はじめに お知らせ トピックス 学校給食問題 修学旅行問題
瓦礫問題情報 厚木市情報 愛川町情報 清川村情報 神奈川情報
気になる食品情報 市民測定室情報 安心食材 お弁当への道 座談会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気になる食材(放射線量)

3/6発表のデータから、気になる食材を書き出しました。
*数値はすべてセシウム(134+137)です
*ごめんなさい、魚介類の「○○沖」を省きました(面倒臭がり)

厚生省のデータ(第339報)

 北海道 マダラ(流通品)  5.4bq/kg

・・・い、以上です・・・検査少ないかも・・・


<気を取り直して重箱>

山形県・群馬県・茨城県の牛肉はND。(I-131・Cs134・Cs137のそれぞれが25bq/kg以下)

千葉県の乾のりはND。(I-131が4.9、Cs134が7.2、Cs137が5.8bq/kg以下)

京都府・長野県・北海道・鹿児島県・宮崎県・岡山県・長崎県・島根県の牛肉はND。(I-131を測定せず、Cs(134+137)が50bq/kg以下)

福島県の原乳はND。(I-131が8.2、Cs134が8.1、Cs137が7.9bq/kg以下)

☆厳しい検査をありがとう☆
 千葉県の原乳はND、I-131が0.772、Cs134が0.851、Cs137が0.885bq/kg以下でした。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

つまり・・・重箱の隅をつつくことは大事、と言うことでございますね?!?

頑張って突いて書き出しますね!

Re: No title

本当ですよね。

そもそも、今の日本の状況なら厳しくなるべきところが
ご都合主義で高めに設定されて
またそれも危なくなると ご都合主義で上げていった経緯有りますよね・・・・

子ども達にには 可能な限り ゼロベクレルに近い食べ物だと私は思っています。

No title

この定量下限の数字が問題ですよね・・・やっつけ仕事というか・・・
それぞれ50Bq/kg以下だとつまりは合算では100Bq/kg以下ということになります。(スクリーニングテスト程度ですね)

土壌はまだしも、食品だと辛いところです。

子供をかかえる消費者が知りたいのはその下の数字ですから・・・

食品 放射能汚染

皆様 御存知でしょうが この3月2日のカナコロ新聞から、秦野市は この2012年度 夏以降から 全小学校と保育園の 給食食材を全部1週間分 過去のもののようですが、東海大学に委託?して 測定開始するようですね。
幼稚園は?中学校は?お弁当なのかな?と よく分りませんが・・、うらやましい。
子供の事を考えていただいている。大切にされているなと感じます。

また、今日のニュースでしょうか・・。東電推定の6倍の 海へのセシウム汚染が広がっていたようですね。もう、何とか「テラ」だとか 偉大な値!過ぎて、その 放射能汚染度が良く分りませんが、セシウムだけでその値とか・・。放出された全ての放射性物質は如何程か?
半減期が過ぎても まだ何とかテラ?の値の中(その値のまま?)のような?気が遠くなる感じです。
お魚は水族館で観るもので日本では食べるものでは無くなる様な常識が変わるような時代にならないように 政治家のセンセイ方。。この海に囲まれた 島国日本 をどうか宜しくお願いします。日本中に 漁師さんもおられます。諸外国に 放射性物質を拡散させる事も いつまで許される事か・・。悲しくなります・・。

食品中の放射性物質の基準が この春から変わる予定。(本当に厳しくなるんですよね???)
震災以前は 日本の基準は それに対してどうであったか?もう、あまりの変化の大きかったこの1年だけに 忘れてしまいましたが(笑)

項目違いでしょうが、気になる食材のこちらにコメントさせていただきました。
すみません。
menu
メール
厚木市民測定室
日光関連記事
日光関連資料
日光の子どもを守る会PDF
早川マップ関連
給食課




お問合せ
メール
最新記事
カテゴリ
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。