はじめに お知らせ トピックス 学校給食問題 修学旅行問題
瓦礫問題情報 厚木市情報 愛川町情報 清川村情報 神奈川情報
気になる食品情報 市民測定室情報 安心食材 お弁当への道 座談会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【県民の健康調査】私には意味が分からないのです!

◆ 管理人Kより

私には書いてある事が さっぱりわかりません・・・頭が悪いのでしょうか?


【県民の健康調査】日本、人類への貢献(2月1日) 福島民法


18歳以下の県民の医療費を無料にする要望が、「医療制度全体の根幹に関わるので困難」と国から断られた。目的は県民の特に子供や若い世代の健康被害を長期間検査し、被害があれば直ちに回復することと、それを完ぺきに行うことで若い人たちが福島県内にとどまることにある。
国の補助金が目的ではない。やりくりして独自の制度を貫徹したらいい。

 ことは福島県の盛衰に決定的に関わる。しつこい追及が大事だ。
医療制度全体の根幹に関わるからやれないというのは解せない話だ。
これほどの天災と人災の混在した大被害は人類の歴史に関わる一大事だ。
その被害回復と回復過程の記録という歴史的情報を人類全体が共有することは、日本の医療制度の根幹そのものだ。

 今回つくづく人々が感じたことは、放射線による健康被害がどれほど浴びるとどんなものなのか、実は全然分かってないという事実だ。国や国際原子力機関(IAEA)なる組織も、学会も、個別の学者も、各種研究機関も、医者も、電力会社も、誰も彼も結局は、それぞれ説はあっても、確定的に人々を納得させる根拠ある説明はできていない。根拠になる正確な統計や調査がないからだ。

 結局いまだに各人どれを信じるかであって、確かな根拠はないに等しい。実感的にまあ大丈夫かと自らを納得させているだけだ。

 だから、いずれどうせまた世界のどこかで起こるであろう放射能被害に備えて、健康被害の有無を含めた情報を蓄積しておくことは、人類への貢献なのだ。それはとりもなおさず日本のあるいは日本人の、人類に対する医療的な社会倫理的な責任で、つまり医療制度全体のまさに根幹だ。

 それを原発事故と直接関わりのない病気やけがまで無料にするのはおかしいといったレベルの実にちまちました反論や、医療機関や医師の不足につながる懸念があるといった自己防衛と被害妄想で反対する視野の狭い歴史観のない連中にあきれ返る。差別の問題もそうして事実をうやむやにするところに根っこがある。

 日本の発展は世界の人類への貢献であり、そのための福島県からの電力供給は自分のためにやってきたことではない。公共のためだ。それが大震災をきっかけに今あだとなり、とんでもないことになっている。責任追及とは別に、日常はそのとんでもないところから再出発しているのだ。

 大迷惑を被った県民がどう立ち直り、若い人たちが成長し、生活を築き子孫を育んでいくか、その過程を全面的に支え情報を活用していくことは必須だろう。いわれなき差別や風評的排除は、事実が実はわからないことが全て原因になっている。だから医療的社会文明的検証の積み重ねが必要だ。もしそれがあれば、福島県民もいくらかでもより安心するか、あるいは根拠ある心配と対処ができる。

(前毎日新聞社主筆、福島市出身) 


◆ 管理人Kの戯言

母親は国が世界に 放射能被害のデータを出すために子どもを産んでいません。
私たちの子どもは、こんな形で世界に貢献するために生まれてきてはいません。

とっても違和感を感じます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

3流新聞ですね。

この新聞。著作権について、あんまり厳密な管理をしてないとの
証拠がありますよ。そのうち、叩かれて潰れる運命では。

桃とクルミさん

本当は 戯言でいっぱい書きたかった

でも、それが そこに暮らす人の気持ちをマイナスな方向に向かわせる事になるかもって思った
日光に入ってきたので 書けた
でも
私は福島には行ってないから、何も知らない人間 本当の痛みを知らない自分が
何を書く?って思ったら

なおさら 頭が混乱したよ。

こんな記事を ママやパパが読んで どう感じたのだろう?って考えただけでも
もし
自分の住む場所がと仮定したら 自分はどう考えるだろう?って考えただけでも
胸が苦しくなる・・・・・

No title

私も最初、この論説の内容の意味がわからなくて何度も何度も読んでしまいました。
人の命を何だと思っているんだろ。
そしてどうしてこんなに他人事なんだろう。
この記事に限らず、原発放射能問題に対する国の対応なども
一見もっともなことが書いてあって
でもその裏はとても冷淡で
なおかつとってもこんがらがっている印象を受けます。
命守りたいだけなんですよ!それが根幹ですよね?

No title

もう終わりなの?

未来に期待しちゃいけないの?

私たちは子どもを実験用モルモットにさせるために生んだのかな?

先生たちはどう思うのかな?

モルモットにしたいの?という言葉を出したいのに
出せない自分がいる。

でも所詮、科学者も、データがほしい。それは悲しいけど
絶対、心のない科学者の中にはいる。
自分の子や孫は守っても

データがほしがってる科学者はいる。
未来の医療のためにほしがっている人がいるのよ!
絶対に負けちゃだめなんだよ。。。

そんな人々に。

保護者が守るしかないんだよ。

だってこれは浜岡のときから言われてた、世界から言われてた
ことに陥ってきてるんだもん。。
menu
メール
厚木市民測定室
日光関連記事
日光関連資料
日光の子どもを守る会PDF
早川マップ関連
給食課




お問合せ
メール
最新記事
カテゴリ
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。