はじめに お知らせ トピックス 学校給食問題 修学旅行問題
瓦礫問題情報 厚木市情報 愛川町情報 清川村情報 神奈川情報
気になる食品情報 市民測定室情報 安心食材 お弁当への道 座談会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本当に子どもを守るということ

二月に、横浜市瀬谷区二ツ橋町の使われていない水路付近で、
地上1センチで毎時6・85マイクロシーベルトの空間放射線量を計測したという
ニュースは記憶に新しいところである。

付近の土壌1キログラム当たりの放射性セシウムは6万2900ベクレルだった。

市は東京電力福島第1原発事故によるものとみて除染する方針。
「排水がたまりやすい形状で、ホットスポットになったのではないか」としている。

市によると、高い放射線量が確認された場所は小学校に近いが、
フェンスがあって人が立ち入れないようになっている。。。


一年たち、雨で濃縮され高濃度汚染になるホットスポットは
厚木市の中でも必ず存在すると
思われる。

私の住む地域では地域代表の方が、
厚木市が貸し出ししてくれたHORIBA PA-1000 ラディを
地域で購入してくださり、子どもたちの遊び場、通学路の一部、
公民館、児童館を計測してくださり

「これから、春になると、子どもたちが頭を突っ込んで覗きこんで
ざりがにを取る側溝が怖くてね。。。側溝は雨水がたまって濃縮されるし汚泥がね」

「将来、子どもたちが病気になったりさ、正常に子どもを産めなくなってしまったら
辛いもんなぁ。。。ほんとこの世の中どうなっちゃうんだろう・・・」

子ども会代表や、保護者の代表者と一緒に、厚木市の基準値超えした
階段の溝を高圧洗浄機で除染してくださり、その前後を計測した図表を
くださり
「どうしても落ちないんだよね。
どうやって埋めたらいいかな?コンクリで固めてみる?他の素材あるかな?」

「子どもたちが遊ぶから、赤いペンキで塗って近づかないようにするか。。。」

子どもたちへの愛があふれてて電話で話したあと、自然に、涙が出てしまう。


地域代表の会でも、種まきをしてくださっているという。


福島や日光、東葛区などの高濃度汚染地域にもたくさんたくさん声を出す人が増えてくれると
いいのに。子どもをどんな手をつかっても救ってあげたいのに。。。

大人の数倍高い感受性の子どもへの低被ばくの影響も誰にもわからない。
ただ言えることは、高線量を放つところで子どもが生活することは
絶対にリスクがあるということ。

たった一瞬その場にいただけで、放射線は体を貫き、DNAの切断は起き
その切断された、壊された細胞がよみがえらなければそのまま癌化してしまうかもしれない。

体に影響を与える、放射線には厳しい法律があるはずなのに、事故後は法律さえ守られない。

いつも犠牲になるのは弱い子どもたちだ。

yahooニュースより

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


福島第一原発の事故により福島県外に避難した住民は現在、
6万人以上ともいわれる。事故から1年を迎えても故郷に変える目処が立たないなか、
ストレスや不安に押しつぶされそうな日々を過ごしている。

 郡山市から、小学生の息子とともに一家で避難してきた福純さん(仮名・50代・主婦)は、
震災後から息子さんが頻繁に鼻血を出すようになったという。

「うちの子が通っていた小学校は郡山市内でも2番目に線量の高い学校でした。
4月になって郡山の自宅でいつものように夕食を食べていたら、
突然、息子がバッと鼻血を出したんです。ツーっと垂れてくるのではなく、
食卓が真っ赤になるほど勢いよくブワッと。でも、本人は気づいておらず、
『どうしたの!』って言ってやっと気づきました。ほかにも、いろいろな症状が出ました。
息子は運動が得意で学年でも2番目に足が速かったんですが、すごく遅くなってしまった。
それから、いつも猫背になってしまって口がだらしなく開いて、
寄りかかるようにしか座れなくなったんです」(福純さん)

 こうした息子さんの異変にも、当時は「震災のショックのせい」程度にしか考えていなかった。
しかし、5月に東京の赤坂プリンスホテルに避難してから、似たような症状の子供が多いことに気がついた。
息子さんの異変が放射能が原因ではないかと考えた福純さんは、その影響について、
チェルノブイリの症例も含めて調べ始めた。

「内部被曝すると、まず循環器系がやられてしまうようです。
それで鼻血が出る。足が遅いのと姿勢が悪くなってしまうのは、セシウムが原因ではないかと。
セシウムは筋肉にたまりやすく、筋肉の動きに影響を及ぼすようです。
実は、このほかにも、視界に蚊が飛んでいるように見えたり、
心臓がキューッと痛くなったり、手の甲や腕に500円玉大の内出血ができたりと、
低線量被曝が原因と思われる症状が現れていました」(福純さん)

