
値を比べると全然違う。
(高く出たり低く出たりする)
今の測定器の値を公表すると混乱するのでしていない。
現在は測定していない。

5月末の神奈川県で精度のいい物を5台購入して、
そのうち2台を市町村で使えるようにする話があり、
1台は横浜市、もう1台は厚木市合同庁舎に設置する。
清川村としては毎日測るつもりはあるが、厚木の合同庁舎
に検査申し込みをした市町村は20あるのでたまにしか
検査ができず、数検体ではなく、単品1検体しか検査できない。

給食に関しては、高い数値が出た場合、食べさせられない
ということになるが、その代わりになる食べ物をどうするか
という問題もあり、難しい。

市場に出回っているのは安全だという認識。

清川村で購入した測定器は使い方が悪いか、機械自体に
問題があるのか調べている所である。
測定器の担当は産業観光課なので測定器の名称は不明。

というお話をされていました。とても丁寧に対応して下さり
ありがとうございました。
早くから測定器の購入を決めていた清川村でした。
ところが今、測っていないということなので残念です。

給食の献立表に先月使用した食材の産地が載っています。
実は産地では安心できないのです。

1Bqというのは、1秒間に1本放射線が出ることです。
「1kgあたり」1Bqなら1kg食べなければ大丈夫ですが、
子どもは小学生、中学生になると1日1kgくらい食べませんか?

そして4月から低くなったという国の基準値ですが
100Bq/kgですね。
もし、基準値ぎりぎり99Bqの物を一日1kg食べたとしたら
身体の中で1秒間に99回放射線が出ます。
99本×60秒=1分間に5940本、
5940本×60分=1時間に356400本、
356400本×24時間=1日に8553600本の放射線が出ます。

500gしか食べないとしたら半分の1日4276800本の放射線が
出ますが、それは少ないから安全でしょうか?

原子核が小さいから通り抜けるとの事ですが、
850万本出て当たらないと言い切れるか・・・

やはり値は少ないほうがいいと思います。

子どものことを色々考えてくださる清川村です。
子どもの命のもとになる食べ物についても
早い対応をお願いします。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

menu
メール
厚木市民測定室
日光関連記事
日光関連資料
日光の子どもを守る会PDF
早川マップ関連
給食課




お問合せ
メール
最新記事
カテゴリ
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。