はじめに お知らせ トピックス 学校給食問題 修学旅行問題
瓦礫問題情報 厚木市情報 愛川町情報 清川村情報 神奈川情報
気になる食品情報 市民測定室情報 安心食材 お弁当への道 座談会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日光チラシ最新版と大島氏からの手紙

日光のチラシ、21号(最新版)をアップしました。


3.16 大島さんからのメール


僕ら日光のちっぽけな力しかないグループにとっては、1人の変化というのがすごく 大きな力、喜びです。しかし、この心をいつまでも大事にしていくことが原点といつ も大事にしていきたいです。

これがなくなれば、僕たちのひとりの子ども、市民をも 守ることにつながりません。守ることができないかもしれませんが、一人を大事にし ていきたいです。


今日、僕は、電車が出発して空いた時間で、いつものタクシーの運転手にチラシを渡 し、線量値が測定器を変えたことでダウンしたことを話していたら、Mさんが来てく れました。

ひとりの協力者が来てくれることは、力づよいです。そして、今日は、ひ とつの区切り?、大震災1年後の第1号NO21になったこともあるのでしょうか。


先日から、一人、また、一人と、それまでチラシを取ってくれない人が取ってくれるよ うになったことで、間違っていないとの確信と、ちょっと喜びを得て、ゆとりにつな がりました。

そして、今日は、高校生の男性と女性の2人がはじめて取ってくれまし た。チッチャな変化は、いろいろあります。

短い時間でも世間話も含めて気楽にでき るようになっています。両手でチラシをもらってくれて「ありがとう」と言われる と、ビクッとします。

 

さらに、朝の配布後に、別のMさんが激励にきてくれ、2人のMさんと、今後のたたかいや支援、協力について言いたいことを言い合い、さらに信頼関係を深めることができ、展望が出てきました。

 

また、数日前には、数人の仲間が、チラシ配布をしてくれること、別の仲間は、現 在、厚木の仲間がチラシをインターネットにアップしてくれていますが、日光でアップする準備を進めてくれています。

そして、今後、具体的に日光の子どもたちへの放射能の危険を訴えることを拡大していくことも話しあいました。今後の計画をさらに グレードアップして、進められるかどうかわかりませんが、展望がちょっぴり見えて きたかなと感じています。

 

いまだ、大震災1年というマスコミ報道の余韻がある間に、少しでも多くの人に、放 射能の恐ろしさを知ってもらい、思い起こしてもらい、忘れないようにしよう と・・・・、

そして、少しでも日光の子どもを犠牲にした流れを変える力につなげら れればと、心を新たにしています。


今後ともよろしくお願いします。


2人の仲間が移住です。しかし、僕らは、この仲間も、今後とも大きな力です。

市外の我がグループの仲間です。

 

日光-放射能から子どもを守る会//おおしま



かぼ(山村)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

大島さんのメールを読むと、いつもいつも・・・大島さんの笑顔と、自宅のお部屋を思いだします。
たくさんの本、そして 私たちにお茶を沸かしてくれている姿・・・・。
なんだか すこしだけ ノスタルジックな感じがするんです。

大島さんの地道な活動が、少しづつ人々に受け入れられてる事
大島さんの文面から明るい希望の光が見える事・・・
本当に、本当に嬉しい限りです。

私達、こども まもりたいの能勢さんも AAKのメンバーも そしてお付き合いのある 守る会のメンバーもみんなみんな、大島さんの事を応援しています。
きっと、ここを見に来てくれている多くの方がそうだと信じています。

日光で大島さんの活動が、どんどん大きなウネリになって・・・
私たちの日光修学旅行アクションも大きなウネリになって・・・

学校長はもとより
まずは、保護者の皆さんが、日光の今の真実を知っていただきたい。
その上で、たった数日だから大丈夫だとか 簡単に言えない事実を知ってほしい。

日光には、大人を信じ先生を信じ・・・親を信じ生きる子供達がいます。
日光市では、そんな子ども達に 大丈夫だよ。って言ってます。
日光市の線量は高くないと・・・

でも、日光市の行政の方は知っています。私たちも知っています。
日光市は、国や県に、子ども達の甲状腺の被害をしっかりと調べて欲しいと訴えている真実を・・・

手のひらに裏表があるように・・・使い分けられる真実。

参考資料:こちらのPDFをご覧ください。

 

皆さん、このPDFをどのように感じられますでしょうか?

こんなの当たり前でしょうか? こんな事って・・・でしょうか?

少しだけ、日光の子どもたちに思いをはせて・・・考えて頂ければ幸いです。

日光のチラシ、21号(最新版)も併せてご覧ください。

 

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

大島さん、いつもありがとうございます。
最近、松本市長の講演会を聞きました。
日光市の人たちたくさんに聞いていただき
汚染された日本を受け入れ、大人が子どもを守るということの
基本、聞いていただきたいです。
とっても素敵な方です。

日本全国のみなさん、科学者の話なんてもう私にとってどうでもいいです。
医療者である、松本市長、私の医療現場での体験、真実の声を、命の叫びを
聞いてください。
マスクをして、外に出る時間を制限されている地域でふつうに子どもたちに
生活をしろと強要するのは異常事態です。
同じ大地に住んでいるのに、無関心なんて許されないことなんです。
車ですぐに行ける大地が汚染されて助け合えないこの現状に声を出さないなんて
おかしいのです。
私は声を出し続けます。大島さん、一緒にがんばりましょうね。

日本の医療はこれから、大変なことになります。
菅谷市長は、医療も日本は進んでるから大丈夫っていうけど
私は心配です。
子どもたち、ひとりでも傷つけてほしくないから。。。

絶対一人、一人が小さな力で声を出していけばきっと
世界は変わると信じたいです。

menu
メール
厚木市民測定室
日光関連記事
日光関連資料
日光の子どもを守る会PDF
早川マップ関連
給食課




お問合せ
メール
最新記事
カテゴリ
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。