はじめに お知らせ トピックス 学校給食問題 修学旅行問題
瓦礫問題情報 厚木市情報 愛川町情報 清川村情報 神奈川情報
気になる食品情報 市民測定室情報 安心食材 お弁当への道 座談会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お弁当の事

今日で厚木市・愛川町・清川村の 小中学校は終業式を迎えました。

さて、お弁当の事なのだけど・・・・

千葉県の印西市というところの学校給食では
元記事


お知らせ
≪学校給食の停止を希望される場合は≫

「食物アレルギー等、健康上の都合でやむを得ず学校給食を食べることができない」、「入院等による長期欠席」又は「放射能汚染による給食食材への不安」などから学校給食の停止を希望されるご家庭におきましては、学校給食を停止し、代わりとしてご家庭からお弁当を持参して頂くことができます。お弁当の持参を希望される場合は、所属する各学校へご連絡ください。


って事が明記されている。

厚木市でも、学校に言えば、お弁当持参は許してくれます。

東電原発事故から一年が過ぎ・・・最初はナーバスになっていたママたちも
この生活は辛いと・・・お弁当から給食にシフトするかたも 多いと耳にします。
逆に
汚染度が明らかになって行くのを目の当たりにして、給食からお弁当への気持ちが生まれた方も多いようです。


私達AAKでは、お弁当にしよう とも お給食にしよう とも言えません。
それは皆さんがご自身で考えて、答えを出す・・・事だと思っています。

厚木市では、小林市長さんが、学校給食・保育園給食においては
食材の検査を 厚木市が購入した測定器でやってくれます。
ここは、本当に市長さんに感謝感謝なのですが

これまで、外部で測っていた 検出限界値と比べて、今後、市独自の測定では
検出限界値が緩くなっているってことを、鮎くまちゃんが指摘してくれています。

どーしたことでしょう?
どうしましょう???

また、昨年度のメニューを見て、頭がくらくらしてしまうのは・・・・
産地もさることながら

放射能の影響が出やすい「きのこ・牛乳・れんこん」等において
原発事故前と同じように、積極的に給食の食材として取り入れらていると言う事実があります。

これは、チェルノブイリの事故の経験から
危険とされる食品だということは、誰にでも解っている事だと思います。
学校給食においては、使用していただきたくない食材でもあります。

牛乳は、様々な自治体や、測定所が計測をし、やっぱり汚染されているという事実があります。
毎日、口にするものです。
牛乳を飲めば、子どもは育つ・・・・って そういえば 信じてた時期もあったっけ・・・・です。

様々な自治体で「子どもを守る会」が 学校給食についてはアクションを起こしています。
そんな中で漏れ伝わってくるのは

放射能を気にするよりも「栄養バランスを気にしなさい」という風潮。

もちろん

栄養バランスはとっても大切ですし、また 栄養バランスを軽んじているわけではないのです。

ですが

子供は大人の数倍から数十倍(個人差あり)の放射能への感受性を持つと言われています。
そんな子どもや
ともすれば 保育園なら 生まれたばかりともいえる赤ちゃんを
栄養バランスという剣で 体を切り裂いているように 私は思えてなりまえん。(かぼの個人見解です)

行政も含めて 大人が子供を大切に育てようと思うならば
出来るだけ
放射能汚染の懸念がある食材の使用はやめていただきたい。


決して煽るつもりはありませんが

チェルノブイリでも一年目は 被害はあまり出ていなくて、ママたちは、気にすることを辞めた人もいたそうです。
そして気にすることを辞めたママたちの子どもは・・・どんどん 病に倒れたと言われています。


ママさんを含め、保護者の皆さん。

確かに、このような状況の中、食材に気を使うのはとってもとっても大変な事だと 私も同じ立場だから解ります。
でも、でも、でも、今、気にすることを諦めてしまったら
もしかしたら
私たちの子どもを 守る事ができる「権利」を放棄する事になるかもしれません。


厳しく ナーバスに気にしろとは言えないし 私も そこまでは やってませんが・・・

食材を購入する時、子どもの口に入れる時に 「この食材はべくれってない?」を頭から離さないで欲しい。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


今日、私はツィッターで知り合ったお友達から 誕生プレゼントに「とち乙女」12パックを貰いました。
とっても有りがたく、とても嬉しく・・・・とてもとても 感動しました。
その苺には、つくば分析センターの 放射能物質核種分析もつけられていました。


ヨウ素、セシウム 共に 検出せず 

検出限界値 20bq/kg


これをね、そのまま、子供に食べさせる事が 私にはできないんです。
この苦しさって解って頂けますか? 

