はじめに お知らせ トピックス 学校給食問題 修学旅行問題
瓦礫問題情報 厚木市情報 愛川町情報 清川村情報 神奈川情報
気になる食品情報 市民測定室情報 安心食材 お弁当への道 座談会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

修学旅行アクション!日光の大島さんにメッセージを!

日光市で日光のどもたちを守りたいと頑張ってらっしゃる方たちが いらしゃいます。

2/20日にお逢いした時に・・・
その気持ちをたくさん伝えて頂きました。
関東圏の保護者の方へ、関東圏の修学旅行が日光になりそうな子ども達へ

日光は、放射能に汚染されている場所であることを知ってもらいたい。
大人の方は、是非日光に来てください。ここは素晴らしい場所です・・・って言ってらっしゃいました。
でも
子どもたちは、来てもらいたくない!と・・・
日光市の観光面、経済面から言うならば どうぞ 来て 日光の素晴らしい自然と、文化財に触れて下さい。と言いたいところだけど、
それは今は言えないと・・・

日光の会の 大島さんは 年金で暮らす おじいちゃんです。
少ない年金の中から 線量計を買い、車をやめて 自転車で日光市の線量を測って下さっています。
駅に行き、住宅地に行き、
日光の子ども達を育てている「大人たち」に子どもたちを守ってあげて欲しいと
日光市の現状を切々と伝えてらっしゃいます・・・・

モンゴルと音楽を愛するとても素敵な方です。
日光と日光の子ども達を愛するとっても優しい方です。

チラシを印刷する時に 予算がないから・・・薄く設定しちゃてさぁ~と笑いながら
自分の財産を切り崩しながら、活動を続けてらっしゃいます。

そんな 大島さんに是非、温かいメッセージをいただけませんか?
こちらの記事と、相模原市の能勢さんの記事こどもをまもりたいをお読みになって・・・・
是非、大島さんに 温かいメッセージを戴きたいと思います。


大島さんのメッセージです。

これは、私たちが2/20日に行った日に・・・送られてきたメールです。
私・・・泣いてしまいました。
どんなに孤独に頑張ってらしたのでしょう・・・と・・・

大島さんに逢いたいって方は、能勢さんか 私にご連絡をいただければ、
大島さんにご紹介させていただきます。
どうぞ、大島さんの頑張りと優しさに触れて下さい。

今日は、理解しあえる仲間に会えて、ホッとしました。
心が緩みました。こういう時間は本当に健康にいいです。。
これからは、僕にとっては、こういう時間がすごく大事です。
ありがとうございます。エネルギーもらいました。
緊張ばかりしていることが多いので疲れていました。
チラシno.16-17PDF添付します。
僕たちは、まだ、インターネット発信できていないので、
助かります。力強いです。
逆に、荷が重くなって出来ないときは、正直に言わなくては
ならないこともあるかもしれませんが。
そうならないように、仲間をあとひとり増やしたいです。
ぜひ、お母さん、お父さん方は、日光の現状見に来てください。大歓迎です。
今回の事実をぜひ、多くのお母さん、お父さんに知らせてください。
もし、平日なら、小百小学校でも、他の線量の高い小学校でも
子どもたちが校庭で授業です。僕は心が痛むとともに、
「危険だから教室に入れ!」なんて、何も言えない自分が棒立ちになっている姿
があります。
それに対して、日光市も相模原市の教育委員会も何の痛みも感じない人間です。
自分自身の弱さとともに、かれらを許せません。

子どもたちは、チョッと待ってください。と言いたいです。
大人になってからゆっくり来てほしいですと伝えたいです。
素晴らしい自然の中でゆっくりしてほしいです。
僕が子どもの頃の宝ものです。日光連山の素晴らしい自然です。
春から夏には、ぜひ、子どものころを思い出して、日光連山の痛み
(放射能汚染)の実態を調べに入ろうと考えています。

そう、今回の日光訪問への感想書いてもらえるとうれしいです。
チラシに掲載していきたいです。よろしくお願いします。
字数は自由です。
それじゃ、まだまだ寒さ続きます。
健康に気をつけてください。風邪引かないように
放射線に打ち勝つために、子どもたち身体を鍛えてください。
日光-放射能から子どもを守る会//大島 武行

