はじめに お知らせ トピックス 学校給食問題 修学旅行問題
瓦礫問題情報 厚木市情報 愛川町情報 清川村情報 神奈川情報
気になる食品情報 市民測定室情報 安心食材 お弁当への道 座談会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福島で108万ベクレルの土壌・・・

福島県南相馬市の市民団体「フクシマの命と未来を放射能から守る会」が20日、南相馬市で記者会見し、市内の旧緊急時避難準備区域(昨年9月解除)だった駐車場の土壌を測定した結果、最大で1キログラム当たり約108万ベクレルの高濃度の放射性セシウムを検出したと発表した。

 東京電力福島第1原発事故で南相馬市には局地的に放射線量が高い「ホットスポット」が点在しており、団体は「放射能の危険が足元に迫っている。早急に状況を把握すべき緊急事態だ」と指摘している。

 団体は、神戸大の山内知也教授(放射線計測学)に依頼し昨年12月21日、南相馬市原町区の駐車場1カ所で採取した土壌を測定。山内教授の報告では土壌に含まれていた枯れた植物が集まったことによって、濃縮が進んだ可能性があると指摘している。報告書で山内教授は「高いレベルの汚染で、周辺に人を住まわせてよいとは到底考えられない」としている。

記事元


・・・・・・・・・・・・・・管理人Kの戯言・・・・・・・・・・・・・・


山内教授の報告では土壌に含まれていた枯れた植物が集まったことによって、濃縮が進んだ可能性があると指摘している。


この可能性で言うなら、厚木市だって、愛川町だって、清川村だって同じではないでしょうか?
特に・・・愛川町の山間部や清川村など、枯れた植物の多いところは恐怖・・・

大人も子どもも、もう原発事故は終わった・・・
放射能のことを騒ぐなんて・・・馬鹿らしいって風潮があるように思いますが
そうこうしている間に、濃縮も始まっているかもしれません。

是非是非、土壌のベクレル検査もやって頂きたいです。
もし、土壌のベクレル検査で高いところがでたら、立ち入り禁止や、可能なら除染も・・・お願いしたい。

そうやって、行政が、危険な個所をマーキングしていく事を怠らずにやってくれないと
この関東地域で、今ある放射能と向き合って・・・生きていくのは辛くなってきます。


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

別の記事へ飛びますが、水俣病の悲劇の繰り返しですね。

生物濃縮現象だと、私は思いますよ。

危険すぎ

108万bq/kgですか・・・
平米当たり、7020万ベクレルですよ。

こんなのは、異常なんていう事態じゃない。
世界一危険な場所だ。

第一、通常の原発の格納容器内だって、
これほどの線量はでてこないでしょう。

それにしても、チェリノブイリどころじゃ
ないな。

一刻も早く、避難が必要だ。

こんなところに、幼児、子供、若い男女がいる
らしい、信じられない・・・

日光もそうだけど。

日本政府というのは、80年代の旧ソ連政府より
遥かに、無策で、残忍なことをしてると断言しよう。

被害は、チェリノブイりを遥かに超えるだろう。

「原発難民」と言う言葉も、間違いではないかも
しれない・・・・・
menu
メール
厚木市民測定室
日光関連記事
日光関連資料
日光の子どもを守る会PDF
早川マップ関連
給食課




お問合せ
メール
最新記事
カテゴリ
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。