はじめに お知らせ トピックス 学校給食問題 修学旅行問題
瓦礫問題情報 厚木市情報 愛川町情報 清川村情報 神奈川情報
気になる食品情報 市民測定室情報 安心食材 お弁当への道 座談会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012/03/27 教育委員会傍聴レポート@厚木市

「教育委員会定例会」を初傍聴してきましたので、レポートいたします。録音が禁じられていますので、必死でメモしてきたものです。聞き違い、勘違い、ミスタイプ、色々と不備があるかと思いますが、後日、市のWebサイトに正式な議事録が載りますので、そちらでご確認いただくことを前提にお読みくださいませ。

今日、AAKとしてお聞きしたかった点は、「報告事項」の中の、
6.学校給食用食材の放射性物質の検査について
7.平成24年度教職員の研修方針について
8.平成24年度日光修学旅行の実施に係る対応について
の3点でしたので、こちらに関して報告の報告をさせていただきます。


<6.学校給食用食材の放射性物質の検査について>

教育総務部:
これまで、委託によって検査を実施していたが、保護者から回数や品目を増やして欲しい・検査機器を市で購入して欲しい・食べる前に実施して欲しいと要望があったため、市で購入して、3月中旬より検査を実施。
検査機器は15分で1kg辺りの放射線量を40bq/kg以下まで計測できるもの。
検査対象は市内小中学校36校及び公立保育所の6箇所の食材を事前に、また調理後の給食の検査を予備日に行っている。
結果は資料の通り、不検出。(*市のWebサイトにありますが、10bq/kg以下を不検出と呼びます)

教育委員:
事前の検査と言うのは、食べる前の検査?

保健給食課:
食材は使う前日に納入、そこで検査をする。

教育委員:
食べる前と食べた後、両方検査したほうが良いものか?

保健給食課:
本来は食べる前に全部の食材を検査したほうが良い。しかし、なかなかそうはいかない。給食センターは調理したものを2週間保存しているので、それを食べた後の検査に使っている。

教育委員:
1校の検査の頻度はどのくらい?

保健給食課:
3月は給食の日数も少なく、食べる前の検査(?)は3/19のみ。3/23には調理済みの給食を検査している。今日も1校分、学校についてはどこか分からない。できるだけ多く対応したい。

教育総務部:
食材については、納入業者が同じであることが多いため、調理前に検査することで安全の確認ができる。すべてはできないので、調理後の検査が必要。1校あたりの頻度は把握していないが、皆さんが安心できるようやっている。


<7.平成24年度教職員の研修方針について>

*すみませんが、ココは資料をじっくり見せていただいていたので、メモを取っていません。ただ、残念だったのは、教職員の研修プランの中に、放射性物質に関するものが1つもなかったことです。3/2の市議会で名切議員が、職員の研修をお願いしますと要望し、担当部署は「取り入れます」と返答していたような気がするのですが、今、企画中でしょうか?

ちなみに、資料の冒頭に、このように書いてありました。

*****************

教職員の基本方針
新学習指導要領の示す確かな学力や豊かな人間性、たくましく生きるための健康や体力などの「生きる力」を子供たちに育むことは、学校教育の果たすべき最も重要な役割である。そのために教職員1人1人が広い視野を持ち、社会の変化に柔軟に対応すると共に、教育者としての情熱と使命感をもって教育にあたることができるよう、絶えず研究と修養に励み、自らの資質、指導力の向上に努めなければならない。

*****************

原発事故以来、世の中はすっかり変わってしまいましたので、こちらに掲げられているように、社会の変化に柔軟に対応していただいて、子供たちに強く生きるための健康と体力を育んでやってください、お願いします。


<8.平成24年度日光修学旅行の実施に係る対応について>

学校教育課:
小学校の修学旅行は、例年日光へ行っている。一部、不安な保護者から変更が求められている。事務局としては、日光方面の地震対策・除染の取り組みなどを確認し、各小学校へ情報提供した。
1/31に大和市・綾瀬市・愛川町の教育委員と合同で視察へ行き、その結果、放射線量・防災・食材、問題の確認はされなかった。
2/6の校長会議で、その視察の結果報告をし、各学校の現況について情報交換がなされた。
3/26・27に、改めて線量の計測に(各学校の校長が)行っている。教育委員会は、日光方面へ対し・・・すみません、達筆すぎて読めマセン・・・

教育委員:
放射線量は国の基準値以下?

