はじめに お知らせ トピックス 学校給食問題 修学旅行問題
瓦礫問題情報 厚木市情報 愛川町情報 清川村情報 神奈川情報
気になる食品情報 市民測定室情報 安心食材 お弁当への道 座談会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気になる食材(放射線量)

2/24発表のデータから、気になる食材を書き出しました。
*数値はすべてセシウム(134+137)です
*ごめんなさい、魚介類の「○○沖」を省きました(面倒臭がり)

厚生省のデータ(第332報)

 秋田県 牛肉  最大で6.0bq/kg

 岩手県 マダラ  13.0bq/kg
      原木乾しいたけ(流通品)  95.0bq/kg

 宮城県 原木しいたけ  451.0bq/kg
      原乳  2.0bq/kg

 栃木県 ヤマメ  224.9bq/kg
      イワナ  269.0bq/kg

 茨城県 サヨリ  3.0bq/kg
      シラウオ  最大で34.0bq/kg
      マアジ  23.0bq/kg
      アオメエソ  最大で16.0bq/kg
      アカガレイ  17.0bq/kg
      アカシタビラメ  13.0bq/kg
      アナゴ  7.0bq/kg
      アンコウ  22.0bq/kg
      イシガレイ  最大で25.0bq/kg
      カナガシラ  最大で24.0bq/kg
      キチジ  最大で10.0bq/kg
      クロウシノシタ  18.0bq/kg
      ショウサイフグ  最大で164.0bq/kg
      スケトウダラ  14.0bq/kg
      ヒラメ  最大で42.0bq/kg
      マガレイ  16.0bq/kg
      マコガレイ  最大で25.0bq/kg
      マダイ  21.0bq/kg
      ミギガレイ  7.0bq/kg
      ムシガレイ  19.0bq/kg
      メイタガレイ  15.0bq/kg
      さつまいも(流通品)  21.0bq/kg

 千葉県 ホンモロコ(流通品)  8.0bq/kg
      コイ(流通品)  11.0bq/kg
      フナ(流通品)  38.0bq/kg
      モツゴ(流通品)  29.0bq/kg
      マサバ(流通品)  4.8bq/kg

 東京都 ヤマメ  81.0bq/kg
      スズキ  10.0bq/kg

 産地不明 乾しいたけ  350.0bq/kg

 福島県 牛肉  最大で172.0bq/kg
      タラノメ(施設)  48.0bq/kg
      イノシシ肉  最大で949.0bq/kg
      キジ肉  最大で151.0bq/kg
      シカ肉  最大で1550.bq/kg
      凍み大根  最大で400.0bq/kg
      いもがら  最大で100.0bq/kg
      切干大根  最大で440.0bq/kg
      干し大根  89.0bq/kg
      干しヤーコン  6.0bq/kg
      干し柿  最大で89.0bq/kg
      凍み豆腐  最大で9.0bq/kg


<重箱の隅をつつきます>

秋田県の牛肉は最大で6bq/kgですが、大半の検査がNaIで検出限界がCs(134+137)で50bq/kg、数字の出たものはGeにて検査。

山形県・群馬県・北海道の牛肉はND。(I-131・Cs134・Cs137のそれぞれが25bq/kg以下)

島根県の牛肉はND。(I-131を測定せず、Cs(134+137)が50bq/kg以下)

産地不明の乾しいたけは、検査をしたのが横浜市教育委員会です。つまり・・・?!?!

福島県の鶏卵はND。(I-131ga8、Cs134が10、Cs137が9.2bq/kg以下)

福島県の豚肉はND。(I-131が12、Cs134が15、Cs137が12bq/kg以下)

福島県の鶏肉はND。(I-131が11、Cs134が15、Cs137が12bq/kg以下)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ワタさん、本当に数字からは判断できない状況ですね。

こんなに混乱した中で、もしかしたら放射線量ゼロのものを探すのは困難かもしれないので、ある程度、自分の目安を決めて、ゼロを目指して摂取する、そして、ほんの少しでも取り込んでしまったものは、免疫力を上げて対応できるようにしたいと考えています。

植物性乳酸菌、張り切って摂取しまっす!

No title

最近知った情報では、茨城県の東海村周辺の汚染度は、
福島原発事故以前は、60bq/kg(3900bq/平米)程度
だったらしい。勿論場所によって、もっと低いところも
あったでしょう。JCOの事故や、原発が2基(1基は廃炉中)
あるので、そこからも、漏れているのでしょうけど、この
程度すら、実は、東海村では、いろんな病気が出ることで、
地元では有名な、話だったそうです。

玄海原発周辺10キロでは、白血病が
多いのですが、これも日本の原発では、数すくない
情報ですが、やはり漏れ出ている量では、
数十ベクレル/kg程度でしょう。

(土壌検査データがない)

玄海町  2003~2007年の平均38.8人
(人口10万人あたりの白血病による死者数)

殆どの原発の周辺では、まともな統計データがない
ので、玄海町程度しかだせない。

つまり、こんなレベルで、病気が発生して
いて、さらに、さして汚染されていない食品を
摂取してる状態で、様々な病気になることを
念頭においておいてください。

正直言って、1万ベクレル/平米超なんて、
とんでもないと、いうことが、わかりますでしょ。
menu
メール
厚木市民測定室
日光関連記事
日光関連資料
日光の子どもを守る会PDF
早川マップ関連
給食課




お問合せ
メール
最新記事
カテゴリ
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。