優しい気持ち、好意で いただいた食材を 大好きな大好きな食材・・・・検査まで行われてる食材。
その食材を
素直に ありがとう いただきます・・・・って出来ない。(私がおかしいのかな???)

これを、座間にある市民測定所でもう一度検査をしてもらいます。
へたをとり、つぶし・・・・検査をします。

もし、数値が出なかったら・・・ジャムにして食べます。
もし、数値が微妙だったら・・・ジャムにして大人が食べます。
もし、数値が酷くでてしまったら・・・ごめんなさい。食べる事ができません。


へたをとっている間に 息子が、食べたいって言うのを ダメダメ ちゃんと検査してからだよ。と追い払いました。
でも、戻ってきて 口の中に一粒いれて・・・


ママ、すごくおいしいよ ママ・・・甘いよ すごくおいしいよ お友達にありがとうって言ってね。
でも可哀想だよね 農家の人、こんなに美味しくつくってくれたのに、検査しなきゃ食べられないって 可哀そうだよね・・・・って言いました。

原発事故がなかったら、たくさんの苺もらったからって 〇〇君や 〇〇君のところにも 持って生きたかったのなぁ~
原発事故って悔しいよね ダメだよね 原発・・・って 言いました。


子どもの素直な気持ちです。

私は、泣いてしまいました。 頂いた方の気持ちに申し訳なくて、そして農家さんの気持ちに申し訳なくて
そして、こんな状況にいる事が悔しくて悲しくて・・・・・泣いてしまいました。


結果はまたブログでお知らせします。


また、座間の測定所さんのご紹介の記事も アップする予定です。

もし、希望される方がいらしゃいましたら、ちかぢか、一緒にランチがてら、測定所の見学にもいきませんか?


かぼでした。





関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

交渉してください

ももさま、おはようございます。

牛乳ですが、「飲みません」と言ってしまって良いと思います。
非常事態ですから、学校側は柔軟に対応してくれる、、、はず、、、

新1年生と言うことで、なかなかクラスで1人だけと言うのは、
お子様の心理的に難しいかもしれませんが、
本人が「大丈夫」と言う日が来たら、思い切って「飲まない宣言」してみてくださいませ。

原発事故からずっと、非常事態ですものね。

No title

はじめまして。

今日から新一年生になった子供がおります。

いつもこちらにお邪魔させていただいております。

今回息子には牛乳を飲ませたくなく、健康表にも記入したのですが、アレルギー体質でない限り難しいと。

なぜきのこ、毎日の牛乳を飲ませるのか意味が分かりません。

放射能ってみえないものだから??

どんな気持ちで給食のおばちゃんたちは作ってくださるのでしょうか?

放射能のこときにしてくれてるのでしょうか?

本当に気にしてないママたちがたくさんいることに毎日<???>です。

どうかこれからも記事を更新してください!応援しています

No title

ベリーはね。。。ベリーは吸着しやすいからね。。。
チェルノブイリハートでもいちごジャム、ベリー類、きのこ食べてない?って
医師がいったよね。
私だって、きのこと魚(東日本?)牛乳がなければ給食に変えたいよ。。。
もうほんと辛い。お弁当生活慣れたけど、子どもが、人と違うのはかわいそうだよ。
国の遅い対応にこりごりだよ。。。基準値厳しくないのももうだめだめだよ。
国で全動力を尽くして食品汚染を調べることは可能じゃないの?
雇用も増えるのに。。。。(つд⊂)
menu
メール
厚木市民測定室
日光関連記事
日光関連資料
日光の子どもを守る会PDF
早川マップ関連
給食課




お問合せ
メール
最新記事
カテゴリ
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。