はじめに お知らせ トピックス 学校給食問題 修学旅行問題
瓦礫問題情報 厚木市情報 愛川町情報 清川村情報 神奈川情報
気になる食品情報 市民測定室情報 安心食材 お弁当への道 座談会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012/04/11 気になる食材(放射線量) そのほうれん草は・・・

4/11発表のデータから、気になる食材を書き出しました。
*数値は、特に何も書いていない場合はセシウム(134+137)です
*ごめんなさい、魚介類の「○○沖」を省きました(面倒臭がり)
*「最大で」と書いてあるものは、複数の検査が行われたもの


厚生省のデータ(第364報)

 宮城県 カキナ  5.1bq/kg
     ヒガンフグ  最大で91.0bq/kg
     スズキ  最大で97.0bq/kg
     マコガレイ  5.3bq/kg
     アイナメ  3.7bq/kg
     アカガレイ  最大で4.6bq/kg
     ソウハチ  7.0bq/kg
     ヒラメ  4.9bq/kg
     ネズミザメ  最大で20.0bq/kg
     マダラ  25.0bq/kg
     ババガレイ  3.4bq/kg
     エゾイソアイナメ  3.2bq/kg
     アオザメ  9.8bq/kg
     ヌマガレイ  34.0bq/kg
     クロソイ  31.0bq/kg
     コモンカスベ  24.0bq/kg
     コタマガイ  17.0bq/kg
     ふきのとう  75.0bq/kg
     原木しいたけ(露地)  150.0bq/kg

 栃木県 原木しいたけ(施設)  最大で390.0bq/kg
     原木しいたけ(露地)  最大で630.0bq/kg
     菌床しいたけ(施設)  7.4bq/kg
     菌床まいたけ(施設)  15.0bq/kg
     菌床ヒラタケ(施設)  4.5bq/kg

 千葉県 スズキ(流通品)  最大で5.3bq/kg
     たけのこ  最大で110.0bq/kg

 静岡県 生しいたけ(露地)  最大で53.0bq/kg

 製造所:千葉県 アジ煮干  17.0bq/kg

 製造所:茨城県 カタクチイワシ煮干  11.0bq/kg
         ニベ煮干  15.0bq/kg

 福島県 アイナメ  最大で1150.0bq/kg
     イシカワシラウオ  最大で34.0bq/kg
     クロソイ  最大で160.0bq/kg
     コモンカスベ  最大で630.0bq/kg
     サメガレイ  28.0bq/kg
     シロメバル  最大で550.0bq/kg
     スズキ  最大で540.0bq/kg
     ババガレイ  最大で190.0bq/kg
     ヒラメ  最大で170.0bq/kg
     ホシガレイ  41.0bq/kg
     マガレイ  最大で66.0bq/kg
     マコガレイ  最大で240.0bq/kg
     ムシガレイ  最大で50.0bq/kg
     メイタガレイ  140.0bq/kg
     ホッキガイ  28.0bq/kg
     アワビ  最大で10.0bq/kg
     キタムラサキウニ  最大で87.0bq/kg
     アカガレイ  最大で29.0bq/kg
     イシガレイ  110.0bq/kg
     エゾイソアイナメ  最大で120.0bq/kg
     カナガシラ  最大で34.0bq/kg
     キツネメバル  最大で410.0bq/kg
     ケムシカジカ  最大で110.0bq/kg
     サクラマス  130.0bq/kg
     シログチ  最大で22.0bq/kg
     スケトウダラ  最大で23.0bq/kg
     ナガレメイタガレイ  28.0bq/kg
     マアナゴ  360.0bq/kg
     マダラ  最大で100.0bq/kg
     ヤナギムシガレイ  16.0bq/kg
     イワナ  最大で170.0bq/kg
     ほうれん草  520.0bq/kg


<重箱の隅>

秋田県・山形県・群馬県・鳥取県の牛肉はND。(Cs(134+137)が25bq/kg以下)

福島県の豚肉・馬肉はND。(Cs134・137のそれぞれが25bq/kg以下)

鳥取県の牛肉はND。(Cs(134+137)が50bq/kg以下)

****************

福島県のほうれん草520bq/kgは、下記のニュースのような原因だそうですが、これから、こういった資材や肥料など、日本の物流パワーを見せられるかと思うと、食材選びにはますます慎重にならざるを得ません。


汚染資材再利用が原因か=ホウレンソウで基準値超え-福島

福島県は11日、福島市の農家が生産したホウレンソウから、食品に含まれる放射性セシウムの新基準値(1キロ当たり100ベクレル)を超える520ベクレルが検出されたと発表した。再度、この農家の他のホウレンソウを調べたところ22ベクレルだったが、県は同市の全農家にホウレンソウの出荷自粛を要請した。他市町村の生産者については全戸検査を行う。

県農林水産部によると、この農家は放射能汚染が広がった昨年3月に畑で利用していたトンネル型のポリフィルム製被覆資材を再利用。資材からは1キロ当たり31万ベクレルの放射性セシウムが検出された。県は再利用が原因とみている。(2012/04/11-21:11)


http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2012041100959
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

menu
メール
厚木市民測定室
日光関連記事
日光関連資料
日光の子どもを守る会PDF
早川マップ関連
給食課




お問合せ
メール
最新記事
カテゴリ
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。