日光-放射能から子どもを守る会資料(別ウィンドウが開きます)

どうぞ、たくさんのメッセージを下さい。お願いします。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

日光市を動かすには…

今の、市長を含め、議員たちを
動かすには、メディアや、マスコミの
力が必要ですね。
一度、調べた資料などをメディア関係に送ってみては?
テレビで報道されれば、日光市も少しは動くはずです。

Re: 修学旅行について話し合いました

有難うございます。
大島さんの気持ちが伝わったと思うと 嬉しいです。

私たち親にとって 自分の子どもも大切ですが
いかなきゃいいじゃん・・・・では 話は終わらないのが
日光の修学旅行問題です。

私たちにとって大切なのは 自分たちの修学旅行先ではありません。
もちろん
自分達の子どもをガラスバッチを付けるような地域
除染もされておらず、数値も公式発表よりもより高い地域に行かせることは
私達にとっては 恐怖であり・・・・不安であることに変わりありません。


でも、その場所に生きる子供たちがいるのは真実。

学校側の言う、そこに暮らしている子ども達が可哀想ってロジックを逆にとれば
大島さんの言う
そこに暮らしている子ども達にとって、修学旅行に来る事が 命を削る手伝いになってる・・・ってのは

言われてみて初めて 解る事なのかもしれません。

関東も含め、多くの地域で手を繋ぎましょう。
そして、この問題をもっと大きな大きな問題にしていきましょう。

何故?日光なのか? 
そして
何故?日光に今はいくべきではないのか?

大人のお金がらみの話ではなく
子どもを守るという視点で…捉えて行きたいと思います。
今後もよろしくお願いします。

修学旅行について話し合いました

大島様 厚木の守る会の皆様
いつもありがとうございます。
昨日の懇談会後に、日光の修学旅行先について
お話をさせていただきました。
我が子の学校は、既に行き先を日光に決めており
宿もとってある、日程も決まっている状態です。
校長先生にきけば『上からの指示でもあれば変えられるが」
教育委員会にきけば『校長先生と学校の判断にまかせている』
どちらも責任回避、例年通りのことを変えたくないのです。
そんな中、お母さん方で声をあげたらと思い
お話をさせていただきました。
日光の線量や、私たちの知らない「地元の子供たちがどんなに
安全宣言の被害者になっているか」を大島さんの資料を見ながら
考えました。みなさん日光のこどもたちがこんな状態なのは、もちろん
知らなかった様子で、私も含め改めてこの状態で日光に修学旅行へ行く
重大さを感じています。
これから、どんなかたちになるかはわかりませんが、更に考え、話し合い
なんとか変更する方向でいきたいと考えております。
きっかけを作っていただいてほんとうにありがとうございました。

ありがとうございました。

先日はありがとうございました。
大島さんの話 面白かったです。
凄いオシャレで 笑顔が素敵な大島さん・・・
今日もゴールデンタイムにチラシを 手から手へ届けられているのかしら?

風邪ひかないで下さいね。

先日の日光で、私は線量が常に0.2-0.4という事に改めて驚きを感じました。
その中で、普通に湧水を飲んでいる若い娘さん・・・驚きの光景です。

一番驚いたのは、こんなに線量が高いのに
大島さんが 私たちと同じように、無関心な方からの 心無い非難の対象であることです。

日光の子ども達が、少しでも 放射能汚染から守られることを心から願います。

いつかは息子を連れて行きたいです。日光は本当に綺麗な場所でした。

一緒に頑張りたいです!

大島さま

少し前に大島様のお話を、別の方から聞きました。日光で声を上げることがいかに大変なことなのか、本当に頭が下がります。

あまり多くを語ることのできない私ですが、大島様の言葉には涙が出ました。

何と言ってよいのか、上手い言葉が見つかりませんが、「一緒に頑張らせてください」!