学校教育課:
1/31の視察の結果、例年のコースを中心に計測し、厚木市での基準0.19μSv/時を上回るところはほとんどなかった。一部は0.19μSv/時を超えた。

誰???:
厚木市は0.19μSv/時、日光市は0.20μSv/時以上がいくつかある。これについては、厚木市の基準を超えているところには行かない形で学校に伝えている。昨日・今日で再度計測をしている、これを元にコースを決める。

教育委員:
厚木市の0.19μSv/時は他所より厳しく設定していることもある、測れる範囲(?)は良く調査して、線量以外にも確認して欲しい、日光市は見学する価値のある場所。
対応は色々と問題になっている。日光市への修学旅行をやめさせろとテレビで放送している、学校給食の地産地消も同じ、大きく影響する場合でなければ差別をしないで欲しい。きちんと計測をしてみんなで利用しよう。厚木市は様々な角度から調べている。教育的な面から(?)、校長先生の判断を支援したい。

教育委員:
心配する部分はあると思う。近寄らないことで・・・読めない・・・実施するので良いと思う。視察や話し合いの結果は保護者に説明を実施し伝えて、理解をいただくように。

教育委員:
厚木市の基準以下で安心。様々な理由で修学旅行を取りやめることもあるかもしれない、自分には日光市の友人が居る、実際に子供たちはそこで生活をしている、例えば厚木市の子どもが行かないと、日光の子供たちの不安を煽ることになる。基準を下回っているので、しっかりと子供たちを日光へ送ってやりたい。差別にならないように配慮して欲しい。

・・・以上、ayukumaがお伝えしました。


21:14 追記

よくよくメモと睨めっこして、少し訂正しました。(筋は変わらず)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

本当ですよね・・・

もう 悔やみたくない。 あの一番放射能物質が降った日

厚木では未曾有の事だったとは思う

でも日光は いろいろと分かったあとのはなしですもんね。

Re: No title

傍聴席に、子どもを連れて・・・いけるのかな?
今度 詳しい人に確認しますね。

本当に、市議会等 聞きに行かなきゃ どこでどんな人たちが どんな視点で やってることやら!ですよね。

Re: 数値は?

数値ですよね
発表しないんですよね・・・

それで安心だなんて・・・・また数値だけじゃなく 写真で見たいですよね
数値はいかようにも偽造できますからね。(嫌な性格だわ私)


市の教育委員会
教育委員長さんと 教育委員はまた違うんですよね。

教育委員長さんの良心を信じています。本気で!!!

数値は?

どこもそうですが、測ってきて基準値内なので安全ですだけで、
数値を公表しないのはなぜなのですかね。
ギリギリだから?これだと、ちょっと離れたら超えてるとこあるでしょ
とか、こっちより3倍以上あるとか、今日は良くても明日は基準超えるよ
とか、突っ込みどころだらけだからでしょうか?
安全かどうか、行かせるかどうかの判断は、保護者がします。
だから、保護者が判断するための情報を開示して下さいとお願いしているのに、
それは出さない。
自分の子の命にかかわる選択を、学校任せにしろと?

「基準を下回っているので、しっかりと子供たちを日光へ送ってやりたい。」
基準を下回るって、空間線量がちょっぴりその日は低かっただけでは?
土壌調査しましたっけ?
空間線量は低くても、足元には10万Bq以上のものがあるのは事実です。
核種だって調べてないからわからないままです。
それで安全と言ってしっかりと送り出しちゃうの?
市の教育委員てその程度...
大人の面子で送り出される子供たち。取り残されて利用される子供たち...





No title

ご報告いつもありがとうございます。
差別・・・
なんだか都合の良い文句のように聞こえてきました。
差別なんて言葉を口にするのなら、その言葉の意味をもう一度掘り下げて考えてもらいたいです。

ところで、今回のような議会を子連れで傍聴することは可能なのでしょうか??
以前、そういった傍聴席に人数があると議会に良い意味でプレッシャーを与えられると聞いたような・・・
ので、人数稼ぎでもお役に立てればと思ったのですが。。



No title

日光は
国が決めた汚染重点調査地域です。
それ以下でもそれ以上でもありません。

昨年の3月厚木に放射性物質が降ったあの日も
一番濃い時間帯に登下校でした。
誰一人として休校、自宅待機の指示は出しませんでした。
それから一年間、様々な判断をしてきました。

何故無用な被曝をさせるのか。

傍聴の報告ありがとうございました。



差別って

「差別」と言う言葉が出て、大変驚きました。

もし発言できたら、お聞きしたかった、「誰が誰を差別しているんですか?」

まるで日光方面から変更を願い出ている保護者が差別をしているように受け取れました。こんなに、子供たちを、日光の子供たちも含めて守ろうと必死なのに。
あまりに悲しい会議でした。

これが厚木市の現状。

ちょっとまった!

自分には日光市の友人が居る、実際に子供たちはそこで生活をしている、例えば厚木市の子どもが行かないと、日光の子供たちの不安を煽ることになる。基準を下回っているので、しっかりと子供たちを日光へ送ってやりたい。差別にならないように対処して欲しい。


頭おかしくない? 逆でしょ!!! 差別? どっからそんな言葉が出るの?
差別なんて言葉をいえるのは、差別をする人間だと思う。
ちょっと・・・・いい加減にしてほしい。

日光の子ども達の為に 修学旅行にいけという 友達がいるからと
日光の子どもたちの不安を煽る?

まじで? そんな部分で 日光なの? 数値の発表はないのかしら?
茶番劇じゃない これ・・・・・

三回行きました。数値は出しませんが安全です。
僕の友達の日光の子どもが不安になります。

は???
menu
メール
厚木市民測定室
日光関連記事
日光関連資料
日光の子どもを守る会PDF
早川マップ関連
給食課




お問合せ
メール
最新記事
カテゴリ
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。