 福純一家が昨年12月に都内でホールボディカウンターで内部被曝線量を測ったところ、
同じ日に検査をしたいわき市の家族に比べて、その値は数倍も高かったという。

「うちの子を測ったら、担当の先生が『うわっ』っと驚いて、『もう一度、測りましょう』って。
複数回調べて、最後は洋服も脱いで測ったんですが、明らかに高い数値でした。
事故から10ヵ月もたっていたのに。ショックでした」(福純さん)

 もちろん両者の因果関係は証明できない。だが、現実問題として突きつけられた内部被曝の数値と、
今、何が起きているのかを知るにつれて、かえって福純さんは冷静さを取り戻したという。

「頭では、ひどい事故が起きたとわかってはいるけれども、
ハートの部分ではまさかそんなことに巻き込まれるわけがないと思っている自分がいた。
でも、福島を離れて、さまざまな情報を得て、自分でも勉強しました。
その結果、今では『あの線量では、戻れるわけがない』と思っています。
チェルノブイリの強制避難区域と同じレベルですから」(福純さん)

 今、福純さん夫婦は、東京を拠点に、福島の残留家族を支援する団体を立ち上げている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



偶然、帰省した九州で、講演中だった俳優「山本太郎さん」に会えた。

飲み会の席にお邪魔し、「神奈川で子どもたちを守るために頑張ってること、
山本さんに背中をおしていただいていること、会えるなんて
思ってなくて、ちょうど空港から山本さんの本を読みながら帰宅した
こと」を話した。


とってもとっても優しい顔で、握手してくださり
そしてときには鋭い顔で「一緒に声を出していきましょう。このままじゃ
殺されてしまいますよ。。。。無関心な人に話をしていきましょう。」
とお話ししてくれました。

強く強く背中をおされた気がしました。

彼はまだ若くて自分の子どもすらいないのに。

こんなに子どもたちのことを思ってくださる。

これが愛なんだと。人を愛するからできる行為だと。

すごいパワーです。

大切な優しい地域の方、優しい学校の先生たち、まわりで支えてくれる大事な大事な友人たち、
そしてここで出会えた大切な人たち・・・

すべてが、子どもたちを救うパワーになります。

無関心な人へ種まきを。。。そして市民で大きなパワーになれば
いつか怠慢な国をも動かせると信じて。。。。


ひとり舞台 脱原発-闘う役者の真実-ひとり舞台 脱原発-闘う役者の真実-
(2012/02/03)
山本 太郎

商品詳細を見る



この本の中で山本さんを山本さんに育てたお母さんの記事が大好きです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

福島の子どもたちからの手紙」


そして、この本の中で山本太郎さんが最後に子どもたちへ
告げたメッセージが心の奥につきささります。

「オジサンは本気で戦う」

福島の子どもたちからの手紙 ほうしゃのうっていつなくなるの?福島の子どもたちからの手紙 ほうしゃのうっていつなくなるの?
(2012/02/07)
KIDS VOICE

商品詳細を見る



ぴーち命の叫び
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

実はワタシも

実はワタシも、換気扇は使ってしまいますた・・・
窓は開けなくても、換気扇使えば同じだったと気付いたのは、しばらく経ってから。
と言うより、「料理の時ぐらいいいだろう」と思っていたような気がします。
ホントに情報が錯綜していました、冷静なつもりで混乱していたなと思います。

しかし、タイムマシーンは無いので、「今」できることは頑張らねば、です。

「将来病気になるかもしれないけれど、それより今が大事」だと言われたことがあります。
私はその言葉に納得しています。その通りですよね。

「今」を丁寧に生きることは、必ず将来に繋がりますから♪

北沢は・・・はい、まぁそんな感じです、おほほ。(←息抜きも必要かと)

No title

見たよ~フィルターなんだってね。。。こ。。。怖い。
換気扇はかなりダメージ大きかったってことでしょ?

ああ・・・・そういえば、STOP浜岡原発の本に
換気扇は使うなと書いてあったのよね。
あの当時、がんがん使いまくりよ。わたし。。。

北沢???玉木くんかしら(笑)

瀬谷の水路は

瀬谷の水路は、近くにある空調関係の企業が、フィルターを洗浄した際に流した排水が原因だとニュースで見ました。

それはつまり、、、フィルターに放射性物質が多く付着していたと言うことであり・・・
それはつまり、、、そんなフィルターはそこら中にあるわけで・・・

神奈川県は安全ではないと言うこと、自覚して生活していかなくては、です。

「北沢、お前が好きだーーー!!!」(←これ分かる人、居たら嬉しいなぁw)
menu
メール
厚木市民測定室
日光関連記事
日光関連資料
日光の子どもを守る会PDF
早川マップ関連
給食課




お問合せ
メール
最新記事
カテゴリ
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。