厚木より心からその勇気に拍手を送りたいです。

大島 武行さま

私が昔、修学旅行に行ったのも日光でした。

東照宮や華厳の滝、もう30年以上前の事ですが、
今でも覚えています。鳴き龍のところで皆が手を叩き終わる
タイミングを計っていたことや、華厳の滝に行くエレベーター
の中がひんやりしていたこと・・

素晴らしい場所が去年からどんどん汚染されています。
丹沢国定公園の中にある清川村も山々が今は春の色に
変わりゆく季節ですが、見た目は変わらなくても
確実に汚染されています。
それを思う時、涙が出ます。

子どもたちに残したい歴史のある建物、自然、
そしてふるさとでさえ汚れてしまいました。

大島さんはお一人で皆が口をつぐんでいる中、
頑張ってこられたんですね。
子どもが外で普通に遊んでいる姿にどれだけ
心を痛めていらしたか、想像すると辛いです。

これからは一緒に声をあげていきたい!
そう思いました。
お体ご自愛下さい。

No title

大島様へ

日光連山の痛み。。。

人間中心に考えるとどうしても、子どもたちが。。。とも考えてしまいますが
(もちろんそれも大事ですが)

自然界も声を出さないけど、痛みを感じているのですよね。
福島でも鳥たちの異常事態が報告されています。

汚染された海の魚の背骨が歪み、ミミズが放射線にまみれて。。。

愚かな人間が許して作ってしまったものが
今私たちに牙をむいてきています。

優秀で我慢強い日本人ですが、我慢は今必要でしょうか?

未来を残すために私たちは声を出し続けていこうと思っています。

私は、医療に携わりながら、人の命のはかなさを身を染みて
感じ、そして防災の立場からも命のはかなさを学び
私にできることってなんだろう。。。そう思っています。

小さいことからかもしれないけど、自分が生きている間は声を出し続けていこうと
思っています。忘れて日常生活を過ごせばいろんなことが
楽だとは思いますが、大変な事故で第二の故郷を失った
悲しい思いが原動力となっています。

第二の故郷、福島も大変美しいところです。

おじいちゃん、おばあちゃんが自然界の美しさをいつも見せてくれました。

春は三春の三大桜、梅、桃が咲き乱れるところを見せてくれたり
湖で泳いだり、おいしい水に、おいしい食材、おいしいお米、虫取りに、
魚釣り。。。

桜より大好きな桃色の花が咲き乱れる桃の、絨毯は圧巻です。

そんな福島の桃の花が大好きで、
長女に、桃という名前をつけました。。。

思い出をいっぱいいっぱい作って子どもたちは育ってきました。

そして、日光も素晴らしいところがたくさんです。
日光旅行を忘れることはできません。

自然に囲まれた美しい日本は、
一瞬にして、見えない爆弾で、埋められてしまいました。

自然を破壊し、子どもたちを脅かし、生命を脅かす
原子力の恐ろしさは、一度破壊すると、人にどうすることもできないです。

25年前のチェルノブイリの日本。

あの悲しい過去を繰り返さないために私たち、小さな手でできること
一緒に頑張りたいです。

これからも繋がって、無関心な人へ種まきを一緒にお願いします♪

日光 守る会の大島様へ

大島様
厚木の守る会の皆様

埼玉に住む堀内と申します。
3人の子供を育ておりますが、長女が修学旅行で
日光に行くことになり、調べてみて初めて日光にも
活動をされている大島さんのような方が
いらっしゃることをしりました。
なかなか現地にも簡単には行けないので、情報を共有させてくださって
ほんとうにありがたいです。大島さんのようなかたがどんどん増えていったら、
日光のこどもたちの安全が守られると思います。
お母さん方や学校側にも資料として配り、日光のこどもたちのことも
一緒に考えて行きたいと思っています。まだまだ寒い日が続きます。
どうか、お体に気をつけて活動なさってください。
最後に、厚木の守る会の皆様、
このような機会をつくってくださったことを感謝いたします。
ほんとうにありがとうございました。
menu
メール
厚木市民測定室
日光関連記事
日光関連資料
日光の子どもを守る会PDF
早川マップ関連
給食課




お問合せ
メール
最新記事
カテゴリ
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。