はじめに お知らせ トピックス 学校給食問題 修学旅行問題
瓦礫問題情報 厚木市情報 愛川町情報 清川村情報 神奈川情報
気になる食品情報 市民測定室情報 安心食材 お弁当への道 座談会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3/30 大島さんからの手紙  日光市修学旅行アクション! 

日光のチラシ最新版 23 号


3.31 大島さんからのメール


今日は、ずいぶん暖かくなったので、-7度の時を考えれば嘘のようでした。

そして、高校生が休みに入ったことから、受け取ってくれる人も少なくなり、ちっょとさびしい感じでした。

そんなことで、ちょとゆとりから、これまで「チラシを取ってくれない人」がどんな 感じか思い起こしてみました。

早足で駆け抜ける人、首をコクンとうなだれる人、目をそらす人、知らん顔をする人、すまして通り抜ける人、手を挙げる人、両手で×をする人、バイバイと手を振る人、もらいました(以前もらったから、いらないという意味?)、「ごめんなさい」、そして、どうにも理解できない日本語が高校生、若い人で何人かが「大丈夫です」といいます。

 

さて、住宅地での配布で、3月11日は、

日光市荊沢の住宅、Tさん宅/雨どい(4地点)の内、

2地点は、私の測定限界値9.999を超えてしまいました。

そして、今日は、 日光市今市のDさん宅/雨どい

地上1cm  8.514マイクロシーベルト

1m  0.409μSv/h



小さな子どもが遊んでいる場所は、この雨どいの近くで、

地上1cm  0.303μSv/h でした。

お母さんは、小さな子なので、心配していました。市に言うことを含め、子どもたちを守る身近なことなど、真剣に聞いていました。

力がないので、歯がゆいです。



日光では、雨どいから地下から側溝や下水に流しているところは、めだって放射線量は高くはありませんが、一般的に、地面に流しているところは、2μSv/h以上のところがたくさんあるのが実態です。

 

No23から1500枚にUP //前回まで1000~1200枚

 

日光-放射能から子どもを守る会//おおしま


かぼ(山村)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



大島さん、厚木市の教育委員は日光は安全だと言います。


日光の子ども達は普通に生活をしていると・・・

0.19μSv/h以下だから安全だと言っています。

厚木市の修学旅行生が行かない事は差別であり、日光の子どもたちの不安を煽ると言ってます。

 

私は、大島さんたち日光市の皆さんを差別しているのでしょうか?

 

私は二度、日光を訪れ、日光市の皆さんの温かさを知っています。

そして、大島さんが感じてらっしゃる(厚木市もそうです)、何事もなかったかのような状況も目の当たりにしています。

 

 

大丈夫なのでしょうか?安全と日光市や国が言えば安全なのでしょうか?

 

本当に・・・悔しくてしかたありません。大島さんの言葉を借りるなら、自分に力がないのが本当に悔しい!

 

厚木市は、子育て環境日本一を目指しています。

厚木市の小林市長は、神奈川県県央地区では、「慎重」な市長だと思っています。

他の市のように、1μSv/h以下は除染対象ではない!なんて乱暴な事は仰いません。

除染対象は・・・1μSv/hは「ありえない数値」ですが

0.23μSv/h の 市町村と 0.19μSv/h の市町村があります。

私たちの住む厚木市は0.19μSv/hと厳しい基準と言われるほうを採用してくださっています。

また、市でもシンチレーション測定器を貸出しもして下さっていますし、

ホットスポットを見つけると、日光市と同じ高性能の測定器でもう一度測ってくれます。

給食食材も、私達お弁当組から見ると、え?って所もありますが、市独自に検査を行ってもくれます。

※でも、そうなると検出限界値が10ベクレルになってしまい。痛し痒しではあります。私達は、検出限界値をこれまで同様限りなくゼロベクレルに戻してもらいたいと考えております。

 

 

そんな、厚木市で、名切議員や奈良議員、他議員さんたちが、日光の修学旅行について何度も議会でも取り上げて下さっているのに・・・

市民の声も市民の代表の声も、教育委員会に属する、教育委員さんや、学校長はどこ吹く風のようです。まったく、日光市のことを学んでくれていません。

本当に悔しいし、本当に残念です。

救いは、市長さんと 教育長さんが他都市のように「乱暴な事をしない」って事ですが・・・

逆に、積極的に「子ども達を守る!」という視点でもなさそうです。

この程度やっておけば、やることはやってますよ!って言えるかな?って考えがあるとは考えたら意地悪すぎですが・・・

そうなのかな?と思う部分も・・・私の中には生まれつつあります。

 

 

大島さんも頑張ってる。

私も、能勢さんも、そして、多くの仲間たちも諦めずに、日光の子ども達も、そして自分たちの子どもたちも守れるように今後も頑張ります!

一緒に頑張りましょうね♪♪♪

 

以上、大島さんへの返信でした。(公開返信?)

 

日光のチラシ、23号(最新版)も併せてご覧ください。

 

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

menu
メール
厚木市民測定室
日光関連記事
日光関連資料
日光の子どもを守る会PDF
早川マップ関連
給食課




お問合せ
メール
最新記事
カテゴリ
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。