はじめに お知らせ トピックス 学校給食問題 修学旅行問題
瓦礫問題情報 厚木市情報 愛川町情報 清川村情報 神奈川情報
気になる食品情報 市民測定室情報 安心食材 お弁当への道 座談会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

修学旅行アクション!再び日光へ・・・6 女将からのメッセージ

日光の観光業の方は、皆、修学旅行に来てほしいという声・・・
自分達の子どもを守れずに、どうして修学旅行生を守ることができるの?と思っていました。

でも、3/1日に素敵な女性から ほっとするような言葉をいただきましたので、ご紹介します。

私達は東電さんからの補償金をもらいました。噂では、何億、何千万と貰ったところもあると聞いています。
日光は線量が高いって言われますが、ちゃんと測って、正直な商売をしてきたいです。
修学旅行の方は、線量の高い場所を除染して、本当に安心・安全になってから来てもらえればいいなって思っています。
中禅寺湖の観光業の方は、そのように考える人が多いですよ。
当たり前のことを当たり前に考えています。

皆が病気にならないようにして欲しいと思っています。線量が高い事を隠してまで来てもらいたいとは思っています。観光客は本当に、原発事故後は減ってしまいました。
でも、私はずっとこの土地で商売をさせてもらってますけど、戦時中やそのほかにもそんな時はありました。

子どもの被曝を気にする保護者の方には、無理をしないで、いいですよって言いたいですね。



私が最後に、これは風評被害でしょうか?とお尋ねしました。

そしたら、にっこりとほほ笑んでくださり、

いいえ、不景気だからですよ。戦争中の事を思えば、きつい時もたくさんありましたから、大丈夫ですよ。


そういって下さいました。

今、無理に観光に来てもらって、子どもさんが病気になったら 五年後には誰も来なくなってしまう。
誰だって自分の子どもも 日光の子どもも守りたいですものね

そういって下さいました。

また日光の子どもたちの現状を大島氏から聞いて、
子ども達の環境が少しでも早く、除染なりをして、良くなるようにしてもらわなきゃね・・・ともおっしゃってました。


素敵な素敵な女性でした。

日光の観光業の方が【当たり前のことを当たり前に・・・】考えてくださったら。
日光は修学旅行生がこなきゃ もうダメになってしまう・・・・ではなく
まずは日光の子どもたちも含めて、子どもたちの健康のことを考えてくださったら・・・
私たちの学校長は・・・教育委員会は・・・
修学旅行は 何がなくとも日光へ・・・なんて言わないのかもしれない。
でも
修学旅行先を変えるのは労力のいる事だから めんどくさいから 日光でいいや・・・って先生もいるかもしれない・・・・

そんな事を考えながら・・・いろは坂を後にしました。

今回の日光への測定は、本当に行って良かったと思います。
自分が疑っていた
日光の人は修学旅行生をお金の為にガムシャラに呼ぼうとしている。という考えも
この女性の言葉で・・・少しだけですが(私はおばかさんなので)違うんだなぁ~って思いました。


参考に・・・
朝日新聞 記事

指定されるのは岩手、宮城、福島、茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉県の市町村。来年1月に本格施行される放射性物質汚染対処特別措置法によって、市町村が地表から1メートルのところで0.23マイクロシーベルト以上になる区域を選んで除染計画を立てる。すでに除染を始めている場合も対象。線量の測定や除染に直接関係する費用は原則、国が負担する。

 ただし、指定条件にあたる区域があるのに、「市町村全域で線量が高いと誤解されかねない」などとして指定を受けていない市町村があるという。

 一方、局所的に周囲より線量が高い「ホットスポット」だけの除染は対象外だ。千葉県銚子市のように、指定を受けられないか相談した市町村でも、線量が高い一定の広さの区域が対象になるとして指定を見送ったケースもあった。

引用:朝日新聞

【栃木県】 佐野市、鹿沼市、日光市、大田原市、矢板市、那須塩原市、塩谷町、那須町


早く対応してくださいね。日光市。


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

私の友は、毎回毎回運動場を除染して、校庭の土をはいでもはいでも
もう限界が来ていると。。。

数字に麻痺してしまいそうなのです。

チェルノブイリの立ち入り禁止区域の入口が
0.3~0.5μシーベルトということを知っていても
それ以上のところに人が住んでいなくても

そのデータをもう忘れてしまいそうなくらい

あきらめているような気がするのです。

子どもが先に逝く辛さには変えられないのに。

国が動かないと行政は動きにくいのはわかるんだけど
今こそ立ち上がるときではないのかな。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
小出教授より

外国に住む方から、Fukushimaは、まったく良くなってないと聞かされている。

日本では奇妙な収束モードがあるらしいがどういうことなのか?

と、利害関係のない外国のテレビのほうが冷静に事実を伝えている。
嘘や隠ぺいだけを繰り返しているのに、日本人はやけに楽観的だと。

////////////////////////////////////////////////////////////

私は種まき中に、まだでもかわいそうだと食べて応援している方へ
会います。

大人は賛成です。どうそ応援してください。

だけど絶対に子どもだけは守ってほしい。

どんな状態で壮絶に子どもたちが亡くなるのか。。。その方たちに伝えたい。
menu
メール
厚木市民測定室
日光関連記事
日光関連資料
日光の子どもを守る会PDF
早川マップ関連
給食課




お問合せ
メール
最新記事
カテゴリ
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。