はじめに お知らせ トピックス 学校給食問題 修学旅行問題
瓦礫問題情報 厚木市情報 愛川町情報 清川村情報 神奈川情報
気になる食品情報 市民測定室情報 安心食材 お弁当への道 座談会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

少し激しい文章ですが 武田先生のブログより

教育は戦前の暗黒時代へ・・・教育関係者の魂に期待する

福島では小学校教育でまるで戦前に戻ったかと思う教育関係者の発言が見られる。

ある小学校では、福島から避難することを口にした児童を教諭がみんなの前で名前をよび、「あなたは日本国民ではありません、裏切り者です」と言った。

さらにある小学校(特定しています)では登校時にマスクをした児童に対して、先生が、「マスクを取りなさい! その様な行為が風評被害を招くのです!」と叱った。


・・・・・・・・・



こんなことが今の時代にあるのか?!とビックリするが、これに類したことは原発事故以来、かなり多く、私も直接(校長先生からのメールなど)、間接(読者の方からのご連絡)に接してきた。戦後、「日の丸、君が代」も拒否し、ひたすら「民主教育」、「個人の尊厳」を中心にしてきた学校はどうなってしまったのだろうか?

また、朝日新聞をはじめとしたマスコミもおおかたは「個人の尊厳、民主的教育」を支持してきたのではなかったか? 

今回の原発事故は、そのものが「原子力安全審査における不誠実」が一つの原因になったのは間違いない。私たちはここで「福島原発事故の教訓を活かして、どんな場合でも誠実な日本人であること」が求められており、さらに教育、医学、行政などの分野でより強く意識しなければならないのは当然でもある。

福島の汚染地帯にいる子供たちは「違法に滞在している状態」である。子供たちは法律を知らないが、教師は法律や規則を勉強して子供たちを守る立場にある。ここに上げた二つの例は、いずれも土壌汚染が1平方メートルあたり4万ベクレルを超える地域であり、学校の先生は法律の規定に従い、学校の放射性物質を除去することを東電に求めて子供を守る必要がある。

法律の制限を約40倍超える外部被曝をさせた文科省、法律の制限を約40倍超える被曝をさせた給食担当者、短い期間だから問題ないといって汚染された地域へ生徒を修学旅行に連れて行った校長先生・・・今回の福島原発事故は教育界の腐敗を示したとも言える.


・・・・・・・・・



「原発は危険だから東京には作れない」といって、東京の電気を福島で作っていた。なぜ、福島の人がそれを受け入れたのだろうか? 東京にはA級国民が住んでいて、福島の人はB級国民だからだろう。お金を持っている東京の人は「電気は欲しいけれど子供は被曝させたくない」と言い、貧乏な福島の人は「ご主人様がそう言われるのだから我慢しよう」と言う。

この先生方の言葉を聞いて、私は福島の先生が子供たちに「被曝は受け入れなさい。ご主人様のご命令だよ」と言っているように聞こえる。「絆」という字がいかにも欺瞞に聞こえるのはその所為だろう。


被曝を避ける子供に「裏切り者、非国民、風評被害」となじる先生の姿は鬼にしかみえない。政府、マスコミも野蛮人に見えたが、実は福島の先生も野蛮人で、被曝を良しとするなら、仕方が無い。

しかし、残念だ。そんな日本に住んでいると思うと残念だ。今まで、なんで先生の言うことを聞き、新聞を読んできたのだろう・・・・・・


・・・・・・・・・



昨日、「医師と被曝の限度」について記事を書いた.記事に対するご意見を医師の方からいただき、今、また深く考えている.医師、教師など社会的に尊敬され、また尊敬されなければいけない職業が危機に瀕していることは確かだ.

福島の保護者も先生も児童を被曝させたいなら、それもそれでよいのだろうか?

今、教育の本を執筆している.どう考えるべきだろうか? 何が起こって、また起ころうとしているのだろうか? 拝金主義の蔓延というそれだけだろうか? このことについて深い考察をすることもまた、将来の日本社会にとって必要なことだろうと思う.

武田先生のブログより


管理人Kの戯言
少し言葉は強いのですが・・・武田先生のブログをご紹介させていただきました。

多くの先生方にとっては は? な事かもしれません。
でも
武田先生の仰ってる事は、多くの保護者の胸にある気持ちである事は私には否定できません。
そう思わない保護者もまた居る事も否定しませんが・・・。

多くの保護者は、先生方や教育関係者に対して、ここまで強い言葉はかけずとも
同じように、今の教育ってどうなってるの?
何が大切なの? 放射能への恐怖心がなければ、学校はそれでいいの?・・・
実害は無いの?
学校の隅々まで、放射能の線量を測ってもらいたいんだけど・・・
給食(厚木市は自校式)の食材は、本当に大丈夫なの?
水はいいの?
校庭の隅々・・・の土壌検査はしなくていいの?
セシウムだけじゃなく ストロンチウムも心配なんだけど・・・
学校行事では、少しは子ども達への放射能被害リスクを減らす工夫をしてくれてるのかしら?

などと考えながら、口にできずにいる方もいらっしゃいます。

なぜ?口に出来ないか?

