はじめに お知らせ トピックス 学校給食問題 修学旅行問題
瓦礫問題情報 厚木市情報 愛川町情報 清川村情報 神奈川情報
気になる食品情報 市民測定室情報 安心食材 お弁当への道 座談会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

緊急! 2号機で核分裂の可能性

元記事

2011.11.2 07:14
 東京電力は2日、福島第1原発2号機で原子炉格納容器内の気体に放射性キセノンが含まれている可能性が判明、核分裂が起きている恐れが否定できないとして、原子炉に核分裂を抑制するホウ酸水の注水を始めたと発表した。原子炉の温度や圧力、放射線量を測定するモニタリングポストの値には変動がないという。

 放射性キセノンは、核分裂に伴いできる。2号機では、格納容器内に爆発の可能性がある水素がたまるのを防ぐため、気体の交換装置を設置しており、1日に採取した気体を分析し、キセノンが検出された可能性があることが判明した。念のため、2日午前2時48分に原子炉への注水ラインからホウ酸水の注水を始めた。

 2号機の燃料は、事故で冷却水がなくなって溶け、原子炉圧力容器の底や、その外側の格納容器の底に漏れてたまったと推定されており、東電は圧力容器に水の注入を続けている。


もし、本当に核分裂が起きているのであれば、私たちは、要警戒レベルで、子どもたちを守る決意をもって行動しなくてはいけないと思います。

キセノンという物質は、核分裂反応が起きた時にできる放射性物質
現在はホウ酸を注入してる状態
ということは、核分裂は起きているって事になる・・・・

もしではなく、本当に起きている。

今日は出来るだけ、家にいて、子どもたちを外に遊びに出さない。
どうしても外出する時にはマスクを必ず(放射性物質を吸い込まない)
そして、ツィッター等のリアル情報源を注視(ソースを確認)

水道水を飲料水としている方は
ペットボトルのお水を買ってきて 飲料水にする。
内部被ばくを避けるために 子どもには飲ませないように 心がけて欲しいです。

一つだけ、皆さんにお願いがあります。
せめて、今は、非常事態だということを認識していただきたい。
安心、安全だというニュースと共に、安全はなく、安心すべきではないとう情報があることを認識し
どちらの情報もフラットな心で 読み解いていただきたい。

その情報を咀嚼し、今一度、私たちが子どもたちを守るために出来る事は 何なのか?を考えていただきたい。

今日は、特にそうして欲しい。

マスク、手洗い、室内での生活。内部被ばくを避けるための 可能な限りの対策
最悪の場合を想定して、今一度、考えて欲しい。

騒ぎ過ぎ、心配し過ぎでもいい。 後から、後悔をするよりはいい。


今日から、少しの間だけでも、今度は無駄に外部・内部を含めて被曝をさせない!
その意識を高める事を 心からお願いします。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

追記

11/3日

現在の所では、核分裂反応はあるけど、それが 大きな爆発等の事故になるかどうかは 可能性が低い。
との見解が、報道されているようです。

上記の記事では

外出を控え、室内で・・・
どうしても外出する時は マスクをしてほしい

と書きました。

そんなに危ない状況じゃないなら、いままでどおりでいいのではない?って方も
いらっしゃると思いますが・・・

いつ、何時、何が起こるか・・・わからないので、
外出時には マスク 帰ってきたら手洗いうがい・・・
出来るだけ、外遊びはさける・・・・って 感覚は必要だと思います。

311以降、いままでどおりの生活をしている人も多いけど
いま、私たちの住む町には、放射性物質があります。
menu
メール
厚木市民測定室
日光関連記事
日光関連資料
日光の子どもを守る会PDF
早川マップ関連
給食課




お問合せ
メール
最新記事
カテゴリ
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。