それは、やっぱり、我が子を教育者に預けている指導してもらってる立場から
教育者を信じ、学校を信じ、そして感謝をしている「本音」があるからなんです。

私は、今回の原発事故後の 日本の対応に幻滅しました。
それでも
子ども達のことを思って下さる教育者・・・教育委員会は
絶対に子ども達のことを守ってくれる 子どもたちの健康のことを考えてくれると
信じていました。

幸い、私の息子の通う学校では
校長先生や他の先生のご理解があり、給食への移行もスムーズに行うことができ、
担任の先生も 私が「気にする親」であることも認めてくださっていると思っています。

でも、そうではない 本当に辛い現実に置かれている子ども達や保護者がいるのも事実。

学校は教育委員会の指導下にあります。
教育委員会は行政の中にあります。

行政は首長により、運用されており、それを市民・町民・村民の代表である議員さんが支えています。

今回の事故では、首長の考え方の違いや、首長がどこを向いているのかによって
子ども達の命や健康面への対応に大きな差が出てしまいました。

私の暮す厚木市は
子育て環境日本一をマニフェストにした市長さんがいてくれます。
近隣の市と連携を取りながらも
市民、保護者の声に向き合って下さると 私達は信じています。
原発事故の影響が甚大ではない事から 少しスローペースではありますが
でもそれでも、
少しづつですが、原発事故後の子どもたちの環境を考えて下さっていると思っています。
また、議員さんたちも
WEBを見る限りでは(WEBでの活動報告がない方もいらっしゃいますが)
放射能の事については、勉強会を行ってくださったり、自分で測定をされていたり
様々な活動の中で、原発事故から背を向けていない市議さんたちも いらっしゃいます。

それは、私達のように 放射能の影響を気に掛ける者にとっては
今はまだ、対応が・・・遅いかな?って部分は正直ありますが
これから、きっとしっかりと 厚木市として向き合ってもらえるものだと信じています。

清川村でも 村長さんが、住民の声を聞き入れ、放射能の対策に予算をつけて
対応して下さってると聞きますし、また、議員さん方の中にも
私達と同じように、勉強をし、子どもたちの現状を改善しようとしてくださっている議員さんがいらしゃると聞いております。

私達は、議員さんも含め、市長、町長、村長・・・・行政がどのように 考え どのように 動いてくださっているのかを 知らねばなりません。
選んで終わり、投票して終ではなく、その選んだ議員さんが 市長さんが 町長さんが 村長さんが
何に興味を持ち、何をどのように動いてくださってるのかを しっかりと受け止める必要があると私は思います。


厚木市市議会議は、一般の傍聴が可能です
これから始まる議会の 子どもたちに関する部分、気になる質問をまとめてみました
管理人Kの戯言つきですが・・・そこは 個人の考えですので…読み飛ばしてくださって構いません。
※もし議員さんが見て下さっているなら 議員さんは 一般市民の声として見て下さいませ。


厚木市市議会 二月の質問
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

登校時にマスクをした児童に対して、先生が、「マスクを取りなさい! その様な行為が風評被害を招くのです!」と叱った。
って。。。同じことが日光で行われてたんだものね。

それを見てきたからさらに辛いね。

一年たって何にも変わらない。

http://www.youtube.com/watch?v=ftG5epYmd2U

これ、見たことある?枝野さんの議会の答え。

「私はあの、3月11日からの最初の2週間で39回記者会見を行っていますが、
このうち、「ただちに人体、あるいは健康に影響がない」という事を申し上げたのは全部で7回でございます。
えー、そのうちの5回は、これは、食べ物飲み物についての話しで、ございまして、
一般的にですね、その、現在の事故の状況が、
一般論として「直ちに影響がない」という事を申し上げたのではなくて、
放射性物質が観測、検出された、最初は確か牛乳だったかと思いますが、それがですね、
「1年間同じ当該規制値の量を飲み続ければ健康に影響を及ぼす可能性があるという事で定められた基準値」
についてのことでございますので、
万が一、一度か二度そういったものを体内摂取したとしても健康に影響を及ぼすものではないという事を
このことを繰り返し申し上げたものです。
それ以外で「直ちに健康、あるいは人体に影響を及ぼすものではない」という事を求め話しておりましたのは、
あの、一カ所、非常に、あの、結果的に、あのー、北西部が放射線量が高かったわけでありますが、
ここに高い放射線量が出てきた事について、これが、長時間を、滞在するという事ではなくて、
短時間で影響を与えるような放射線の量ではない。
したがって、今その辺の周辺地域の放射線の量を、おー、モニタリングを強化して、
そして、あの、そういった地域に長い時間、はー、あ・・、住んだりなんとかして、
大丈夫なのかどうかという事を確認するという事を・・・・って

チェルノブイリの強制避難区域レベルにまだ、住んでない?
住んでない?
住んでるよね~~
故郷を返しなさいよ!

全く。

これ見て、国民が何も言わないのおかしくないかな?

今日は、事故の振り返りがNHKでやっててあまりにも
腹がたってるので、ここ見てくださいね!!



今の状況。ほとんどこの世の地獄ですね。

「福島県民は、前世で悪行をしでかした」はずも無いのに。。。
menu
メール
厚木市民測定室
日光関連記事
日光関連資料
日光の子どもを守る会PDF
早川マップ関連
給食課




お問合せ
メール
最新記事
カテゴリ
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。